年収別カードローンの借入上限額|審査に通るために必要な年収は?

[更新日]

カードローンを利用するうえで必要な年収はどれくらいなのか、申込み前に不安に思う方も多いかもしれません。

確かに年収が高い方が審査では有利ですが、実際はパートやアルバイトでそれほど収入が多くない方もカードローンで借入をしています。

今回はカードローン審査と年収の関係性、年収ごとの借入額の目安などについて具体的に解説していきます。

カードローンの借入額は年収の3分の1が目安

結論から言うと、カードローンで借りられる金額は最高で「年収の3分の1」までです。

これは貸金業法に基づく総量規制による決まりで、どれだけ年収が高くてもこれ以上の借入はできません。

厳密に言うと、これは消費者金融や信販会社のカードローンに限った話で、銀行カードローンには総量規制が適用されません。

つまり銀行が問題ないと判断すれば、年収の3分の1以上借りられる場合もあります。

しかしこれはあくまで以前の話で、2017年に銀行カードローンの過剰融資が問題になって以降、全体的に審査が厳しくなり総量規制の抜け道として銀行カードローンを利用するという考え方はできなくなっているのが現状です。

銀行カードローンを利用する場合も、借入上限額は年収の3分の1が目安と思っておいた方がいいでしょう。

年収別カードローンの借入上限額

年収別の借入上限額を一覧にしたので、参考にしてください。

カードローンの年収と借入上限額
年収 借入上限額
50万円 16万円
100万円 33万円
150万円 50万円
200万円 66万円
250万円 83万円
300万円 100万円
350万円 116万円
400万円 133万円
450万円 150万円
500万円 166万円
550万円 183万円
600万円 200万円
650万円 216万円
700万円 233万円
750万円 250万円
800万円 266万円
850万円 283万円
900万円 300万円
950万円 316万円
1,000万円 333万円

最初から上限額まで借りるのは難しい

法律上は年収の3分の1まで借入ができますが、初めて契約する段階でいきなり上限額まで借りれるかというと実はそうではありません。

大抵の場合、まずは低めの限度額で契約を行い、その後の利用状況を見て少しづつ限度額を上げていくところがほとんどです。

カードローンは保証人も担保も不要なので、きちんと返済をしてくれる人かどうか、まずは少額融資で様子を見るというわけです。

ちなみに、全国銀行協会が平成30年に実施した調査によると、カードローン利用者の借入総額はこのようになっています。

カードローン利用者の借り入れ総額
借入総額
の残高
銀行カードローン
利用者
貸金業
利用者
50万円以下 44.60% 67.40%
51~200万円以下 31.60% 26.80%
201万円~500万円以下 17.80% 4.50%
501万円以上 5.90% 1.30%

参考:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告

いずれも「50万円以下」が約半数かそれ以上と最も多く、次いで「51万円~200万円」という結果です。

これは借入総額のデータなので借入先が1社とは限りませんが、いずれにしても数百万単位の借入がそう簡単でないことは、なんとなくイメージできるのではないでしょうか。

勤続1年未満でも借入可能

カードローンの申込書類には年収を記載する欄がありますが、就職や転職後1年未満の場合は現在の見込み年収を申告します。

勤続年数は1年以上が望ましいと言われているものの、転職直後でも総合的に問題がなければ審査に通ることは可能です。

審査が不安だからといって年収や勤続年数をごまかすと、嘘がバレた時に審査落ちの可能性が高くなるので申込み情報は必ず正直に申告しましょう。

カードローン審査で年収よりも重要なこと

年収だけを見れば高収入な人ほど審査では有利ですが、審査はあくまで総合的な判断なので、年収よりむしろ信用情報や他社からの借入状況の方が重要です。

仮に年収が1,000万円でも過去に何度も支払いを滞納している人は審査に通ることは難しく、年収100万円でも他に借入がなく信用情報も問題ない人であれば審査に通る可能性は高いでしょう。

つまり審査で最も重要なのは返済能力であり、収入の安定性、借入と返済のバランスといった部分が大きなポイントになります。

実際、パートやアルバイトの学生でも20歳以上ならカードローンの申込みができるので、年収が低くてもそれほど気にする必要はありません。

審査が不安ならお試し審査がおすすめ

大手消費者金融の公式サイトでは「年齢」「年収」「他社借り入れ状況」の3つを入力すると、瞬時に借入の可否が分かるお試し審査が可能です。

あくまで簡易的なものですが、年収に不安がある場合に最低限の審査基準をクリアしているかどうかの判断はできます。

もしもこの時点で審査落ちになった場合は総量規制の範囲を超えている可能性が高いので、申込みをしても審査に通ることは難しいでしょう。

お試し審査は匿名で信用情報にも影響しないので、申込み前にぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンを探す