SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?

SMBCモビットを含め、カードローンは銀行や消費者金融から現金を借入れる事を目的としていますが、クレジットカードはショッピングの支払代金をカード会社に立て替えてもらうためのものです。

クレジットカードのキャッシング枠

そもそも、クレジットとは「信用」という意味で、契約者の信用を基にカード会社は支払代金の立て替えを行います。

すると、現金がなくてもレジでカードを出すだけで支払いができるようになり、立て替えてもらった代金については、後日自分の口座から引き落とされる仕組みとなっています。

ちなみに、クレジットカードには買い物をするためのショッピング枠の他に、お金を借りるためのキャッシング枠もありますが、メインはあくまでショッピング枠なので、キャッシング枠は付帯サービスのような位置づけです。

カードローン

一方、カードローンは借入を行うためのものなので、ローンカードをレジで出したところで支払いはできません。

買い物をしたい場合は、専用カードを使いあらかじめATMなどから現金を借り入れておく必要がありますが、現金ならクレジットカードが使えない場面でも幅広く対応可能です。

「SMBCモビット」と「クレジットカードキャッシング」の6つを比較

お金を借りたい場合は、SMBCモビットのカードローンとクレジットカードキャッシングどちらが良いのでしょうか。

それぞれの特徴を分かり易くまとめました。

金利を比較

会社名 金利/実質年率
SMBCモビット 3.0%~18.0%
三井住友カード 15.0%~18.0%
三菱UFJカード 14.50%
ジャックスカード 18.00%
楽天カード 18.00%
JCBカード 15.0%~18.0%
オリコカード 15.0%~18.0%

SMBCモビットの金利は限度額によって、3.0%~18.0%の間で設定されます。

一方、クレジットカードの場合、金利はカード会社によって異なるものの、相場としてはキャッシング枠100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%程度となっています。

キャッシング金利はまず上限金利を比較するのがポイントですが、SMBCモビットもクレジットカードキャッシングも18.0%程度とほぼ同じ水準です。

限度額を比較

SMBCモビットの限度額は最高800万円、クレジットカードキャッシングは100万円以内の会社が多いので、借入限度額については断然SMBCモビットのほうが高額です。

ちなみに、クレジットカードキャッシングの限度額100万円というのはあくまで上限なので、実際は30万円~50万円という方が比較的多いようです。

限度額にこれほど差があるのは、SMBCモビットはローン専用サービスなのに対し、クレジットカードはあくまでショッピングがメインのサービスであることが理由の一つでしょう。

ただし、どちらからの借入も総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の金額を借りることはできません。

もしも、現時点で他のカードローンやキャッシングサービスを利用している場合は、その金額を含めて年収の3分の1までとなるので注意して下さい。

総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン

総量規制について 総量規制は多重債務問題の解決と、個人融資を安心して利用できるよう貸金業法の改正で導入されまし … 続きを読む SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?

融資スピードを比較

キャッシングが必要な場面というのは緊急性が高い場合が多いので、申込後いかにスピーディーに借入ができるかは非常に大きなポイントです。

その点、SMBCモビットの審査は最短30分と早く振込キャッシングも可能なので、スムーズに行けば申込から1時間以内にまとまった金額を用意することができます。

一方、クレジットカードの場合は自分のカードにキャッシング枠が設けられているかどうかで、融資までのスピードが変わってきます。

もしも、既にキャッシング枠があるカードを持っていれば近くの提携ATMやインターネットからすぐに借入ができますが、これからキャッシング枠を申込む場合は審査に数日かかる場合が多いです。

ですので、クレジットカードにキャッシング枠があればクレジットカード、キャッシング枠がなければSMBCモビットの方が、融資までのスピードは早いということになります。

審査内容を比較

カードローンやキャッシングの審査は、主に申込者の信用情報や属性(年収、勤続年数、他社借入状況等)を基に行われます。

銀行カードローンは金利が低く審査も厳しい傾向にありますが、SMBCモビットとクレジットカード会社はどちらもノンバンク系の業者なので、審査内容や難易度にそれほど大きな差はありません。

審査の具体的なポイントとしては、信用情報に延滞や強制解約、債務整理といった事故情報が登録されていないか、年収や他社からの借入状況などに問題がないかなどをチェックし返済能力があるかどうかを判断します。

万が一、信用情報に問題がある場合は審査に通るのはまず無理なので、事故情報が消えるのを待って再申し込みをするほかないでしょう。

ちなみに、一度登録された事故情報は1年~5年は消えないため、延滞をしないことがまずは重要です。

カードローン審査で個人信用情報として確認される内容

個人信用情報に登録されるものとは 全てが個人信用情報に登録されるわけではありません。対象となるのは以下のような … 続きを読む SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?

また、延滞がない場合でも、他社からの借入件数が3~4件以上あると審査通過は厳しいと言われているので、借入が複数ある場合はおまとめローンの利用なども検討してみると良いかもしれません。

SMBCモビット審査の3つのポイントとカードローン審査に落ちてしまう人の特徴

SMBCモビット審査の3つのポイントとカードローン審査に落ちてしまう人の特徴SMBCモビットは大手消費者金融の一つとして非常に知名度が高いですが、審査の難易度も気になるところです。SMBCモビットの審査のポイントと、審査落ちしやすい人の特徴についてご紹介しています。審査通過率を上げ…

借入・返済方法を比較

まず借入方法ついては、どちらも提携ATMを利用する方法と振込キャッシングの2種類となっており、それぞれで特に大きな違いはありません。

返済方法に関しては、クレジットカードキャッシングは口座引落しが基本ですが、SMBCモビットは口座引落しに加え、提携ATM、振込の3つから選ぶことができます。

コンビニATMを使うほど損をする!SMBCモビットの返済を手数料無料で行う3つの方法

コンビニATMを使うほど損をする!SMBCモビットの返済を手数料無料で行う3つの方法SMBCモビットの返済方法にはコンビニATMや口座引落しなど全部で4つの方法がありますが、返済には手数料がかかる場合もあります。手数料がかからないお得な返済方法と、返済時に知っておきたい注意点をいくつかご紹…

返済方式を比較

クレジットカードキャッシングの返済は基本的に一括払いですが、SMBCモビットは毎月の借入残高に応じて定額を支払うリボ払いとなります。

正確には「残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれるもので、実際の借入残高に応じて毎月の返済額も変わっていく方法になります。

例えば、借入残高が10万円なら4,000円、20万円なら8,000円というように、借入残高が増えるにつれて返済額も増え、反対に借入残高が減れば返済額も減る仕組みとなっています。

ですが、クレジットカードキャッシングでもカード会社によってはリボ払いに変更ができるので、一括返済が難しい場合はカード会社に確認してみると良いでしょう。

SMBCモビットがおすすめのケース

クレジットカードよりも、SMBCモビットからの借入が向いているのはこのような場合です。

高額の借入をしたい

50万円や100万円以上のある程度まとまった額を借りるとなると、クレジットカードキャッシングでは限度額的に難しい場合がほとんとです。

仮に限度額が100万円以上だったとしても、クレジットカードのキャッシング金利が15.0%未満になることはあまりないので、この場合100万円借りても200万円借りても金利は同じ15.0%です。

しかし、SMBCモビットなら限度額に応じて最高3.0%まで金利が下がるので、高額の借入になるほど優遇された金利で融資を受ける事が可能になります。

クレジットカードにキャッシング枠はないが、即日融資を受けたい

「今すぐお金を用意したい」という場合、クレジットカードに既にキャッシング枠があれば改めて申込をする必要はないので、クレジットカードキャッシングが最も早く現金を手にする方法になります。

しかし、カードにキャッシング枠がない場合は申込と審査が必要なので、借入ができるようになるまで数日~1週間ほどかかります。

こういった場合は、即日融資に対応しているSMBCモビットがおすすめです。

図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法

図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法とにかく急ぐなら大手の消費者金融一択、審査時間は最短30分、借入までは最短1時間です。ネット銀行や地方銀行など大手カードローン各社の審査時間と比較し、最速でキャッシングする流れから銀行との金利差を最小に…

クレジットカードキャッシングがおすすめのケース

SMBCモビットよりも、クレジットカードでの借入が向いているのはこのような場合です。

少額の借入をしたい

必要な金額が数万円程度なら、クレジットカードキャッシングで問題ないでしょう。

大金を借りる場合と違い、少額であればSMBCモビットと金利は変わりませんし、一括返済をするにしてもそれほど大きな負担にはならないはずです。

もしも、一括返済が難しい場合は、リボ払いが可能かどうかカード会社に相談してみましょう。

借入件数を増やしたくない

ローンの申込をする際に必ず聞かれる項目の一つに、「他社からの借入状況」がありますが、ここにはクレジットカードのキャッシング枠も含まれています。

また、キャッシング枠については実際に借り入れをしているかどうかに関わらず、カードにキャッシング枠があるだけで借入件数1件としてカウントされます。

ですので、既にキャッシング枠があるカードを持っている状態でSMBCモビットに申込むと、他社からの借入件数は2件ということになり、審査時にマイナスな印象を与えやすくなってしまいます。

借入件数を増やしたくない場合は、クレジットカードキャッシングを利用するか、カードのキャッシング枠を外してからSMBCモビットに申込むと良いでしょう。

SMBCモビットの詳細

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間-
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、郵送、無人契約機、三井住友銀行内ローン契約機
提供SMBCモビット
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 即日融資可能 *1
  • パート・アルバイト、自営業の方も借りれる *2
  • 「WEB完結申込」なら郵送物なし!電話連絡なし
  • 三井住友銀行グループのSMBCモビット

*1 当日振込みには14:50までに振込手続きの完了が必要。審査結果によってはご希望に添えない場合がございます。
*2 安定した収入がある方ならお申込み可能です。


関連した記事

SMBCモビット
SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?
SMBCモビット
SMBCモビットをビジネスローンとして使うメリット・デメリット
SMBCモビット
SMBCモビットはおまとめローンや借り換えにアリ?銀行カードローンとの比較
SMBCモビット
SMBCモビットの金利は高い?10万・50万・100万円借りた時にかかる利息は?
SMBCモビット
SMBCモビットのスマホアプリでセブン銀行ATMからカードなしでキャッシングする方法
SMBCモビット
パート・アルバイト・派遣社員でもSMBCモビットで借りれる?職場への電話連絡を回避する方法は?
SMBCモビット
コンビニATMを使うほど損をする!SMBCモビットの返済を手数料無料で行う3つの方法
SMBCモビット
SMBCモビットローン申込機の使い方と最短で借入を成功させる方法を解説
SMBCモビット
SMBCモビットの営業時間は?即日融資のタイムリミットは何時まで?!
SMBCモビット
SMBCモビットに学生ローンはある?親バレを防ぐポイントと申込み前の疑問を解説
SMBCモビット
SMBCモビット審査の3つのポイントとカードローン審査に落ちてしまう人の特徴
SMBCモビット
SMBCモビットの利用限度額を増額するための3つのポイント|増額にもデメリットはある?!
SMBCモビット
内緒でお金を借りたい!SMBCモビットでの借入が絶対に誰にもばれない3つの理由
SMBCモビット
SMBCモビットの申込みに必要な書類と提出方法!健康保険証でも申込みOK
SMBCモビット
無職の専業主婦はSMBCモビットで借入はできる?主婦でも旦那にバレずに今すぐ借入れする方法と注意点

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す