カードローン審査に落ちやすい人の特長

カードローンの審査に落ちても理由を教えてもらえません。
「希望借入額」や「金融商品」に対して返済能力が見合っていなければ審査に落ちます。

それ以外にも審査に落ちやすい人には特長があります。

高確率で通らない3点

無職
多重債務
信用情報にキズ

この3点は「収入が無い」「返済困難」「過去に返済に支障があった」ことを明らかに示しています。
返済能力が無いと判断される状況です。

それ以外でも返済が難しいと判断される要素があると、審査に通りづらくなります。

審査に通りづらい人の特長

下記の表は審査に通りづらい人の特徴です。
それぞれの理由を後述します。

一人暮らしの独身
高齢者
アルバイト・パートタイマー・専業主婦
他のローンがある
複数の金融会社から借りている
自己破産・債務整理をしたことがある
クレジットで未払い・延滞

一人暮らしの独身の理由

「信用力」という点で、単身の独身者は不利です。
守るものが無いため「逃げられて返済されない」というリスクを抱えている状況なのです。
同じ独身でも、親と同居している場合には、社会的な信用が上がるとされ、点数が高くなります。

高齢者の理由

返済の途中で亡くなるリスクがあるため、60歳を過ぎると契約自体が困難になります。

アルバイト・パートタイマー・専業主婦の理由

「収入が安定していない」「自身の収入が無い」ため、返済能力が低いと判断されます。

他ローンがあることの理由

カードローンのみならず、住宅ローン・自動車ローンなどを組んでいる場合も、このケースに該当します。
複数から借りているという判断になり、返済が多いために返済が困難だと判断されます。

複数の金融会社から借りている理由

返済が困難で、返済資金のめどが立っていないと見なされます。
返済のために融資を受けるのは、多重債務になるので本末転倒です。

自己破産・債務整理の経歴がある理由

個人信用情報で「返済できなかった」という大きなマイナスのキズです。
約10年間登録され、その間にローンは難しいでしょう。

クレジットで未払い・延滞の理由

約5年間、個人信用情報登録されるマイナスの情報です。
返済能力が低いとみなされるため、審査に通りづらくなります。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す