カードローンの必要書類とは?本人確認書類や収入証明書類について

[更新日]

免許証かパスポートがあればOK!他に身分証明できる書類でもいいよ

カードローンの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つです。本人確認書類だけでもカードローンに申し込みができます。

本人確認書類とは

「本人確認書類」は運転免許証やパスポートなど、公的な機関が発行する身分証明書のことです。運転免許証以外にも保険証+住民票セットで認められる書類もあります。

収入証明書類とは

「収入証明書類」は条件しだいで必要となる書類になります。原則不要ですが、カードローンで借りたい金額が大きい(50万円以上など)と提出を求められます。

収入証明書類は「源泉徴収票」や「給料明細」が代表的ですが、希望する融資額が少なければ必要ない場合がほとんどです。

必要書類の種類、提出方法がわかる

本人確認書類の種類や収入証明書類の取得方法、発行できる機関をまとめています。

また、いつまでに準備をしてどのタイミングで提出すればいいのか、具体的な流れも紹介しています。

カードローンの本人確認書類

身分証明書を準備しよう:「運転免許証・パスポート・健康保険証」の画像

カードローンの審査に必要な書類です。申込者本人が確認できる公的機関の発行する写真つきのものが求められます。

収入証明書類は提出しなくてもいいケースも多いですが、本人確認書類は絶対に必要です。

カードローン各社の必要書類

一般的に運転免許証か顔写真付きのパスポートならどちらか1つだけで本人確認書類となります。

顔写真のない保険証には、公的な身分証明書を補完して、2通セットでようやく本人確認書類となっているカードローンが多くなっています。

大手消費者金融のカードローンで、本人確認書類として有効なものをまとめました。

SMBCモビットの本人確認書類

モビット

SMBCモビットは健康保険証1通だけでも本人確認書類として認められています。運転免許証もパスポートも必要ありません。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

大手消費者金融のなかでSMBCモビットの「カード申込」だけが、健康保険証1通で本人確認書類として有効となっています。

SMBCモビットで借りる

アイフルの本人確認書類

アイフル

アイフルの本人確認書類です。アイフルでは年金手帳や母子健康手帳も2点の提出で認められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+年金手帳
  • 健康保険証+住民票
  • 健康保険証+公共料金領収書
  • 健康保険証+母子健康手帳
  • 年金手帳+母子健康手帳

アイフルの補足書類

本人確認の書類に記載されている住所と、現在のお住いが異なる場合は以下より原本が1点必要です。

  • 現住所が記載されている本人確認書類(パスポート、健康保険証、年金手帳、母子健康手帳など)
  • 公共料金領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)※
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

※ 直近2回分までのもので、領収押印があるもの

アイフルで借りる

アコムの本人確認書類

アコム

アコムの本人確認書類は個人番号カード(マイナンバーカード)も1通の提出で認められます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証+住民票
  • 健康保険証+公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)
  • 健康保険証+納税証明書

アコムの補足書類

本人確認書類にある住所と現住所が違う場合は、現在お住いの住所が記載された書類も提出しましょう。

  • 住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
  • 公共料金の領収書(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK)
  • 納税証明書

アコムで借りる

プロミスの本人確認書類

プロミス

プロミスの本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+1点(住民票)

1通でもいいのは運転免許証とパスポート、健康保険証は住民票などの公的書類とセットで本人確認書類となります。

プロミスの補足書類

本人確認書類に記載されている住所と現在の住所が違う場合は、新しい住所が書かれた書類のコピーも一緒に提出します。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

プロミスで借りる

運転免許証・パスポートの他に本人確認書類となるもの

運転免許証、パスポート持ってない

運転免許証の交付を受けていなかったり、旅券(パスポート)を持っていないくても、カードローンの本人確認書類として利用できる公的書類は他にもあります。

個人番号カード(マイナンバーカード)

個人番号(マイナンバーカード)

個人番号カード(マイナンバーカード)も、本人確認書類として使えます。顔写真と氏名、住所が記載された表面を提出します。

通知カードはNG

通知カード

マイナンバー制度がはじまった際に、市区町村から交付通知書と通知カード(顔写真がない保険証のような見た目)が送られてきました。

これはマイナンバーカードを交付する際の書類なので、本人確認書類としては利用できません。

マイナンバーカードの交付方法

マイナンバーカードは無料で交付できます。申請方法は郵送やパソコン・スマホなどでも手続きできますが、通知カード発行などを含めると概ね1ヵ月以上かかるので、時間がない時には別の方法がおすすめです。

住民基本台帳カード(住基カード)

住民基本台帳カード(住基カード)

マイナンバーカードの発行にともない、住基カードの新規発行は平成27年12月で終了になりましたが、有効期限内で顔写真付きなら現在も本人確認書類として有効です。

免許証の代わりになる運転経歴証明書

運転経歴証明書

運転経歴証明書は免許証の代わりの公的な本人確認書類として有効です。

運転経歴証明書の取得先

現在お住いの各都道府県の運転免許センターから発行ができます。

健康保険証と住民票など2点で本人確認書類になるもの

健康保険証は住民票とセットが王道「顔写真なしでもOK!」

マイナンバーカードや住基カードのように顔写真付きの本人確認書類を持っていなくても、健康保険証のような顔写真がない書類でも本人確認書類として認められています。

その場合は「保険証+1点(住民票などの公的な本人証明)」のように、2通セットで本人確認書類として認められるケースが多くなっています。

※ カードローン各社で若干の違いはあるため、最終的には公式サイトで確認をしてください。

健康保険証+住民票の写し

住民票の写し

健康保険証+公的証明書の2点セットでは、住民票が有効となることが多くなっています。

発行日より6か月以内で、本籍地、マイナンバー、住民票コードがないものを準備しましょう。

住民票を窓口で取得

現在お住いの市役所・区役所の窓口や郵送で発行が可能です。窓口なら手数料300円、郵送は郵便局で定額小為替を購入して手数料とし、申請書、返信用封筒(住民記入・切手貼付)、保険証のコピーも同封します。

申請書は市区町村の公式サイトからダウンロードできるようになっています。

住民票をコンビニで取得

証明書自動交付サービスの利用登録をしていれば、住基カードやマイナンバーカードでコンビニに設置されたマルチコピー機からその場で発行もできます。

住民票をコンビニで取得 

参考:地方公共団体情報システム機構 – コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)

健康保険証+公共料金の領収書

電気代の領収書

健康保険証と公共料金の領収書でも本人確認書類として認められているカードローンもあります。

領収書は電気料金、ガス料金、水道料金、固定電話料金、NHK受信料などになります。発行日より6か月以内の領収書を準備しましょう。

健康保険証+年金手帳

年金手帳

年金を受け取る手続きの際に必要となる年金手帳も、健康保険証とセットで本人確認書類となるカードローンもあります。

年金手帳は普段利用する機会もないため、保管場所を忘れたり紛失してしまったりということもありますが、その場合は再発行も可能です。

年金手帳は即日で再交付できる

年金手帳の再交付は郵送でもできますが時間がかかります。すぐに必要な場合は年金事務所の窓口から再交付の申請をすれば、その日のうちに年金手帳を手にできます。

再交付には本人確認が必要となるので、健康保険証+通帳などを準備しておくといいでしょう。

日本年金機構:全国の年金事務所一覧

健康保険証+母子健康手帳

母子手帳

妊娠の診断を受けた方は市区町村から母子健康手帳を受け取りますが、健康保険証とセットで本人確認書類となるカードローンもあります。

健康保険証+戸籍謄本(抄本)

戸籍謄本

戸籍謄本と健康保険証でも本人確認書類となるカードローンもあります。

戸籍謄本の取得先

戸籍謄本は戸籍の本籍地にある役所で取得できます。手数料は1通につき450円必要です。

現住所と本籍地が異なるのはよくあることなので、本人確認書類の準備としては取得するまでの時間や手間がかかる方法となります。

外国籍の方はさらに追加書類が必要

日本在住であれば外国籍の方もカードローンを利用できます。

外国籍の方はこれまで説明してきた本人確認書類に加えて、さらに「特別永住者証明書」または「在留カード」のどちらか1点を準備しておきましょう。

特別永住者証明書

特別永住者証明書

特別永住者証明書は、これまでの外国人登録証明書に代わる証明書です。特別永住者証明書は表面に氏名、生年月日、国籍などが記載されています。

在留カード

在留カード

日本に在留する期間が3カ月を超える、中長期滞在者に対して交付される証明書です。在留カードの表面には、氏名、在留資格,在留期間,就労の可否などが記載されています。

免許証や保険証の住所と現住所が違う場合

引っ越しで本人確認書類に書かれた住所と、現在の住まいが異なる場合は、現住所が証明できる書類も提出します。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

発行から6カ月以内のものを準備しましょう。

免許証や保険証などの提出方法とタイミング

「スマホで送信!」本人確認書類の提出方法はアップロードか無人店舗

カードローンの本人確認書類は通常2つの方法で提出ができます。

本人確認書類や収入証明書などを提出するタイミングは、申し込みの後になります。

WEBでアップロード

簡単で早いのが、スマホのカメラで本人確認書類を撮影して送信する方法です。専用のアプリや申し込み後に送られてくるメール記載のURLから手続きができます。

カメラの撮影ではピンボケや反射しないよう、はっきり写っているか確認しましょう!

また、書類に個人番号(マイナンバー)や本籍地が記載されている場合は、塗りつぶすなどして隠すようにしましょう。

マイナンバーを塗りつぶす

無人契約機で提出

本人確認書類を無人店舗に持参すれば、店舗内に設置された契約ルームから書類提出ができます。

契約機の読み取り機に書類を設置して、読み込ませることで手続きを行います。

契約機に本人確認書類を読み込ませる

申し込みは契約機でもできますが、ネットで先に済ませておくほうがスムーズです。

原則としてカードローンの申込には本人確認書類だけでいいのですが、借入金額が多くなると収入証明書の提出が義務付けられています。

カードローンの収入証明書が必要なとき

【収入証明書はこんな時に必要】・借入希望額が50万円以上・借入総額が100万円以上。「原則不要だよ」

少額の借り入れであれば、収入証明書が不要な場合もありますが、高額であったり複数のローンを利用する場合には準備する必要があります。

50万円以上の借り入れを希望する場合や、今回の借り入れを加えた借入総額(他所を含めた)が100万円を越える場合は収入証明書が必要になります。

収入証明書が必要になる条件は、貸金業法で定められているので各消費者金融に違いはありません。

収入証明書として有効な書類

収入証明として有効な書類は、こちらから1点準備しておきましょう。

  • 給料明細書、直近の2ヶ月分
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)

会社から給料を受け取っている「給与所得者」の場合、「給料明細書」「源泉徴収票」が最も身近ではないでしょうか。

職業がフリーランスや自営業の場合は、「課税証明書」か「確定申告書」を用意しなければならないため、事前の準備をしておきましょう。

収入証明の取得方法と発行機関

主な収入証明書類の発行機関や取得方法をまとめています。

書類が手元にない場合など、収入証明書の準備が必要な際は以下を参考にしてください。

収入証明書類の発行先
収入証明書 発行先
給料明細書 勤務先
源泉徴収票 勤務先から年末調整の時期に配布
確定申告書 税務署(所得税の確定申告をした際に受け取った「控え」)
所得(課税)証明書 住所がある地域の市役所・区役所で発行
税額通知書 毎年5月か6月頃。会社員ならなら勤務先から。フリーランスなら「住民税決定通知書」として市区町村から

必要書類の準備タイミングと提出方法

書類はいつ準備してどうやって提出すればいいの?「申込のあと?スマホでできる?」

本人確認書類、場合によっては収入証明書類は申し込みの前に準備をしておくと、その後の審査がスムーズです。

カードローンによって提出する段階は微妙に違いますが、契約までは概ねこのような流れになっています。

  1. 公式サイトで申し込み
  2. 書類提出
  3. 審査
  4. 契約手続
  5. 借り入れ

書類を提出するタイミングとしては、申し込みの後になります。

書類をすべて提出してから審査が行われるので、今すぐに借りたい時や夜間で急いでる状況なら、申し込みの段階から準備をしておきましょう。

書類の提出方法としては2つあります。

写真をとってアップロード

簡単で手間もなく早いのはこちらです。写真を撮ってアップロードするだけで完了です。スマホカメラで書類の写真を撮ってサイトに送信できます。

申し込みの後に案内があるので、そのままスマホで手続きができます。

契約ルームに行って契約機で読み込ませる

無人店舗内にある自動契約機でも書類提出ができます。

店舗に必要書類を持参して、契約機の読み取り機に書類を設置して読み込ませます。

契約機の読み取り機の画像「書類をこの中に入れる」

外出先など書類撮影が難しい場合などに、契約ルームの利用がおすすめです。

書類の審査時間は最短30分

審査回答まで最短30分、借り入れまで最短60分

時間に余裕がない場合は、銀行カードローンよりも大手消費者金融がおすすめです。銀行カードローンの審査時間は最短でも翌日回答、一方で消費者金融は最短30分です。

5万円や10万円などの少額融資なら、免許証やパスポートだけですぐに申し込みできます。

借り入れも最短で1時間なので、すぐにお金を借りたい時には、大手消費者金融なら安全面でも信頼できます。

消費者金融の中でもプロミスなら、銀行が休みの土曜日や日曜日、さらに平日21時くらいまでの申し込みなら即日融資も可能です。

はじめての契約だと30日間の無利息期間ももらえるので、短期間なら銀行カードローンよりも利息が少なくなっておすすめです。

プロミスの詳細はこちら

保険証の種類と見分け方について

【保険証の種類と見分け方】

保険証には国民健康保険や社会保険、後期高齢者医療制度の大きく3つの種類があります。

このなかでカードローンに関わってくるのは社会保険で、審査の1つである在籍証明に利用できるケースがあります。

社会保険証のメリットは職場への電話がなしに

保険証の種類が社会保険だと、在籍確認の電話連絡を書類で代用できるようになります。
どういうことかというと、通常は審査の一環で勤務先への電話連絡をして勤務実態を確認するのですが、社会保険証を提出すれば勤務先への電話連絡がなくなります。

勤務先への電話連絡がなくなるので、勤務先に私用電話がかかってほしくないという人にメリットがあります。

一応補足をしておくと在籍確認は「カードローン会社ではなく本田などの個人名」でかかってくるので、本人以外が電話に出てもキャッシングとは分からないように十分配慮されています。

その他のメリットとしては、電話連絡の際の不手際のリスクがなくなることや、省略されることでより審査が早く進むなど挙げられます。

職場への電話でカードローンとは周囲にバレない!「いろいろと配慮してます」

社会保険証で電話確認がなくなるのは、SMBCモビットのWEB完結申込になります。

社会保険証以外にも銀行口座を持っていることなどの条件があるので、興味があればまとめた記事を確認してみてください。

SMBCモビットで電話連絡なしで借りられる在籍確認の方法を徹底解説!

SMBCモビットで電話連絡なしで借りられる在籍確認の方法を徹底解説!「カードローンに申込みをしたいけど、職場への在籍確認が気になる・・・。」そんな方には職場への電話連絡がないSMBCモビットの「web完結申込」がおすすめです。SMBCモビットのweb完結申込みの流れと注意点、在籍…

またプロミスやアイフルは、勤務先への電話確認を書類で代用できることもあります。申し込みの後に電話して相談してみましょう。

※ ご要望に沿えない場合もあります。

社会保険と健康保険の見分け方

職業で見分ける方法として社会保険は会社員・教職員・公務員やその家族、国民健康保険は無職や自営業の人となっています。

フリーター学生派遣社員の方などは勤務先にもよります。

また社会保険か国民健康保険のどちらかなのかは、見た目でも簡単に判断できます。

画像の枠内にある「保険者名称」を確認してみてください。健康保険なら住んでいる市区町村になっていますし、それ以外なら社会保険になります。

【社会保険証の画像:協会けんぽ、組合保険】【国民健康保険証の画像】「オレンジの枠に注目!」

社会保険は保険者名称が、健康保険協会や共済組合となっています。

保険証の種類と保険者名称
種類 保険者名称
国民健康保険 住んでいる市区町村
社会保険 共済組合
健康保険組合
協会けんぽ

まとめになりますが、カードローンのキャッシングには免許証やパスポートがあれば申し込みの条件はほぼクリアです。

免許証なしでも、カードローンの申し込みはできますし、免許証の代わりにマイナンバーカード、または保険証1通でもOKなカードローンもあります。

契約したいカードローンで、必要書類がどのようになるかを事前に知っておきましょう。

大手カードローン各社の本人確認書類
カードローン 1通で有効 2通必要
プロミス ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票
アイフル
アコム
SMBCモビット ・運転免許証
・パスポート
健康保険証

すぐに借りたい場合は、申し込みは午前中に済ませておくか、夜間でも20時くらいなら即日融資も可能なので、ネット申し込みはで早めに済ませておくのがポイントです。

プロミスのネット申し込みで即日融資!土日・夜間も借りる方法

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンの知識
アコム・プロミス・レイクALSA・アイフルの特徴を9項目で徹底比較!
カードローンの知識
専業主婦が借りれるカードローンのメリット・デメリットを比較
カードローンの知識
今月の家賃が払えない!今すぐできる問題解決のための対処法3つ
カードローンの知識
プライベートにも利用できる個人事業主やフリーランスでも借りれるカードローン
カードローンの知識
携帯代が払えないと強制解約よりもひどいことに!今すぐできるお金の作り方
カードローンの知識
今すぐ3万円借りたい時におすすめの方法|土日や夜間でも借入OK!
カードローンの知識
100人を調査!カードローンの借金が絶対にバレない完全マニュアル
カードローンの知識
派遣社員がカードローンでキャッシングする方法と審査に通るポイント
カードローンの知識
日雇いや短期バイトでもカードローンでお金を借りるポイント
カードローンの知識
カードローンは申し込みだけ・作るだけで借り入れなくてもデメリットなし?
カードローンの知識
運転免許証がない?カードローンは健康保険証だけでお金を借りれる
カードローンの知識
引っ越したいけどお金がない!?引っ越し費用の借り方と稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円借りたい時にカードローンで安全に借りる方法
カードローンの知識
学生も即日融資!おすすめは消費者金融のカードローンでお金を借りる
カードローンの知識
無利息キャッシングできるカードローン5社を比較!金利ゼロで得をする方法

カードローンを探す