カードローン審査の流れ!キャッシング初心者が審査の前に絶対知っておくべきこと

審査の流れからポイントなど事前に知って通過率をあがよう

カードローンやキャッシングでお金を借りるには、所定の審査に通過しなければいけませんが、審査結果を左右する評価基準については公開されていません。

こうすれば必ず審査に通るという必勝法はありませんし、銀行や消費者金融で重視している審査項目や属性情報も違います。

ですが、審査で必ず調査される内容や、事前に準備をしておく知っておくだけで、審査通過にプラスな面が多いのも事実です。

実際にキャッシングをした筆者の経験、そして他の体験者の話などから、カードローンの契約を少しでも高められる、審査でのポイントをまとめました。

カードローン・キャッシング審査の流れ

審査は契約までの一部分なので、まずは全体のどの部分かを確認しましょう。

※ 審査の流れや対応時間は、カードローン会社で変わるので、わかりやすく大手消費者金融を例にします。

カードローン全体の流れの図解:申込→審査→契約→借入

申し込みの後に審査が開始されます。さらに審査の流れを図解で詳しくみてみましょう。

カードローン審査の流れの図解:申込情報→提出書類→在籍確認

審査は段階を踏んで行われ、申込情報をもとに一次審査がはじまります。審査に通ると提出書類→在籍確認へと進み審査完了です。

大まかにはこの3つの工程が審査の流れになります。

審査時間は9:00~22時あたりまで

申し込みはスマホやパソコンから、ネットで24時間受け付けていますが、審査が行われる時間は決まっています。

審査は9:00~22時まで毎日行われていて、審査時間外の申し込みには、翌営業日から順次審査が行われることになります。

今すぐに契約をしてキャッシングしたいなら、受付終了の1時間前の21時前後が即日融資のタイムリミットになるので、審査時間には注意が必要です。

申し込みは店舗や自動契約機からもできますが、慣れないタッチパネル操作には時間がかかりますし、先客がいると待つことになるので、WEB申込がおすすめです。ネットならだいたい10分程度で完了します。

審査のポイントは3つ

審査でポイントになるのは、申込者本人の属性情報と提出書類、そして在籍確認の3つです。

特に返済能力が重視されるので、属性の評価が重要になります。

残りの2つは、申請したその情報が本当かどうかの確認のために、裏をとるような内容となっています。

  1. 属性(個人)情報が点数化される
  2. 審査で提出する書類
  3. 在籍確認(勤務先への電話連絡)

属性(個人)情報が点数化される

審査で属性情報を点数化するイメージ

属性とは勤め先が上場企業か、勤続年数は何年なのか、持ち家や家族構成、年収はいくらかなど、個人情報のことです。これら属性情報が自動的に点数化され審査結果がだされます。

点数化はスコアリングといいますが、ほぼ自動的な処理のため、審査の否認理由について問い合わせても何も教えてもらえません。

一般的に信用力が高いとされるほうがスコアはよくなるので、例えばフリーターよりも正社員、年収100万円よりも300万円のほうが評価は高くなります。

年収が低くても審査は通る

ですが、「年収100万円のパートだから審査に確実に落ちる」といった単純なことはなく、同じような属性でも学生アルバイトでキャッシングできたというのもよくある話です。

収入が低めなら借入希望額を5万円や10万円と少額に設定するなど、バランスを取ることも審査に通るポイントになってきます。

審査で提出する書類

スマホで写真を撮って書類を提出する図解

提出する書類は「本人確認書類」と「収入証明書」です。

本人確認書類は必ず必要で、収入証明書は少額の借入だと必要ないこともあります。

書類提出は写真に撮って、スマホやパソコンから送信できます。

本人確認書類の提出

本人が確認できる書類として有効なのはこちらです。

1点でいいもの

  • 運転免許証
  • パスポート

2点必要なもの

  • 健康保険証 + 住民票など

※ 有効期限内かどうか必ず確認しましょう。

※ 記載の住所と現住所が違う場合は、公共料金(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの、いずれも発行日から6ヶ月以内)などのコピーをあわせて準備しましょう。

借り入れが50万円を超えるなら収入証明書も提出

希望の借入額が50万円を越える、または今回の借入額と他社で現在借り入れしてる合計額が100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※ 賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書

書類提出のタイミング

書類を提出するタイミングは、仮審査のあと(申込の属性審査のあと)でいいため、審査に落ちると提出する必要はありませんが、事前に準備をしておくと契約までがスムーズです。

最終的な本審査には本人確認などの書類がそろってからになるので、特に急いで借りたい状況なら準備をしておいたほうがいいでしょう。

本人確認書類や収入証明書の取得場所など、より詳しい情報はこちら

カードローンは免許証だけで本人確認書類!すぐにお金が借りれる

カードローンは免許証だけで本人確認書類!すぐにお金が借りれるカードローンは免許証のみで申し込みができます。運転免許証は普段は身分証明書としても利用できますがカードローンの申し込みにも「本人確認書類」として1通だけでも有効です。いつまでに準備をしてどのタイミング…

在籍確認は勤務先への電話連絡

キャッシングで在籍確認がの電話がかかってくるイメージ

審査の最終段階に行われる在籍確認は、勤務先情報として申請した電話番号にカードローン会社から電話確認があります。

在籍確認の目的は、「本当にその企業に勤めているのかどうか」なので、申請したいくつかの内容確認が電話口で行われますが、基本は「はい」というシンプルな回答で済むようになっています。

また、申込者が実際にその場にいない状況でも、「○○は席をはずしています」「○○は会議中です」などでも、本人不在として在籍確認が完了します。

キャッシングで在籍確認がの電話がかかってくるイメージ

在籍確認で借金がばれる?

よく在籍確認で心配されるのが、同僚や上司に借金がばれないか?ということですが、基本的に本人以外にキャッシングの利用はわかりません。

申込者が直接電話にでるまで金融機関名は伝えませんし、本人が電話に出なくても「佐藤ですが○○さんをお願いします」というように、担当者個人の名前でつないでもらうよう配慮されています。

オペレーター「お世話になっております。佐藤と申しますが△△課の○○さんをお願いいたします。」

職場の同僚「お世話になっております。確認しますので少々お待ちいただけますでしょうか。」

キャッシングの在籍確認で借金が見つかってしまう懸念は昔からあるので、カードローン会社によっては、在籍確認の直前にこれから行うと本人の携帯に教えてくれるところもあります。

さらに念を押すなら、電話の要件を追及された際には、「クレジットカードの在籍確認だった」としておけば、借金を隠すための言い訳として自然でおすすめです。

在籍確認の言い訳についてはこちら

在席確認の言い訳は「クレジットカードを作った」が最強な4つの理由

在席確認の言い訳は「クレジットカードを作った」が最強な4つの理由キャッシングの申込みにあたり、こういったお悩みをお持ちの方は多いと思いますが、在席確認の言い訳には「クレジットカードを作った」がベストです。 今回はその理由について詳しく解説しつつ、在席確認のポイ…

在籍確認なしは”無い”けど電話なしはある

在籍確認は貸金業法という法律で、顧客の申告内容の確認が義務付けられています。

金融機関側が「申し込んだ内容に嘘がないかを確認して無理な貸付を予防してください」ということなので、在籍確認なしの金融機関を探しても、それは闇金や違法な金融業者になります。在籍確認なしで借りられるところの利用は絶対やめましょう。

また、在籍確認は必ずありますが、電話連絡を避ける方法があります。在籍確認を書類で行える大手消費者金融があるので、電話連絡をなしにしたいなら検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法

一般的に在籍確認といえば、職場への電話確認になりますが、在籍証明ができる書類の提出を条件に電話連絡なしの在籍確認も認めている業者もあります。2つの業者を例に、より具体的な在籍確認の電話連絡を避ける方法…

アリバイ会社を利用した契約は違法

在籍確認を代行する業者をアリバイ会社といいます。これはアリバイ会社を勤務先として申請し、在籍確認の電話連絡を避ける違法な方法です。

さらに偽の給料明細など書類作成を行うサービスもありますが、勤務先を偽って契約した際は詐欺罪にあたります。利用はやめましょう。

アリバイ会社の危険性については別の記事にまとめています。

在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!

在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!アリバイ会社の実態に迫りつつ、アリバイ会社を使ったカードローン契約の危険性について解説します。 電話連絡なしで申込めるおすすめのカードローンもご紹介していますので、在席確認が不安な方はぜひご覧くだ…

審査にかかる時間

「審査まだかな…」キャッシング審査を待つイメージ

カードローンといえば、銀行カードローンか消費者金融になりますがそれぞれ審査にかかる時間が違います。

  • 銀行カードローンの審査結果は最短翌営業日
  • 消費者金融は最短で30分

上記のように、審査回答と結果まで圧倒的なスピード差があります。

審査が遅い銀行カードローン

銀行カードローンは2017年まではスピード審査に対応していて即日融資も可能でしたが、2018年から最短で翌日審査回答と時間がかかるようになりました。

この理由は、銀行カードローンの審査の1つに、反社(暴力団)チェックが加わったためです。申込者の氏名や住所などの簡易な情報を、警察庁の反社データベースで照会します。そして警視庁からの回答が翌営業日になるためです。

カードローンで銀行が警察庁へ反社データベースを照会する仕組みの図解

この警察庁の反社データベース照会は、遅くて2週間かかる※ ので、銀行カードローンの審査期間は翌営業日~2週間となっています。

※ 2週間かかるのは反社チェックの一次照会に引っかかり、二次照会にかけられてしまう同姓同名などの稀なケースです。一般的に多い審査回答までの期間は数日程度となっています。

審査が早い消費者金融

銀行カードローンとは違い、プロミスやアイフルなどの大手消費者金融は反社チェックがないため、審査結果まで最短30分と圧倒的な早さです。

その後の契約から借入にかかる時間を入れても、申し込みから最短1時間なので、急な出費などお金がすぐに必要という状況に対応できるのは消費者金融だけになっています。

WEB完結申込もあるので、契約やその後の借り入れまでも、すべてオンラインで手間もかかりません。

カードローンの最短審査、即日融資で安全にお金を借りる方法

カードローンの最短審査、即日融資で安全にお金を借りる方法申込から1時間で実際に借りた方法と具体的な流れを紹介しています。大手消費者金融なら安全に担保も保証人もなしでカードローンキャッシングができます。銀行カードローンではできない夜間や土日でも即日融資する方…

審査が不安ならすぐに結果がでる借入診断もおすすめ

「ご融資可能と思われます。」「借入診断OK」キャッシングの借入診断が通ったイメージ

カードローン会社には、実際に申し込んだ際に、借り入れ可能かどうか診断できる簡易審査もおすすめです。

年齢や年収、他社の借入状況などを入力するだけで借入シミュレーションができます。

借入診断があるキャッシング会社
カードローン会社 補足
プロミス 生年月日、年収、他社借入額でお試し診断できる
アコム
アイフル 生年月日、雇用形態、年収、他社借入額でお試し診断できる
SMBCモビット 10秒簡易審査は本申込に近いので、お試しではなく本当に申し込みたい場合のみにしましょう。

実際にプロミスの借入シミュレーションで「20代、年収200万円、他社借入10万円」で試してみると「融資可能と思われます」と、診断されました。

カードローンの借入シミュレーションを試した結果

あくまで簡易的な審査なので参考程度になります。実際に申し込んだ審査結果を保証するものではありませんが、消費者金融なので年収の3分の1以下の借り入れかどうかが審査のポイントになってきます。

プロミスの詳細

審査に通らない・落ちたら確認しよう

なんで落ちたんだろう…

審査では基本的に信用力が高ければ有利で、信用に比例して借入できる限度額も多くなるものです。申し込みで家族構成や年収、正社員かアルバイトかなどなど細かく申請したのも、返済できる能力を判断するためです。

ですが、個人の信用力はこれ以外にも調査されいるのをご存知でしょうか。

一般的に信用スコアが高そうな人でも、審査に通らない、審査に落ちたということもありますが、これらは以下の点で問題となる可能性があります。

総量規制にひっかかっている

総量規制は消費者金融に適用される貸金業法という法律で、年収の3分の1を超えた融資はできないよう上限がかけられています。つまり年収300万円だと借り入れできる上限は誰でも100万円までということです。

年収300万円の総量規制の図解

総量規制で審査に落ちていないかどうかは、2点確認してみてください。

  1. 消費者金融で借りていないか
  2. 借入金額の合計は年収の3分の1を超えていないか

プロミスやアイフルなど消費者金融では、いくら属性スコアが高い人でも総量規制の影響で審査に落ちてしまいます。属性情報に問題がないのに審査に落ちている場合は借入の合計金額を確認してみましょう。

ちなみに、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法になるので、総量規制による制限はありません。属性情報に問題がなく審査に落ちているケースでは、銀行カードローンで審査に通る可能性はあります。

総量規制の詳しい内容はこちら

総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン

総量規制について 総量規制は多重債務問題の解決と、個人融資を安心して利用できるよう貸金業法の改正で導入されまし … 続きを読む カードローン審査の流れ!キャッシング初心者が審査の前に絶対知っておくべきこと

個人信用情報に問題がある

個人信用情報は、個人のクレジット履歴が記録されています。

クレジット履歴はカードの申込や返済、延滞など、過去の利用状況が記録されています。

カードローンを申し込んだと同時に、銀行や消費者金融、クレジット会社や保証会社など、キャッシング審査に関わる金融機関は、信用情報に照会をかけるので、過去にトラブルがあったかどうかが一目瞭然です。

カードローン申込から個人信用情報の照会フロー。カードローンの申し込み→消費者金融、銀行、信販会社→審査(確認)契約(登録)←(提供)信用情報機関

仮に延滞情報が1つでもあると黄色信号、複数回あれば審査に落ちる確率は高いでしょう。

ですが、すべてが個人信用情報に記録されるわけではありません。個人信用情報機関に登録される契約、記録されない契約をがあるので、該当しないか確認してみてください。

個人信用情報に記録される代表的な契約

    • 携帯電話(スマートフォン)の分割払い(割賦販売)
    • クレジットカードの申込み・利用
    • 住宅ローンの申込み・利用
    • カードローン(キャッシング)の申込み・利用

電気や水道、ガスなどの公共料金、NHKや年金などは口座振替なら信用情報に登録されません。

個人信用情報は一定期間で消える

個人信用情報は掲載されている期間が決められています。例えば延滞情報は最長5年と決められているので、過去に返済トラブルがあっても5年たてば、またカードローンなどの審査が通るようになります。

個人信用情報が消えるまでの期間や掲載されるタイミングなどはこちらにまとめています。

カードローン審査で個人信用情報として確認される内容

個人信用情報に登録されるものとは 全てが個人信用情報に登録されるわけではありません。対象となるのは以下のような … 続きを読む カードローン審査の流れ!キャッシング初心者が審査の前に絶対知っておくべきこと

ブラックリストになっている

さきほどの個人信用情報と関連する内容ですが、延滞を無視して返済しない状況を続けると事故情報(異動情報)として記録されます。

これが一般的に言われるブラックリストで、審査に必ず落ちてしまいます。

信用情報に掲載されているのは最長5年で、その間クレジットカードやスマホの分割払い(割賦販売)の審査で落ちるなら、ブラックリストの可能性があります。

ブラックリストになるパターンのフロー図。残高不足!さらに61日から3ヶ月以上延滞すると「ブラックリスト」に

ちなみに5年経過すれば事故情報は消えますが、トラブルを起こした会社には顧客情報が残っているので、別のカードローンや関連会社を避けて申し込みするほうがいいでしょう。

ブラックリストの疑いがあるなら、個人信用情報を照会してみてもいいと思います。個人信用情報は有料で誰でも確認できるので、記事を参考にしてみてください。

申し込みブラックかも?

ブラックリストと近いもので申し込みブラックと呼ばれるものがあります。

短期間に複数のカードローンに申し込むと、普通ではないと判断されて審査で落ちる現象です。

おおまかに1ヶ月など短期間に3社以上申し込んだりするとなると言われています。

申し込み情報も個人信用情報に記録されていて、掲載期間は最長6ヶ月です。申し込みブラックに心当たりがあれば、いったん6ヶ月待ってみるのがおすすめです。

申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法

申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法カードローンやキャッシングの同時申込が原因で陥るとされる「申込ブラック」とは何かの疑問に答えつつ申込ブラックになる基準やなってしまった場合の対処法についてご紹介しています。「既に申込ブラックになって…

クレジット履歴がまったくないスーパーホワイト

クレジット履歴がまったくない場合も審査で落ちることもあります。

スーパーホワイトと呼ばれ、過去の返済状況も不明なので、与信判断が難しくなるからです。

例えば20歳くらいならスーパーホワイトでも問題ないのですが、30歳以上でクレジット履歴がまったくないのは不自然ですよね。

これまでクレジットカードもスマホの利用(端末の分割払い契約)もしてきていないということですから珍しいといえば珍しい。考えられるのは債務整理などで、過去にローンが利用できない状況にあったのではないか…と判断される可能性はあります。

「クレジット履歴はある程度あったほうがいいんだ」「ふ~ん…」

※ 債務整理は5年~10年間、信用情報に記載され、その期間は各種ローン契約は利用できません(何も記録されない)。債務整理の情報が消えるとスーパーホワイトになります。

スーパーホワイトの対応策は利用実績を作ることなので、入会しやすいクレジットカードからはじめるのがおすすめです。楽天カードはポイント還元もよく1枚持っておくと便利なカードです。

カードローンキャッシングの審査でよくある疑問を解決

「先輩!審査の最短時間とは?」「30分だろ~」ピンポーン

カードローンやキャッシング審査での悩みや疑問をQ and A形式でまとめています。

カードローンの審査に保証人や担保は必要ですか?
保証人も担保も必要ありません。20歳以上で安定収入があれば融資審査を受けられます。担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
審査なしでキャッシングできるカードローンはありますか?
審査なしで融資を行う行為は違法なので、もしあるとすれば違法業者です。少し前に話題になったソフト闇金も闇金業者と変わりません。審査がない業者には近づかないようにしましょう。[甘い?厳しい?] データで比較!大手カードローン審査の通過率
審査が甘いカードローンやキャッシングはありますか?
審査が甘いカードローンはありません。与信判断は各社でことなるので、A社では審査に落ちたけどB社では通ったということはあります。また、大手消費者金融は審査通過率を公表しているので参考にしてみてください。怪しい貸金業者(ヤミ金)かどうかを調査消費者金融のカードローンはサラ金なのか?そして闇金融とは
フリーターでも審査に通るカードローンはありますか?
フリーターの方には大手消費者金融がおすすめです。キャッシングのおすすめ理由を3つのポイントで紹介しています。審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
学生でもカードローン審査は通りますか?
20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば審査に通る可能性は十分にあります。バイト先への在籍確認のポイントなども紹介しています。学生がお金を借りるおすすめの方法は消費者金融のカードローン
増額する際に審査はありますか?
増額を希望する人には再度審査があります。
専業主婦はカードローンで審査に通りますか?
消費者金融は無理ですが銀行カードローンなら審査に通る可能性もあります。

審査に関係する記事

カードローンを探す