カードローンの返済を無視すると最悪は給料の差し押さえに

返済日をすぎて、支払いが延滞するとどうなるのでしょうか。
返済の意志を示さず、なんの行動も取らなかった場合は法的な措置が取られます。

延滞発生からの流れ

  1. 1.返済の遅れが発生

2.書面または催促の電話が来る

  1. 3.長期延滞で保証会社が代位弁済する(銀行系)

  2. 4.保証会社が裁判を起こす

  3. 5.給与差し押えが行われる

最後は給与を差し押える

給与が入金されるタイミングで先に引き落とされるのが「給与の差し押え」です。
利用開始の審査の時に、会社に勤務している人が通りやすい理由でもあります。

しかし、給与の差し押さえは、通常の「引き落とし」とは違います。
「いくら」「いつまで」といった見通しは、保証会社と話しあわないと見通しが立たない状態になります。

とにかく返す意志を連絡

返済の期日前に、コールセンターに遅延の見通しを連絡するのがベストです。
遅延が発生した後も「気づいたらすぐ」に連絡するほうが良いでしょう。

催促の電話を無視し続ける行為は、「返済の意志が無い」と見なされるためNGです。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す