プロミスのネット申し込みで即日融資!土日・夜間も借りる方法

[更新日]

プロミスのWEB完結ならすべてオンラインで即日融資できる!!

プロミスは土日・祝日、夜間でも22時までなら即日融資ができます。明日までにお金を用意したいという急ぎたいときにも十分対応可能です。

スピード感を重視するなら、銀行カードローンよりもプロミスのような消費者金融がおすすめです。

プロミスで借りる

プロミスのキャッシングに必要な時間は、最短で審査回答30分、借入まで1時間になっています。

これはあくまで公式による最短時間なので、申し込みが混みあっていない時間帯、審査や契約まで滞りなく進んだ場合に限ります。

カードローン先生
実際には必要書類の不備や審査対応など、想定していない対応や時間が発生するものです。
実際に体験した効率のよい借り方

プロミスに申し込んですぐに借りるにはコツがあります。そこで編集部が実際に1時間で借りた方法をわかりやすく紹介します。

また土日・祝日でもプロミスで即日で借りる方法も詳しく解説します。

プロミスから即日融資で借りるポイント

プロミスから即日融資で借りるポイントは以下の4つです。

  1. 審査受付は毎日22時まで
  2. 申し込みはWEB完結
  3. 返済用口座を確認しよう
  4. 必要書類の準備
カードローン先生
プロミスの即日融資にはこの4つのポイントが重要です。順を追って詳しく説明します。

審査受付は毎日22時まで

プロミスのネット申し込みは24時間受付ていますが、審査は毎日9時から22時までの間だけ行われます。

プロミスから借り入れできるのは、もちろん審査に通ってからなので、22時を過ぎてしまうと審査回答も翌日に持ち越しとなります。

また審査受付の終了となる22時直前に申し込みをしても、審査回答は翌日になることもあります。

即日融資なら午前中か、遅くても20時あたりには申し込みを済ませておくと安心です。

申し込みはWEB完結

プロミスのキャッシングに申し込むなら、すべてオンラインだけで手続きできるWEB完結がおすすめです。

申し込みから書類提出、契約すべてスマホやパソコンでできます。

カードローン見習い
自宅への郵送書類もなしにできるので借金も内緒にできる!

返済用口座を確認しよう

WEB完結を利用するには、毎月の返済を口座振替にします。

その際に返済用口座を指定するのですが、WEB完結に対応している金融機関である必要があります。

といってもメガバンクから地方銀行まで、幅広く利用可能です。

WEB完結に対応した主な銀行
金融機関 WEB完結に対応
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
ジャパンネット銀行 ×
りそな銀行 ×
新生銀行 ×
楽天銀行 ×
じぶん銀行 ×
カードローン先生
ネットバンクでも使えるし主要な銀行はほぼ揃ってる!

必要書類の準備

プロミスに限った話ではありませんが、カードローンの申し込みには、本人確認書類の提出が義務付けられています。

本人確認書類とは公的な身分証明書のことですが、免許証などがこの場合は該当します。

プロミスで本人確認書類として有効なのは、以下の書類となります。

プロミスの本人確認書類

1通の提出が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証+1点(住民票など)
カードローン見習い
免許証かパスポートなら1通でOK!事前に準備しておこう!!

プロミスで借りる

プロミスで収入証明書類が必要になる場合とは?

原則として収入証明書類はいりません。書類提出は本人確認書類のみが基本です。

ただし借入金額が下記に該当する場合は、追加書類として収入証明書類が求められます。

  1. プロミスでの借入希望額が50万円を超える
  2. 他社での借入金額とプロミスの借入希望額の合計が100万円を超える

上記の条件に該当する場合は、下記の書類1通も用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※ 賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書だけを準備。

カードローン見習い
審査状況によっては収入証明書類を求められることもあるから、給料明細書2通を準備しておくと安心かも!
即日融資のポイントまとめ

審査の受付時間は決まっているので、即日融資の方法で重要なのは「いかに契約までをスムーズに進められるか」がポイントになります。

審査や契約で必要なものはあらかじめ想定できるので、先回りして無駄な時間を省くことにフォーカスしています。

プロミスのネット申し込みから即日融資する流れ

プロミスでいち早く借りるための一連の流れを説明していきます。

申し込みから契約まではWEB完結で行っています。

カードローン見習い
編集部は実際にこの方法でプロミスから1時間半で借りられたよ!

1プロミス公式からネット申し込み

スマホまたはパソコンで、プロミスの公式サイトに行き申し込みを行います。

「カンタン入力」と「フル入力」の2つあります。

違いは入力項目の数ですが、もっとわかりやすく言えば

  • カンタン入力は電話サポートがある
  • フル入力はすべて手動入力

となります。

プロミスの記入画面「契約方法は「Web」

今後の審査内容や手続きに影響するものではないので、都合のよいほうを選んでください。


2契約方法はWEBを選ぶ

「カンタン入力」と「フル入力」どちらから進んでも「ご契約方法」という項目があります。

今回はすべてインターネットだけで手続きを済ませたいので、契約方法は「Web」を選択します。

プロミスの申し込みボタン「どちらからでもOK」


3必要書類の写真を撮って送信

次に本人確認書類などの必要書類を提出します。

申し込みが完了すれば、受付完了メールがプロミスから送られてきます。

案内に従ってスマホカメラやスキャナで撮影し送信しましょう。

不鮮明な画像は再提出となり時間ロスの原因にも。

本人確認書類の写真はボケていないか、文字は読めるかなどをチェックしましょう!


4審査と在籍確認

書類審査に通過すると、勤務先への在籍確認の電話があります。

在籍確認の電話に申込者がでるか、または本人以外でも「席を外している」「打ち合わせ中」など、勤務しているということがわかればOKとなります。

カードローン先生
在籍確認ではプロミスの担当者の個人名を名乗るので、周りにはカードローンとはわからないよ!
カードローン見習い
電話内容も簡単な質問に答えるだけで2分ほどだったかな?

この後、審査の合否がメールか電話でわかります。


5返済方法は口座振替による返済

審査に通れば、契約手続きに進めます。

まずは返済方法をどのようにするかを決めていきます。

契約書類を自宅に郵送しないようにするため「口座振替による返済」を選びます。


6カード郵送希望なしにする

次にカード発行をするかどうかを決めます。

プロミスカードも必要ないので、「カード郵送希望なし」を選びます。

契約手続きは以上で完了です。

この手順なら自宅への契約書類やカード、利用明細書など郵送物はなにもありません。


7借り入れ

契約が完了すれば、すぐに借り入れができます。

ローンカードを発行しないので、スマホアプリか銀行振込での借り入れになります。

プロミスの借入方法は次で詳しく説明していきます。ローンカードを郵送しないですぐに発行する方法を参考にしてください。

プロミスで借りる

いくらまで借入できるかは、審査結果の段階で伝えられますが、メールで審査結果を受け取っている場合は限度額の記載はないので、プロミスの管理画面で確認してください。

プロミスで即日融資できる3つの借入方法

プロミスでは時間に縛られない借入方法が3つあります。

早朝や夜間でも必要なときに現金を用意できるので、状況に合わせて使い分けができます。

セブン銀行で使えるスマホアプリ

セブン銀行ATMがあれば、プロミスのローンカードは不要となります。

プロミスの専用スマホアプリを使えば、セブン銀行ATMで24時間借り入れができるからです。

セブン銀行ATMは、コンビニのセブンイレブン、スーパーのイトーヨーカドー、その他にも駅や空港、商業ビルなど全国に2万台以上設置されています。

メガバンク、ゆうちょ銀行なら振込キャッシング

プロミスでは銀行振込が24時間できる振込キャッシングもあります。

銀行の営業時間外でも振込が即時反映されるので、銀行口座へ送金したい場合などにオススメです。振込手数料も無料です。

プロミスの振込キャッシングに対応している金融機関は、メガバンクやゆうちょ銀行など、対応範囲が広いのも利用者にとってメリットになります。

瞬フリ(振込キャッシング)対応の主要銀行
金融機関 受付時間
三井住友銀行 24時間振込可能
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行

ローンカードを作ればコンビニATMが利用できる

プロミスの契約後すぐにカードが欲しい場合は、街中にあるプロミスの無人店舗に行きましょう。

店舗の個室に設置してある自動契約機なら、その場ですぐにカード発行ができます。

ローンカードは郵送すると1週間前後かかりますが、すぐにカードが必要な場合は自動契約機でカード発行する方法がおすすめです。

プロミスで借りる

ローンカードの所有もできる

セブン銀行のスマホアプリ、振込キャッシング両方利用できない場合でも、ローンカードを発行すれば即日融資もできます。

自動契約機は22時(店舗によって21時)までなので、営業時間に注意しましょう。

プロミスで即日融資をした筆者の体験

①店舗入口 ②プロミスATM ③自動契約機

プロミスの店舗によっても営業時間が違います(①)。店舗内にはATMが設置されています。手数料無料です(②)。自動契約機がある個室内部のようす。画面タッチで手続きを開始します(③)。

筆者がプロミスをはじめて利用したのは2年ほど前ですが、ネット申し込みから自動契約機で契約して、そのままローンカードを発行しました。

当時はスマホアプリがなかったので、コンビニATMを使うにはローンカードが必須だったためです。

平日の午前10時くらいに申し込んで、30分ほどで審査や在籍確認が終わり、店舗に移動したり契約したりで12時前には10万円ほど借入れできました。

申し込みから借入までは1時間半くらいで実際に即日融資ができました。他の口コミや体験談でも1時間前後が多いようですね。

土日でも即日融資できる在籍確認の方法

土日や祝日でも即日融資はできますが、そのためには在籍確認が問題になってきます。

週末は一般企業の休業日になっているので、その場合は会社へ電話連絡を行う在籍確認ができなくなります。

これを解決するための方法としては「プロミスに相談してみる」しかありません。

ネット申し込みをした後に、電話以外の方法で在籍確認ができないかを相談してみてください。

例外として在籍確認を書類で代用できるケースもあります。

社会保険証や給料明細などが代表的なものになりますが、担当者の指示に従いましょう。

土日の在籍確認は個別対応となる

プロミスはこのような柔軟な対応を行ってもらえることもあります。

ですがあくまで例外的なケースで、こちらの要望に沿えないこともあると覚えておきましょう。

プロミスの即日融資で失敗するケース

プロミスの即日融資で失敗しないために、即日融資できなかった事例をいくつか紹介します。

同じような状況になっていないかをチェックしてみましょう。

申し込みが遅くて審査受付に間に合わなかった

プロミスの審査が行われるのは9時~22時までです。

審査回答までの時間は最短でも30分とされているので、できれば21時には申し込みを完了したいところです。

こういった時間ギリギリになると「書類に不備や不足がある」だけで致命的です。また「審査が混みあっている」こともあります。

即日融資には、申し込み時間はなるべく早く!がとても重要になります。

在籍確認で本人確認がとれない

土日・祝日など会社が休みのときは、すでに説明したとおり電話以外の在籍確認を相談しましょう。

会社が休業日以外の在籍確認の際に、本人確認でつまづいてしまうこともあります。

代表的なものとして、

  1. 電話窓口がある企業
  2. 派遣社員の連絡先

の2つがあります。

電話窓口がある企業

電話窓口がある企業は、要件などを聞かれたり私用電話を取り次いでもらえないこともあるので、あらかじめ窓口で対応する人につなげてもらえるように手配しておきましょう。

派遣社員の連絡先

派遣社員は実際に働いている出向先、または派遣元どちらを勤務先情報として記入すればいいのか悩むこともあります。

プロミスでは勤務先名として派遣元の会社名を入力することになっているので、勤務先の電話番号も派遣元にします。

派遣元は個人情報保護の目的で、誰が派遣登録しているかを外部に明かさないこともあります。事前に派遣元の担当者に「クレジットカードの在籍確認で自分宛に電話がある」と伝えておくと在籍確認がスムーズになります。

安定した収入とは

カードローンの申し込みには年齢制限と、毎月安定した収入があることが条件になっています。

ここでいう安定した収入とは、毎月の給料収入のことを一般的に言い、単発や日雇いバイトは基本的には安定収入とはみなされません。

そのかわりパートや学生のアルバイト、フリーターなど一般的に給料所得が低い人でもカードローンができます。

安定収入とは年収額の大小ではないので、数万円でも毎月の収入があれば問題ありません。

過去の返済トラブルが原因で審査に落ちる

プロミスの審査では個人信用情報も確認されます。

過去に携帯電話の支払いや、クレジットカードの返済で事故情報(ブラックリスト)になったことがあると、審査に落ちる可能性があります。

またカードローンの申し込みが短期間で複数社になると、申し込みブラックとして審査に不利になることもあります。

同じ時期にキャッシングに申し込みをするのは、2社程度にしておくのが安心です。

申し込みブラックは6ヶ月で解消されるので、可能性が疑われる場合は一定期間待ってみるのもいいでしょう。

専業主婦は審査に落ちる

専業主婦はプロミスに申し込みができません。

消費者金融は申し込みした本人に収入があるのが申込条件になっているため、アコムアイフルSMBCモビットでも同様です。

一部の銀行カードローンでは「配偶者貸付」が認められている銀行もあります。

配偶者である夫や妻に安定した収入があれば、申し込みができることもあります。

プロミスで借りる

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

プロミス
アイフルとプロミスの特徴を全9項目で比較!どちらがおすすめかの結論はこれでした
プロミス
深夜もOK!24時間キャッシングできるプロミスアプリローン5つの特徴
プロミス
プロミスの返済方法と手数料 – コンビニATMや銀行振込
プロミス
プロミスの返済金額を計算!利息を減らす・金利を下げるには?
プロミス
プロミスはパート・アルバイト、派遣も借りれる!審査や在籍確認のポイント
プロミス
プロミスは学生もバイトをすれば即日に借りられる!学生審査のポイント
プロミス
プロミスの審査に落ちて借り入れできない人が見直すポイント
プロミス
審査結果3秒!プロミスは時間外でも借入診断で審査できる
プロミス
プロミスで年収ゼロの無職や専業主婦の審査・借入はOK?
プロミス
プロミスの営業時間まとめ!無人店舗の審査・ATMは何時まで?
プロミス
プロミスのビジネスローンは自営業者向けのカードローン!法人向け融資は無い
プロミス
[増額の申込み~審査 ] プロミスの限度額変更の流れ
プロミス
プロミスで金利ゼロの無利息で借りる方法と条件・ポイントの使い方
プロミス
プロミスのローンカードの即日発行の方法と使い方
プロミス
プロミスの自動契約機で1時間で借りる方法!カード発行と必要書類について

カードローンを探す