プロミスの自営業者・法人向けの融資について

銀行カードローンで借りたお金は「事業資金」への利用を禁止しています。会社の運転資金や開店資金など法人の支払いなどに利用できないという事です。

しかし、プロミスや消費者金融の中には「事業向け専用のカードローン」もあります。大手消費者は個人向け融資として有名ですが、違いはどういったところにあるのでしょうか。

通常のカードローンと自営・法人向けの違い

プロミスのカードローンは、事業資金への利用ができることはさきほども触れましたが、事業用カードローンがあるのには理由があります。

個人と事業向けカードローンの違いは「総量規制」になります。
総量規制は年収の3分の1を超える借り入れはできないなど決まりがありますが、事業向けカードローンは「総量規制の例外」として対象外となります。

貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。
例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、これですでに3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。
引用:貸金業法について – 総量規制の例外

つまり、個人で限度額いっぱいに借りている場合でも、自営業者・法人向けのカードローンなら追加融資が可能となります。

総量規制の例外

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付けなど

プロミスには法人向けはない!個人事業主向けがある

プロミスでは個人事業主には「自営者カードローン」という融資がありますが、法人向けがありません。
その他にもノンバンク系の法人・事業主向けカードローンがあります。

貸金業者の事業主向けカードローン

貸金業者 対象
アイフル 法人/個人事業主
アコム 個人事業主

プロミスの自営者カードローンの特徴

個人事業主向け「自営者カードローン」の特徴です。
通常の個人向けカードローンのスピード審査などメリットを引き継いでいます。

  • スピード審査で当日中の最短で即日融資も可能
  • 事業資金に限らず、生活費などプライベートにも利用できる
  • 全国のコンビニや提携ATMで利用できる
  • 担保、保証人不要
最大融資額 300万円まで
実質金利 6.3%~17.8%(年率)
資金使途 生計費および事業費に限ります。

手続きの手間が少なく融資までの時間が早いのがメリットですし、担保、保証人が不要なのも良い点です。しかし、公的融資や銀行融資などの事業融資に比べて金利が高いです。

基本的には金利が低い事業融資をおすすめしますが、審査も厳しく融資まで数週間かかりますので、その間に必要になった「運転資金」や「つなぎ資金」としての利用が理想です。

自営者カードローンの申込み方法

個人向けカードローンの申込み方法と変わりませんが、Webでの申込みができません。

  • 自動契約機、プロミスコール、店頭窓口、郵送
    申込みは必要書類を持参
  • 審査
  • 審査結果の連絡
    審査結果はメールか電話を選択
  • 契約
    契約は自動契約機、店頭窓口

自営者カードローンの必要書類

本人確認書類

運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか1点

収入証明書類

  • 確定申告書
    証明年度が前年分のもの
    ※ご提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能です。
  • 青色申告決算書または収支内訳書
  • 事業実態を疎明(そめい)する書類
    営業許可証(有効期限内のもの)、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内のもの)

プロミスの概要

実質年率年4.5%~17.8%
借入上限額最大500万円まで
無利息期間30日
申込み方法コンビニATM、無人契約機
提供SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • 30日の無利息期間がある *1
  • 来店不要で「申込み→審査→借入」が可能
  • パート・アルバイト・派遣社員の方も借りれる
  • 審査は最短で30分、最短1時間での即日融資も可能 *2
  • 土日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能 *2

*1 メール登録、Web明細利用時の場合
*2 即日融資は平日14時までに契約完了が必要


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す