カードローンの返済が遅れると事故情報(ブラックリスト)になる?

悪気がなくても、うっかりでも、「延滞」は即イコール何らかの情報が記載される対象です。
即日「信用情報機関」に届け出られることはありませんが、社内には記録が残り、新規借り入れの審査に影響します。

いわゆる「ブラック(事故情報)」になるのはいつか?

「個人信用情報」に「ブラック(事故情報)」として記載される目安は「3ヵ月以上の支払い遅延」と言われています。

3ヵ月が「うっかり」か「故意か」の判断の分かれ目のようです。
しかし、3ヵ月の余裕があるわけではありません。

契約の日に遅れて引き落としになった場合、「支払い日より遅れての引き落としでした」などのハガキが届く場合もあり、「遅延に対して重く見ていますよ」「社内では遅延の記録を残しましたよ」というアピールを感じます。

引き落とされたから「問題が無かった」と判断するのは危険で、問題の認識が薄いうちにブラック入りしてしまう可能性もあるのです。

ローン契約における「返済日」はそれだけ重い意味を持ちます。

個人信用情報に記載されるとまずい?

個人信用情報は、加盟する金融機関が審査の際に利用します。

また、情報機関同士も情報を共有するので、個人信用情報に掲載されれば返済を延滞した会社以外であっても新たなローンを組んだり、カードを作るのが難しくなります。

自分で自分の個人信用情報を調べることもできます。
CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

事故情報を記載したかどうかを金融機関から教えてもらうことはできません。
自分の個人信用情報を調べることだけが、自分の状況を知る方法になります。

事故情報は一生残る?

一生は残りません。延滞による事故情報は5年で消えます。

しかし、ローンも組めずカードも作れない期間が5年程度あることは、少なからず人生設計に影響が出てくることでしょう。

「延滞」にならないために

延滞は事故情報に載ります。

  • 「うっかり」で発生することもありますが、ローンにおいては重い意味づけをされます。
  • 「うっかり」にならないための予防、発生してからの即対応が重要です。

また、「間に合わない」場合には、お客様センターに相談するなど、「延滞」と認識される事態を生まないことが対応として優先されます。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す