返済が無理かも?借金の取り立てで困る前に

「借金」というとなんだか悪いことをしているようで、借りた人は縮こまっていないといけない…そんなイメージありませんか?

「借金」の大前提として、日本で金融業者からカードローンをすることは、「ビジネスとしてお金を借りている」のです。つまり、立場の上下はありません。

「取り立てで困る」状況は、借り手の一方的な思い込みで作られているとも言えるのです。

返済せずに借金から逃れることはできませんが、借金で地獄にならずともよいのです。
「取り立て」についての正しい認識を再確認し、借金をベストに整理しましょう。

「取り立てが恐い」とは?

そもそも「恐い取り立て」とはなんでしょうか?

1、社会的な信用を失って、今までのように生活できなくなってしまう

2、強面の人が取り立てに来て、生活を破壊されてしまう

「1」の思考は返済遅延に陥って間も無い人に多く
「2」は貸金業法の中で、取り立てにあたる「回収行為」に禁止行為が厳しく定められているのを確認すると解決します。

いづれにしても、生きていけなくなるほど苦しい状況になることはありません。

やってはいけない借金整理の解決方法

個人信用情報に事故情報が記載されることを恐れるあまり、「友人や親族に借りてでも返す」というのは一番やってはいけない方法です。

関連:ローンなどの個人信用情報と事故情報(ブラックリスト)とは?

自己破産をしても最長10年ていどで事故情報は抹消され、その後はクレジットカードを作ることも可能になります。
しかし、家族や友人にかけた迷惑は永遠に消えず、記憶は消せず、失った信用も二度と元には戻らないのです。

「生きづらさ」という視点では、もっともやっていけない借金整理が「身内に借りる」でしょう。

ドラマのような取り立ては違法

貸金業は国か地方公共団体が許可した貸金業免許を持った業者が行うもので、「貸金業法」という法に基づいて活動しています。

「回収」もまた、行えるのは許可された民間のサービス会社で、法務省のサイトで常時公開されています。そして、債権回収にあたり、禁止行為が厳格に決められています。

関連:借金の取り立てを行う債権回収会社とは

一例としては

  • 「借金がある」ことを借りている人の周囲に知らせることの禁止
  • 住居に大人数で押し掛けることの禁止
  • 電話による連絡も夜9時~朝8時まで禁止

など「平穏な生活が脅かされる」回収行為は禁止なのです。

もし、そのようなことがあれば都道府県庁の金融課や警察に相談すればよいのです。

安い金利への一本化

借金を整理する方法の一つが「一本化」です。
商品名「おまとめローン」などで出ているのが、借金の「一本化」です。

複数の借り先がある場合に、一つにすることで全体を把握しやすくなります。

また1社からの借入額が大きくなることで利息が低くなる場合もあり、その場合は総額が抑えられることになります。

法律を使って債務整理

債務整理は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つが使えます。

事故情報が個人信用情報に掲載される他、方法によっては「差し押さえ」「官報への掲載」「財産処分」「一定の期間、特定の役職や職業につけない」などがあります。

しかし、借金そのものが無くなったり金額が小さくなる方法です。

ベストな手段を知る方法

「弁護士」、金融機関に属していない「ファイナンシャルプランナー」「ライフプランナー」、自治体で行っている「借金相談会」で、どの対応をするのがベストか質問することです。

自治体によっては無料で相談会もあります。

そもそも返済能力を審査されています

カードローンでは、融資の際に返済能力をきちんと審査しています。

早い段階で返済で生活が厳しいと感じたら「借りている会社のコールセンターに相談」すると、返済に行き詰らないために相談に応じてくれます。

生活の中で上手に返済していくことが、貸す側にとってもベストな状態なのです。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す