[審査時間と在籍確認] オリックス銀行カードローン審査の流れ

オリックス銀行カードローンはインターネット申込みをした後に審査があります。
審査には2種類あります。

  • 申込み時に申請する本人情報(仮審査)
  • 勤務先への在籍確認(仮審査通過後)

審査にかかる日数や保証会社など審査のポイントを確認していきます。

申込み時に申請する本人情報(仮審査)

審査基準の中心は、申込み時に記載した本人情報になります。

一般的に属性情報などと言われますが、ポイントとなるのは「信用情報」「年収」「勤務先の規模」「勤続年数」「希望借入額」です。

ここが審査で一番のキモとなり、8割以上はこの審査で融資判断が決まるといっても過言ではありません。

参考:カードローンの審査項目と審査基準

勤務先への在籍確認(仮審査通過後)

本人情報の仮審査が通ると勤務先へ電話があります。いわゆる在籍確認があります。個人名でかけてくるので通常はカードローンの在籍確認だと周囲に分からないよう配慮をしてくれます。また、やむを得ず外出していても在席の確認が取れれば完了します。

増額の審査は?

融資額を増やしたい場合は増額申請もできます。その場合も所定の審査があります。

審査基準について!厳しい?甘い?

主要な銀行カードローンの審査で甘いということはありません。消費者金融においても貸金業法改正により限度額の設定やグレーゾーン金利廃止など、無理な貸付はできません。

審査で重視されるポイントに違いがあり、それが人によっては有利、不利になることはあるかもしれません。

保証会社が2つある

保証会社とはオリックス銀行とは別に審査を行う会社です。銀行系カードローンの場合は消費者金融が保証会社になっているケースもあります。

オリックス銀行カードローンは2つの保証会社があります。

  • オリックス・クレジット株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

オリックス・クレジット株式会社はオリックス銀行と同じオリックスグループで「オリックスVIPローンカード」というカードローンを提供しています。オリックス銀行カードローンとは全く別になります。

新生フィナンシャル株式会社は新生銀行グループで「新生銀行カードローン レイク」の保証会社でもあります。「新生ファイナンス」という金融業者も存在し全くの別会社となります。公式サイトには注意喚起があります。

どちらの保証会社になるかは選べません。「信用情報」「年収」「勤務先の規模」など本人情報で変わるとの情報もあります。

審査にかかる時間と日数

審査の時間はあまり早くないため、土日・祝日が間に入る場合は1週間ほどを見込んだ方がいいでしょう。

申込みから借入まではさらに数日かかるので、借入までは1週間以上かかります。カードローンの中では遅い方でスピードを重視する人には向きません。急いで借りたい人は即日融資ができるカードローンを探した方がいいでしょう。

即日融資ができるカードローン

各社の融資スピード

その日に借りれる即日融資は主要カードローンでも多くあります。

カードローン 借入日数
プロミス 最短即日融資
アコム 最短即日融資
SMBCモビット 最短即日融資

審査結果はメールか電話

カードローンの仮審査結果は受信確認したメールにきます。メールの受信確認をしていない場合は電話か書面できます。

職場にバレる?在籍確認の電話連絡について

申込み後の仮審査に通ると、勤務先の職場へ電話連絡がきます。オリックス銀行ではなく個人名でかかってきますので同僚バレの心配は少ないです。

オリックス銀行カードローンでお金を借りるには、在籍確認の電話連絡は避けられません。どうしても避けたい人は在籍確認が電話連絡以外でも可能なカードローンを検討してみてください。

電話以外の在籍確認ができるカードローン

カードローン 条件
プロミス 電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

*ご要望に添えない場合もあります。

SMBCモビット WEB完結申込で電話連絡なし、郵送物なし

審査に落ちた人はポイントを見直してみよう!

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた場合は、再度申し込みをしても通過する見込みは少ないので、別のカードローンを検討するのも一つの方法です。

審査を行う保証会社が変われば審査で重視しているポイントも変わるので、別のカードローンなら通る可能性があるからです。

かと言って、短期間に複数の申し込みを行うのは審査に悪影響になります。2回目以降の申し込みは6ヶ月ほど空けるのが申込みブラックにならないポイントです。

カードローンの申込みも個人信用情報に残ります(信用情報に残るのは普通のことで何の問題もありませんが、短期間で複数の申込みは何かあるのかと思われます)ので多くても2~3社までに抑えましょう。

関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す