プロミスで年収ゼロの無職や専業主婦の審査・借入はOK?

収入が無い人はプロミスやアコム、モビットなどの貸金業者で借りることはできません。収入のない無職や、専業主婦の人は融資を断られます。安定した収入があると認められれば、年収が100万円のフリーターやパートでも審査に通る可能性はあります。

少ない金額でも毎月の収入を確保することが先に必要になります。

銀行カードローンは無職の専業主婦も可能性あり

専業主婦は配偶者(妻や夫)に収入がある場合は借りられることもあります。配偶者貸付といいますが、銀行カードローンは専業主婦でも申し込みを受け付けているところもあります。

銀行 専業主婦
三菱東京UFJ銀行カードローン
楽天銀行カードローン

この配偶者貸付は、プロミスなどの貸金業者は対応していません。

銀行カードローンは無職の年金受給者も可能性あり

銀行カードローンの場合は、専業主婦と同様に年金受給者の申込みが可能なところもあります。カードローンには年齢制限があるので、年金受給者の人は注意が必要です。

銀行 年金受給 年齢制限
三菱東京UFJ銀行カードローン 20歳以上65歳未満
オリックス銀行カードローン 20歳以上65歳以下
三井住友銀行カードローン 20歳以上65歳以下
新生銀行カードローン レイク 20歳以上70歳以下

プロミスや他の貸金業者では、年金受給者の申込みはできません。

申込み条件に「安定した収入があること」とありますが、年金は安定収入とはみなされていないようです。その場合は、年金以外に安定した収入が必要になります。

総量規制で融資は年収の3分の1まで

そもそも無職や専業主婦など、収入がない人への貸し出しができないのは総量規制によるものです。プロミスやアコムなどの貸金業者は、原則として年収の3分の1を超える融資はできません。

年収証明が必要な場合もある

「50万円を超えるか」「貸金業者全体の借入金額が100万円を超える場合」は、年収を証明する書類の提出が義務付けられています。また、必要と判断された場合は提出が必要な場合があります。

年収に嘘をついた場合

総量規制を避けるために嘘の年収で申請を行った場合はどうなるでしょうか。

結論としては源泉徴収票など証明書の提出ですぐに不正が発覚します。仮に証明書を提出しないケースでも不正を怪しまれた場合は、年収証明の提出を求められます。虚偽の申請は契約違反になり、審査で発覚すれば確実に落ちますし、契約後の発覚は契約解除、一括返済を求められる可能性もあります。

プロミスで契約後に無職になったら

契約後に無職になった場合は契約違反にはなりません。
毎月の返済に遅れなければ問題になることはありませんが、早めに変更を届け出る必要があります。

年収や勤務先の変更を届け出る

その他、契約後に住所や転職など変更があった時もですが、基本的に申請した情報に変更があれば更新する必要があります。

借入の増額は無職では落ちる

限度額の変更には審査があります。増額の審査自体も通常より厳しいですし、収入がないのでは審査に通る望みはありません。無職の収入がない状態で増額申請をしても審査に落ちます。

まずは働いて安定した収入を確保することが先決になります。少額でも融資をしてくれる貸金業者はあるので、そちらを検討する方が早いかもしれません。キャッシングはCMなどで目にする大手を利用すれば安心できます。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す