[返済方法と種類、手数料] オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの返済方法と種類

オリックス銀行カードローンは、毎月の返済額は7000円からで、返済方法は3種類あります。

  • ATMへ入金
  • 口座引落
  • 口座振込

ATMへ入金

契約後に送られてくるローンカードを使って、提携ATM(スーパー・コンビニATM)に直接入金して返済ができます。

提携ATM

提携ATM
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
西日本シティ銀行
ゆうちょ銀行
Enet

コンビニ・スーパー

コンビニ・スーパー
セブンイレブン(セブン銀行)
ファミリーマート
ミニストップ
スリーエフ
ポプラ
ローソン
デイリーヤマザキ
セーブオン
コミュニティストア
イオン

返済専用口座への振込み

返済専用口座へ振込ができます。
返済専用口座は専用サイト「メンバーズナビ」から確認ができます。

口座振替(自動引き落とし)

口座を事前に登録しておくことで毎月の返済日に自動引落ができて便利です。
ただし口座引落ができない金融機関があるので注意が必要です。

口座引落ができない金融機関
ゆうちょ銀行
商工中金
農林中央金庫
オリックス銀行
セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行
シティバンク銀行等の外資系銀行

返済時にかかる手数料

オリックス銀行カードローンでは返済方法によっては、返済額以外に手数料が必要なケースがあります。
手数料が無料、有料それぞれを確認します。

手数料なし

提携ATM利用

提携ATM(スーパー・コンビニATM)での利用は全て無料です。

口座振替(自動引き落とし)

口座振替の手数料も無料です。返済額以外のお金は必要ありません。

手数料がかかる

返済専用口座への振込手数料は利用者負担

唯一、手数料が必要なのは口座振込みによる場合です。振込みによる返済には金融機関への手数料がかかります。利用する金融機関を個別に確認してください。

返済日と繰り上げ返済(増額返済)

返済日

返済日は毎月10日、または月末のどちらかを選べます。翌月の返済額が確定した後、その期日までに返済します。

繰り上げ(増額)返済・一括返済

決まった額よりも多めに返済することも、一括で全て返済することもできます。

  • 提携ATM、口座振込の場合は入金するタイミング(返済額が確定した前後)で返済の増額かどうか
  • 口座引落は会員ページの「メンバーズナビ」から増額返済の申込みをすることで、毎月の返済額にプラスして返済することができます。

返済方式と返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンの返済方式と返済額です。

返済方式

残高スライドリボルビング方式

借入残高によって毎月の返済額が変わる方式です。

借入残高と毎月の返済額

借入残高 毎月の返済額
30万円以下 7,000円
30万円超
50万円以下
10,000円
50万円超
100万円以下
20,000円
100万円超
150万円以下
30,000円
150万円超
200万円以下
35,000円
200万円超
250万円以下
40,000円
250万円超
300万円以下
45,000円
300万円超
400万円以下
50,000円
400万円超
500万円以下
60,000円
500万円超
600万円以下
70,000円
600万円超 80,000円

残高が少ないと返済額も少なくて返済が楽なように感じますが、その分返済期間が長くなり利息も多くなります。支払額を減らすコツはできるだけ繰り上げ返済(増額返済)をして利息を膨らませないことです。

余裕がある時やボーナスが入った時に繰り上げ返済で多めに返していくのがポイントになります。

オリックス銀行カードローンの詳細情報


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す