銀行カードローンの審査と保証会社の関係

銀行カードローンは消費者金融と比べて「金利が安い」「融資額が多い」などの特徴があり、カードローンで利用するなら最初に検討したいところです。

銀行カードローンの審査基準や審査にかかる日数、銀行カードローンの保証会社などについて確認するとともに、審査に通りやすくする方法にも触れていきます。

銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。審査項目は多岐にわたりますが重要なのは「年収」「勤務先」「勤続年数」「雇用形態」で、目安となるものがあります。

年収

年収は高いほど高評価で、400万円以上あれば十分と言われています。年収が200万円以上あるのが理想ですが、100万円台や100万円以下のパート勤務の人が少額の融資を受けられたケースもあります。

勤務先

公務員や大手企業が高評価で中小企業、自営業と続きます。

ポイントになるのは「安定しているか」で、その点で公務員や大手企業が高い評価になります。自営業は収入が高い場合でも不安定とみなされるので、安定という点で評価は低くなります。

勤続年数

理想は3年以上、短くても1年以上の勤続年数はあったほうがいいとされています。自営業の場合は、開業して間もないと審査に落ちることもよくあります。

雇用形態

正社員 → 契約社員 → 派遣社員 → パート、アルバイトと評価が下がっていきます。

個人事業主や社長は正社員と同じ評価になります。派遣社員でも単発や短期の仕事が中心だと審査に通らないこともあります。逆に年収が少ないパート・アルバイトの人が審査に通ることもあるので、安定収入として判断されるかが重要になります。

銀行カードローンと保証会社の関係

銀行カードローンには保証会社という存在があります。

保証会社の役割は、カードローンの利用者が何らかの理由で返済ができなくなるなどの支障がでた場合、代わって返済(代位弁済)を行います。

この仕組みによって、銀行は貸したお金や金利の回収ができなくなるという不利益を回避できます。利用者への返済請求も保証会社が行うため、銀行は債権回収をする必要もありません。身近な例では住宅ローンにも保証会社の仕組みがあります。

銀行カードローンでは、保証会社が大手消費者金融になっているケースがあります。

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム株式会社(アコム

保証会社が消費者金融になる利点は、これまで培ってきた個人融資へのノウハウが豊富な点です。審査や融資まで迅速になり、消費者金融並みに使い勝手がよいのはこのような背景のためです。

審査にかかる日数

保証会社が消費者金融の場合は、最短で即日融資も可能とスピード感があります。銀行カードローンの中には、融資まで1週間ほどかかるものもあり金融機関でバラバラです。

銀行カードローン 申込~融資まで
三井住友銀行カードローン 最短で即日融資
三菱東京UFJ銀行カードローン 最短で即日融資
みずほ銀行カードローン 最短で即日融資
オリックス銀行カードローン 1週間程度
住信SBIネット銀行カードローン 1週間程度

申込みから融資までの日数は、消費者金融の方が全体的に早いことが多いです。

消費者金融カードローン 申込~融資まで
プロミス 最短で即日融資
アコム 最短で即日融資
モビット 最短で即日融資
アイフル 最短で即日融資

希望融資額が少ないほど審査に通りやすい

審査に通りやすくするコツは、希望する融資額を10万円程度と少なくすることです。

銀行カードローンの特徴は、初回でも100万円を超える多額の融資を受けられる点ですが、年収が200万円以下の人は希望融資額を必要最低限にするほうが審査に通りやすくなります。

審査基準のところで4つのポイントを挙げましたが、審査に通るか不安な人は少額融資で初めてから、返済を重ねて信用力を高めることで融資の限度額を増やすことも可能です。希望融資額は申込みの段階で申請する項目があります。

また、使っていないクレジットカードやカードローンがあれば、申込みの前に解約しておくのも有効な方法です。

銀行カードローンの審査に落ちたら?

審査基準や過去に延滞・債務整理の信用情報に問題がなくても、銀行カードローンの審査に落ちることは普通にあります。また、銀行カードローンの審査に落ちても、プロミスなどの消費者金融で融資が通ることもあります。

審査基準は各銀行や業者で違うためです。

そうはいっても短期間に複数のカードローンに申し込むのは避けましょう。「申込みブラック」になってしまうので、多くても月に2、3社以内が目安です。

それでも審査に落ちる場合はカードローンを諦めるか、半年待ってみてあらためて申込みを検討するのがいいかもしれません。申込み情報の履歴は半年間は残るので、申込みブラックで審査に落ちていた場合は融資が通ることもあります。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す