三井住友銀行カードローンの限度額増額と審査に落ちないために

[公開日]

三井住友銀行 カードローンの限度額は、契約後に増額申込をすることで引き上げることができますが、増額には審査があるため希望の限度額になるかどうかは、申込む方の状況によって変わってきます。

三井住友銀行 カードローンの増額方法と審査で見られるポイントなどについて詳しく解説します。

三井住友銀行 カードローンは最高800万円まで増額可能

三井住友銀行 カードローンの限度額は10万円~最高800万円まで1万円単位で設定されます。

限度額については申込者の信用力や返済能力を考慮した上で契約時に設定されますが、契約後でも必要に応じて限度額の増額が可能です。

しかし、増額には改めて審査があるため、今よりも多く借入をしたいと思ったらそれに見合った返済能力が必要になってきます。

増額すると金利が下がる

カードローンの限度額を増額すると、借入可能額が増えるだけでなく、適用金利が下がるというメリットもあります。

三井住友銀行 カードローンの金利は年4.0%~14.5%の間で限度額によって決定され、限度額が大きいほど金利は下がる仕組みです。

例えば限度額100万円以下なら金利は年12.0~14.5%ですが、限度額100万円超~200万円になると年10.0%~12.0%とより低い金利で借入ができます。

金利が下がれば利息が減って支払総額も減らすことができるので、返済負担を減らす意味でも限度額の増額は効果的です。

三井住友銀行 カードローンの限度額を増額する方法

実際に限度額を増額するには、以下の2つの方法があります。

自分で増額申込をする

一つ目は三井住友銀行 カードローンのコールセンター、もしくは銀行内に設置してあるローン契約機から自分で増額申込をする方法です。

増額には新規申込の時と同じく審査がありますが、申込条件などは特にないので既に契約中の方であれば誰でも増額申請が可能です。

ただし、契約直後では初回審査の時とおそらくあまり状況が変わらないので、目安として半年以上の返済実績を積んでから申込むのがベストです。

三井住友銀行から増額案内が届く

ある程度の返済実績ができてくると、銀行側から「限度額の増額をしませんか?」という案内が届きます。

増額案内に関する基準は公表されていませんが、こちらもやはり半年以上、延滞なく支払いをしていることが大体の目安とされています。

しかし、銀行から増額案内がきたからといって必ずしも増額できるわけではなく、本審査の結果次第では増額が見送られることもあります。

増額審査の所要時間と必要書類

増額申込は電話かローン契約機から行えます。

50万円以上の限度額を希望する場合は収入証明書類の提出も必要なので、以下の書類のいずれかを用意しておきましょう。

収入証明書類の例

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

審査は土日も可能ですが、審査結果が出るのは最短で当日中なので、翌日以降になる場合もあります。

また、増額審査では改めて勤務先への在席確認が行われますが、本人が不在でも「ただいま外出中です」といった回答が得られればそれで問題ありません。

要注意!増額審査に落ちやすい人の4つの特徴

このような状況にある場合は、審査に落ちやすくなるので注意が必要です。

支払いを延滞した

三井住友銀行 カードローンの支払いはもちろんのこと、信用情報を照会した際に他社での支払いも延滞していると審査に通ることはできません。

増額をするには最低限今の支払いができていることが必須なので、もしも延滞の事実が見つかればそれ以上の融資は見込めません。

年収が下がった

初回契約時の限度額は申込み時点での年収等をもとに決められるため、年収が申込み時点よりも下がっていると増額は難しいでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外となり年収による融資額の制限はありませんが、近年問題になっている過剰融資の影響もあり、消費者金融と同じく今は融資額を年収の3分の1、あるいは2分の1までに規制する銀行がほとんどです。

そのため、年収に対して過剰融資になっていないか、以前にも増して銀行は厳しくチェックしています。

他社からの借入が増えた

他社からの借入状況は返済能力に直結する部分であり、多重債務の状態だと審査の際に非常に警戒されます。

たとえ同じ金額を借りるにしても、借入先が複数あると1社で借りるよりも返済負担が大きくなりやすいため、他社からの借入が増えている場合は貸し倒れを心配され審査に落ちる可能性が高いです。

正社員以外の雇用形態になった、あるいは独立した

正社員や公務員が審査で最も有利とされる一方で、派遣社員やアルバイト、自営業については収入が不安定になりやすいことから審査では不利になります。

もちろんフリーランスの場合は正社員以上の年収を稼ぐこともできるので一概には言えませんが、月々の収入が一定ではないという事はやはり懸念材料になります。

増額審査に落ちると限度額が下がることがある

増額審査はつまり審査のやり直しなので、その時の状況次第では逆に限度額が減ってしまうケースもあります。

限度額が減る可能性が高いのは、先ほどご説明した審査に落ちやすい人の特徴と基本的には同じです。

もちろん審査に落ちても限度額はそのままというパターンもありますが、仮に限度額が減った場合は借入額が限度額以下になるまで新たな借入はできません。

増額については今現在の自分の状況を考慮した上で、慎重に検討されることをおすすめします。

増額ができない時は即日融資可能な消費者金融もおすすめ

三井住友銀行 カードローンで増額ができない場合は、新たに他のカードローンで新規申込をするという選択肢もあります。

例えば、大手消費者金融であれば即日融資にも対応しており、一定期間は無利息で借入ができる業者も多いです。

無利息期間がある分支払う利息を減らすことができますし、無利息期間中に完済すれば利息は1円もかかりません。

無利息期間がある消費者金融
金融業者 金利 無利息期間
アコム 3.0%~18.0% 最大30日間
アイフル 3.0%~18.0% 最大30日間
レイクALSA 4.5%~18.0% 最大60日間

消費者金融への申込はネットから24時間行えるので、来店での手続きに抵抗がある方でも安心です。

ちなみに、大手消費者金融には他にもプロミス、SMBCモビットなどがありますが、この2つは三井住友銀行 カードローンと同じSMBCグループなので、増額審査に落ちた場合はこちらも避けた方が無難です。

いずれにしても他社に申込むのであれば、三井住友銀行 カードローンの保証会社であるSMBCコンシューマーファインナンス以外で審査を受けることをおすすめします。

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンを探す