カードローンの在籍確認

カードローンやキャッシングを申込むと、職場に金融機関から電話がきます。
これが「在籍確認」といわれるものです。
この在籍確認は、本人が実際に勤めているかを確認するため、必須事項として避けれません。
実はすでに退職していたり休職中だった…なんていうことは避けたいわけです。

申込み時に提出した会社の電話番号への電話連絡ですが(残念ながら個人の携帯にはきません)、
業者によっては代わりとなる書類を提出することで在籍確認として完了することもできます。
「電話での在籍確認なし」の業者もあるを参考ください。

そのような「在籍確認」とは、いったいどういう内容で行われるのでしょうか。

在籍確認の内容 – 同僚にバレる?

在籍確認の電話は金融業者からとわからないように配慮されています。
例えば「私はAと申しますが、Bさんはいらっしゃいますでしょうか?」というような個人名での連絡です。
銀行カードローンなら銀行名で掛かってくる場合もありますが、個人名にしてほしいなど要望を伝えることも可能です。
そして、本人が電話に出て名前(フルネーム)を確認すれば無事に終了します。
業者によっては、住所や生年月日も確認される場合があります。

いずれにしても、金融機関からの審査である「在籍確認」とは通常は分かりません。
個人事業主で自宅に電話がかかってきても、親族への余計な言い訳を考える必要はなくなります。

外出や休日などで職場に不在の場合

急な用事で外出していたり、体調を崩して休んでいる間に、在籍確認の電話があった場合はどうなるでしょうか。通常は、本人が今現在も働いていることが分かれば在籍確認が取れたことになり審査が完了します。

在籍確認は時間指定が可能

在籍確認の電話をかけてもらう時間を指定することもできます。
時間指定をしていれば、在籍確認の電話を自分でできることもできるので同僚バレの心配もありません。

パート・アルバイト・派遣社員

パートやアルバイト、派遣社員の方の中には、自分が電話にでれないケースも多いと思います。
それでもなんとか同僚バレを少しでも防ぐならこのような方法もあります。
「親族の名前で電話してもらう」「クレジットカードの在籍確認があると周知しておく」など言い訳しやすい下地を作っておけば、無理なく自然に振る舞うことができます。

在籍確認で審査に落ちる場合

在籍確認で落ちるケースは提出した書類の「勤務先情報」に嘘がある場合です。
「退職していた」「休職中」など、実際に働いていないことが認められた場合に審査に落ちます。

在籍確認は審査の最終段階で行われています。
つまり、書類審査を通過しているため、融資の一歩手前なのです。念のための確認といってもいいと思います。

嘘を書こうとしたわけではないけれど「住所の番地が違った」「電話番号が1つ抜けていた」など、うっかりミスでも審査に落ちてしまうこともありますので、提出書類は入念にチェックをする必要があります。

「電話での在籍確認なし」の業者もある!

カードローンの在籍確認は職場への電話確認が基本です。しかし、企業によっては書類の提出や、要望があれば別の方法を相談することも可能です。

貸金業者 提出物 or 条件
プロミス 相談可
*ご要望に添えない場合もあります。
電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
アコム 可能
在籍確認完了まで限度額の減額
(完了後は希望額まで増額されます)
モビット 可能 WEB完結申込み

電話での在籍確認を避けたい人にオススメです。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す