カードローンの返済方法とコツ

お金を借りれば期日までに返済が必要です。カードローンで借りた場合の返済方法は大きく4つあります。
ご自分の都合によい返済方法を選ぶことができます。

返済方法の種類

インターネット振込み
口座振り込み
ATM
店舗窓口
口座振替

インターネット返済

一番便利な方法がインターネットから返済する方法です。
自宅や外出先からパソコン、ケータイ、スマートフォンなどでいつでもどこでも返済が可能です。
土日や金融機関の営業時間外でも利用が可能ですし、外で偶然知り合いに遭遇するなど、お金を借りていることが知られることもありません。また、手数料は無料の場合が多いです。

会員ページからログインして所定の手続きで行いますが、インターネットバンキングを利用できることが必要になります。

三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行など

インターネットバンキングの利用は、口座をお持ちの金融機関へ申込みが必要です。

口座振込み

銀行から振込みをする返済方法です。
口座振込みは振込み手数料がかかりますし、ATMなど並ぶ場合もありますので、振込み手数料が無料のインターネットバンキングの利用をおすすめします。

店舗ATM/コンビニATM/提携ATM

提携ATMは手数料がかかります。
提携しているかどうかは公式サイトで明記されていますし、ATMに金融業者の名前があれば利用可能です。

コンビニATMは買い物ついでに返済ができるため便利です。
メディア端末などを利用すれば返済手数料が無料になりますので、便利に利用することができます。
返済方法としては多くの人が利用されている印象です。

口座振替

公共料金などでよくある銀行口座からの自動引き落としです。
手数料無料で返し忘れもなく、計画的に返すことができる利点があります。
会員サービスから申込みができますが、契約内容の変更が必要となる場合があります。

店舗窓口

店頭の窓口まで直接行って返済することもできます。
返済計画など、普段気になっていたことも相談することが可能です。

返済のコツ

返済をするにもいくつかコツがあります。特に重要だと思われる「利息を抑える」「借金をバレないために」の2点をご紹介します。

返済期間を短くして利息を抑える

月々の返済を少額にすれば無理なく返すことができますが、その代わり利子も増えるので返済する総額が大きくなります。できるなら一括返済、または返せる時に返済額を大きくして、借入元金を減らすようにするのが基本です。「木を見て森を見ず」ではなく、合計の支出を考えて利息を抑えるのがポイントです。

借金をバレたくない人

例えば同居している家族に内緒で借りている場合は返済方法に注意が必要です。
「インターネット返済」「口座振込み」「口座振替」の返済方法は、通帳に利用記録が残ります。

通帳を本人以外にも確認できる環境にある方は要注意です。
さらに、口座振替は利用明細書が自宅へ郵送されてくる場合もあります。差出人は消費者金融などの名称ではありませんが、調べればすぐにわかってしまいます。Web明細が利用できればいいですが、対応してない金融機関もあります。

そのような心配がある人は「ATMから現金で返済」すれば、利用記録も明細書も残りませんので現金返済の利用をおすすめします。また、うっかり返済期日を過ぎてしまった場合は自宅に電話連絡が来たり、督促状が届く場合があります。

家族から余計な心配や詮索を受けたくない方もいるかと思いますので、最低限、上記の点には気を付けたいところです。

 


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す