[金利比較・利息計算] オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの金利は3.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンの金利は最低3.0%で上限17.8%。利用限度額は最大800万円で大口融資を希望する人に人気のカードローンです。

気になる点は上限金利が銀行カードローンにしては高めに設定されている点です。金利は利用限度額で変動し、利用限度額が少ないと上限金利近くになり、利用限度額が多いとが最低金利に近くなります。

利用限度額による金利の変動

利用限度額に応じた金利一覧を表にしました。

利用限度額 実質金利(年)
700万円超800万円以下 3.0%~4.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 6.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 9.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8%

利用実績がまだない状態では設定金利の最大値になることが多いようです。
例)利用限度額が200万円の場合は12.8%

他社と比較すると最低金利は安いが上限金利が高い

他の主要なカードローンと金利を比較した場合はどうでしょうか。

銀行系カードローンの金利

銀行名 実質金利(年)
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

消費者金融系カードローンの金利

企業名 実質金利(年)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

メガバンクの銀行カードローンと比較すると上限金利が高く、消費者金融のカードローンとあまり変わりません。
少額の借入だと上限金利あたりに金利が設定されるので、低金利を目指す場合は他の銀行カードローンの検討をおすすめします。
最低金利は業界でも最安帯なので、借入額が多い場合は利用を検討してもいいのではないでしょうか。

借入できる上限額と注意点

オリックス銀行カードローンの借入できる上限額は800万円です。ただし誰でも上限いっぱいまで借りられる訳ではなく審査も相応に厳しくなります。年収が高いのは当然として属性情報や過去の返済歴など信用力が重視されます。初めての利用で上限額を目指すのはあまり現実的ではありません。

その他の主要カードローンの利用限度額を比較してみましょう。

銀行系カードローンの利用限度額

銀行名 利用限度額
オリックス銀行カードローン 最大800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 最大500万円
三井住友銀行カードローン 最大800万円

消費者金融系カードローンの利用限度額

企業名 利用限度額
プロミス 最大500万円
アコム 最大500万円
アイフル 最大500万円
モビット 最大800万円

オリックス銀行カードローンと他社を比較すると利用限度額は多い方だとわかります。消費者金融ではモビットが利用限度額が多い結果になりました。

増額申請と金利

初めて利用する場合は希望限度額よりも少なく設定されることもあります。限度額を増やしたい場合は増額の申請をすることで限度額を引き上げることができます。増額にも審査があり、少なくとも半年以上の返済実績があった方が良いとされています。オリックス銀行カードローンではカードデスクへの電話で申請することができます。

低金利を目指したおすすめの利用方法は?

オリックス銀行カードローンは少ない利用額になると上限金利に近くなりおすすめできません。しかし最低金利が業界でもトップ水準のため、利用限度額が多い場合は検討してもいいと思います。具体的な利用方法としては、おまとめローンや借り換えなどで複数の返済を一本化して金利を下げるやり方です。

おまとめローン、借り換えとして利用

少額の借入が複数ある場合は、一つにまとめることで金利を下げて総返済額を減らせる可能性があります。消費者金融や銀行カードローンなどの無担保ローンは、住宅ローンのように借り替えに伴う諸経費(保証料や事務手数料など)がかかりません。元の金利と比較して1%以上下がるなら検討する価値は大いにあります。

専用ローンを利用

オリックス銀行カードローンで借りたお金の使い道は自由ですが(事業性資金を除く)、自動車購入費や結婚・ブライダル資金、教育費などは専用ローンがあります。専用ローンは金利が低い事も多いため、それらを使い分けて利用するのも金利を下げるコツです。

オリックス銀行カードローンの詳細スペック


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す