カードローン審査に必須の個人信用情報とは?

カードローン審査では個人信用情報が必ず利用されます。
個人信用情報とは、申込者のローンやクレジットカードの利用履歴を見ることができ、過去の返済に問題がないかなどの確認ができます。

信用情報を管理している会社は「CIC(シー・アイ・シー)」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」の3つです。銀行や消費者金融、クレジット会社などの金融機関はいずれかに加盟し、融資可能かの与信判断に利用しています。

個人信用情報は一定期間を過ぎると情報が消されます。期間についてはこちら

なお、CICやJICCなどの機関は、個人信用情報の管理をしているだけで審査は行っていないので、審査内容や審査結果について問合せをしても回答はありません。※ そもそも金融機関は審査についての質問自体受け付けていません。

アメリカではクレジットヒストリーと呼ばれ、過去の支払い状況をクレジットスコアとして計算され、ローンやクレジットカードの審査、その他に
金利や部屋の賃貸、就職活動にも大きく影響するといわれるほど重要な役割を持ちます。

個人信用情報に登録されるものとは

全てが個人信用情報に登録されるわけではありません。対象となるのは以下のような契約になります。

  • 携帯電話(スマートフォン)の分割払い(割賦販売)
  • クレジットカードの申込み・利用
  • 住宅ローンの申込み・利用
  • カードローン(キャッシング)の申込み・利用

公共料金やNHK、年金など口座から直接引落とされる支払いは延滞があっても信用情報に登録されませんが、これらをクレジットカード払いにしていて延滞が発生した場合は要注意です。すぐに連絡をして支払いすれば信用情報に登録はされませんが、うっかり忘れないようにしましょう。

個人信用情報に掲載されるタイミング

個人信用情報には情報が掲載(更新)されるタイミングがあります。

申込みした時

カードローンや住宅ローンなどを申込みした時点で、申込んだという事実が残ります。契約の有無に関係ありません。
契約者の氏名、生年月日、住所、契約予定額などが登録されます。

契約した時

契約が完了すると、契約した会社名、契約年月日、契約内容(クレジットカードや、住宅ローン、無担保融資(カードローン))などが登録されます。

返済した時

支払い状況として登録されます。請求額や入金額、残債額や返済状況が登録されます。

延滞した時

返済日より61日以上、または3ヵ月以上の支払い遅延(延滞)があった場合に異動情報として記録され、借り逃げなどの情報も登録されます。

法的手続きがあった時

任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理があった場合に登録されます。自己破産は最長で10年間残ります。(個人信用情報が消えるまでの期間を参照してください)

いわゆるブラックリストについて

実際にはブラックリストと呼ばれるようなリストは存在しませんが、過去に延滞の事故情報(異動情報)や債務整理の法的手続きの記録が詳細に残ります。

これらの個人信用情報は、CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターで共有されている(※)ので、問題があるかどうかは一目瞭然です。当然ながら個人信用情報に延滞や法的手続きなどの問題が見つかれば、審査では高い確率で落ちます。

このように申込者が信用できるかを過去にさかのぼって判断されることから、あたかもブラックリストがあるようにいわれています。

具体的には大手の金融機関では、プロミスやアイフルはCIC、JICCに加盟しています。三菱東京UFJ銀行は、CICと全国銀行個人信用情報センター、みずほ銀行や三井住友銀行は3つ全てに加盟していたりと金融機関でバラバラで、複数の信用情報機関を利用していることも多いです。

※ クリン(CRIN – Credit Information Network)といいますが、信用情報の相互交流ネットワークのことです。

個人信用情報が消えるまでの期間

個人信用情報に掲載されるのは期間が決まっています。掲載期間が過ぎれば問題があった履歴もなくなるため、延滞や債務整理があった人でも融資審査で通る可能性があります。

申込み 最長6ヵ月間
契約 解約(契約終了)から最長5年間
延滞 延滞が解消してから最長5年間
任意整理 最長5年間
自己破産・個人再生 ※ 最長10年間

※ 自己破産や、個人再生は、個人信用情報に登録されるタイミングが異なる点に注意が必要です。裁判所の許可後、完済後などによって違います。
気になる場合は「自分で確認する」こともできます。

噂に聞く申込みブラックとは

申込みブラックとは、短期間で複数の金融機関に申込んだことにより、マイナス評価や審査に落ちてしまうことです。意外に知られていないことですが、申込みの履歴も信用情報として残るので、短期間で複数のローンを申込むのは「何か理由がある」と審査で不利になるといわれています。

短期間がどの程度で、複数が何社なのか決まったものはありませんが、一般的には一ヶ月が短期間で、3社以上が複数になるといわれます。実際に2社と問題なく契約できたケースも聞きますので、目安にしてもいいかと思います。

仮に、申込みブラックだと疑われる場合はどうすればよいでしょうか。それはただ待つしかありません。6ヵ月後に申込み情報は消えます。申込みブラックへの対処は6ヵ月間何もしないで、その後に申し込むのがただ一つの方法です。

解約しない限り信用情報から消えない

基本的にカードローンの場合は包括契約のため、契約した後は解約するまで消えません。

包括契約とは、契約の範囲内での借り入れや返済が自由で契約の期限がありません。そのため返済が完了しても契約が続きます。つまり解約を行わない限り契約をしていることになるため、個人信用情報にもカードローンの契約情報が載り続けることになります。

覚えておきたいのは、消費者金融からカードローンをする場合、借入限度額は年収の3分の1と決められています。実際に借りている額ではなく、借入可能額(極度額)が対象になります。信用情報に問題がなくて、新たにカードローンを申し込んでも審査に落ちるケースは、借入限度額が上限に達していることがよくあります。その場合は、使っていないカードローンを解約すれば審査に通る可能性が高いといえます。

その点、銀行カードローンに上記のような規制はないので、借入限度額が理由で審査に落ちるということはありません。追加でカードローンを検討中なら銀行カードローンも一つの選択肢としていいと思います。

個人信用情報は自分で確認できる

個人信用情報はインターネット・郵送・窓口で確認することが出来ます。CICのみインターネット上で確認ができます。

・CIC – シー・アイ・シー

開示方法 必要なもの 手数料
インターネット 固定電話・携帯電話 1,000円
郵送 開示申込書・本人確認書類 1,000円
窓口 本人確認書類 500円

JICC – 日本信用情報機構

開示方法 必要なもの 手数料
インターネット※ 本人確認書類 1,000円
郵送 開示申込書・本人確認書類 1,000円
窓口 本人確認書類 500円

※ 開示結果は郵送されてきます。

全国銀行個人信用情報センター

開示方法 必要なもの 手数料
郵送 開示申込書・本人確認書類 1,000円

個人信用情報の見方

個人信用情報には「申込み情報」「利用記録」「クレジット情報」があります。契約した内容や支払状況を表す情報や、契約時にクレジット会社等に提示し登録されている(属性)情報など細かくあります。

延滞があるかどうか

CICでの入金状況は24ヵ月分が記号で表示されます。細かくありますが、「$」か「-」、または「空白」の場合は問題ありません。
それ以外の場合は「返済状況」を確認してください。もし「異動」と表示されていれば、その下に異動発生日が登録されています。いわゆるブラック情報で、これがある場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

表示 内容 ブラック
$ 請求通りの入金

OK

利用がない(請求も入金もない) OK
空欄 情報の更新がない(請求も入金もない) OK
P 請求額の一部が入金 NG
R 本人以外からの入金 NG
A 本人都合による返済期日に未入金 NG
B 本人都合と関係がない未入金 NG
C 理由が不明の未入金 NG

借入限度額の見方

借入限度額は契約内容をみれば確認できるので、わざわざ信用情報をみる必要はありません。

念のためですが、個人信用情報では「貸金業法の登録内容」に「極度額」がしっかりと登録されています。消費者金融のカードローン審査になると年収の3分の1を超える融資はできないので、この極度額を確認されます。

本人の属性(年収、勤務形態、家族構成)や、過去のクレジットカードやローンの返済に問題がないけど審査が通らない場合は、借入限度額を確認してみてください。

申込み、クレジット、利用記録で登録される情報

最後に、個人信用情報で登録される「申込み情報」「クレジット情報」「利用記録」を表にしました。

種類 情報項目
申し込み情報 ・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・照会日
・商品名
・契約予定額
・支払予定回数
・照会会社名など
クレジット情報 ・氏名
・生年月日
・性別
・郵便番号
・住所
・電話番号
・勤務先名
・勤務先電話番号
・公的資料番号
・契約日
・契約の種類
・商品名
・支払回数
・契約額(極度額)
・契約終了予定日
・登録会社名
・報告日
・残債額
・請求額
・入金額
・入金履歴
・異動(延滞・保証履行・破産)の有無
・異動発生日
・延滞解消日
・終了状況
・割賦残債額
・年間請求予定額
・遅延有無
・確定日
・貸付日
・出金額
・残高
・遅延の有無など
利用記録 ・氏名
・生年月日
・郵便番号
・電話番号
・利用日
・利用目的
・利用会社名など

参考:
CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
JICC 日本信用情報機構
全国銀行個人信用情報センター


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す