SMBCモビットをビジネスローンとして使うメリット・デメリット

個人向けのカードローンは事業資金としての利用が認められていない場合も多いですが、SMBCモビットは資金使途に制限がないため事業資金の借入も可能です。

SMBCモビットの申し込み条件は「20歳以上69歳以下の安定した定期収入がある方」という一点のみなので、他のビジネスローンに見られる「業歴〇年以上」といった縛りもなく、個人名義での申込なので提出書類も一般的なカードローンと基本的に同じです。(個人事業主は公式HPからダウンロードできる「営業状況確認のお願い」が必要)

関連記事:法人向けカードローンは会社や個人事業主の資金繰りでアリ?

SMBCモビットをビジネスローンとして使う4つのメリット

SMBCモビットで事業資金を借りることには、以下のようなメリットがあります。

即日融資可能

SMBCモビットの審査は最短30分と非常にスピーディーなので、申込んだ当日に借入が可能です。

つなぎ資金の調達など会社経営において急ぎで資金が必要になる場面は少なからずあるので、即日融資というのは非常に有り難い限りです。

銀行ビジネスローンなどは借入れまでに1週間以上かかることも多いので、融資スピードの早さはノンバンク系ならではの魅力と言えます。

SMBCモビットで最短で借りる流れ

審査が柔軟

SMBCモビットなどの消費者金融は、銀行や公的機関に比べて金利が高いぶん審査は柔軟な傾向にあります。

銀行のように低金利で融資を行う場合、貸し倒れリスクを回避するために契約者の返済能力を厳しく見極める必要があります。

一方、消費者金融などのノンバンク系の場合は、金利を高くすることで貸し倒れリスクをある程度コントロールできるため、申込者の属性がそれほど良くなくても、金融事故などを起こしていなければ審査に通る可能性は十分にあります。

SMBCモビット審査の3つのポイント

web完結申込に対応

SMBCモビットの「web完結申込」ならインターネット上で申込から借入までの手続きが全て完結するだけでなく、電話連絡や郵送物なども一切発生しません。

インターネットで申込める業者はたくさんありますが、審査時の電話連絡も省略できるので借入までの時間がより短縮されますし、郵送物のやりとりをする煩わしさもありません。

ただし、web完結申込には以下のような条件があるので注意してください。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方
  • 以下の書類の写しを提出できる方

本人確認書類

運転免許証またはパスポート

収入証明書類

直近2ヵ月分の給与明細、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書のいずれか

勤務先の確認書類

社会保険証または組合保険証、直近1ヵ月分の給与明細

SMBCモビット「web完結申込」のメリット・デメリット!

担保・保証人不要

ビジネスローンは基本的に無担保で契約ができますが、法人の場合は代表者が連帯保証人にならなければいけないケースも多いです。

その点SMBCモビットに関しては申込はあくまで個人名義なので、法人かどうかに関わらず保証人を立てる必要はありません。

SMBCモビットをビジネスローンとして使う2つのデメリット

SMBCモビットで事業資金を借りる場合のデメリットは、以下のような点です。

総量規制の対象

本来、事業資金の融資を目的としているビジネスローンは総量規制の対象外となりますが、SMBCモビットはビジネスローンとうい扱いではないため、一般的なカードローンと同じく総量規制の対象となります。

ちなみに、総量規制とは「最大の借入額を年収の3分の1まで」とする規制で、貸金業法によって定められています。

つまり、SMBCモビットで借りられる金額は最高でも年収の3分の1までとなり、仮に年収600万円の人なら200万円まで、年収300万円の人なら100万円が最大の借入額となります。

SMBCモビットの最高限度額は800万円と高額ですが、800万円借りる場合は最低でも年収2,400万円以上必要になるので、なかなかハードルが高いです。

ある程度高額の借入を希望なら、総量規制対象外のビジネスローンを選んだ方が良いでしょう。

金利が高い

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%ですが、3.0%というのは最高限度額である800万円かそれに近い金額を借りた場合の金利です。

金利設定については、限度額10万~100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%が法律で認められている上限金利となっており、SMBCモビットの金利も実際このギリギリのラインで設定されることが多いです。

そもそも、ノンバンク系のビジネスローンは金利が高めなので、利息の支払いが経営状況を圧迫する大きな要因になりかねません。

SMBCモビットで事業資金を調達する場合はあくまでも短期的な借入に止め、借入が長期にわたる場合は銀行や日本政策金融公庫などの低金利なところからの借入を検討しましょう。

まとめ

銀行カードローンは低金利ですが事業性資金の借入を原則認めていないので、急ぎで事業資金を調達したい場合は、資金使途が自由で即日融資が可能なSMBCモビットがおすすめです。

しかし、カードローンは限度額の範囲で繰り返し借入ができるため、なかなか完済が難しいのも特徴の一つです。

長期的な借入は極力避け、短期資金の調達など場面を限定して賢く資金繰りに役立てましょう。

SMBCモビットの詳細

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間-
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、郵送、無人契約機、三井住友銀行内ローン契約機
提供SMBCモビット
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 即日融資可能 *1
  • パート・アルバイト、自営業の方も借りれる *2
  • 「WEB完結申込」なら郵送物なし!電話連絡なし
  • 三井住友銀行グループのSMBCモビット

*1 当日振込みには14:50までに振込手続きの完了が必要。審査結果によってはご希望に添えない場合がございます。
*2 安定した収入がある方ならお申込み可能です。


関連した記事

SMBCモビット
SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?
SMBCモビット
SMBCモビットをビジネスローンとして使うメリット・デメリット
SMBCモビット
SMBCモビットはおまとめローンや借り換えにアリ?銀行カードローンとの比較
SMBCモビット
SMBCモビットの金利は高い?10万・50万・100万円借りた時にかかる利息は?
SMBCモビット
SMBCモビットのスマホアプリでセブン銀行ATMからカードなしでキャッシングする方法
SMBCモビット
パート・アルバイト・派遣社員でもSMBCモビットで借りれる?職場への電話連絡を回避する方法は?
SMBCモビット
コンビニATMを使うほど損をする!SMBCモビットの返済を手数料無料で行う3つの方法
SMBCモビット
SMBCモビットローン申込機の使い方と最短で借入を成功させる方法を解説
SMBCモビット
SMBCモビットの営業時間は?即日融資のタイムリミットは何時まで?!
SMBCモビット
SMBCモビットに学生ローンはある?親バレを防ぐポイントと申込み前の疑問を解説
SMBCモビット
SMBCモビット審査の3つのポイントとカードローン審査に落ちてしまう人の特徴
SMBCモビット
SMBCモビットの利用限度額を増額するための3つのポイント|増額にもデメリットはある?!
SMBCモビット
内緒でお金を借りたい!SMBCモビットでの借入が絶対に誰にもばれない3つの理由
SMBCモビット
SMBCモビットの申込みに必要な書類と提出方法!健康保険証でも申込みOK
SMBCモビット
無職の専業主婦はSMBCモビットで借入はできる?主婦でも旦那にバレずに今すぐ借入れする方法と注意点

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す