ブライダルローンの審査は厳しい?利用するメリットとデメリット

[更新日]

結婚は幸せな人生の一大イベントですが、挙式や披露宴、新婚旅行など何かとお金もかかります。

そのため、金銭的な理由からブライダルローンを利用する方も少なくありません。

「ブライダルローンでいくらまで借りれる?」

「金利は?審査は厳しい?」

この記事ではこのような疑問に答えつつ、ブライダルローンのメリットやデメリットについて詳しく解説します。

ローン選びで失敗しないためのポイントもまとめましたので、ブライダルローンを検討している方はぜひご覧ください。

結婚費用の相場はいくら?

結婚情報サイト「ゼクシィ」の2018年度調査によると、婚約から新婚旅行までの費用は全国平均で466.6万円、そのうち挙式や披露宴にかかる費用は平均で357.5万円という結果になっています。

土地柄などによって差はあるものの、披露宴だけでも300万円以上かかるのが一般的と言えそうです。

ブライダルローンとは

結婚に関わるお金を借りるための専用ローンで、銀行や信販会社などが広く取り扱っています。

自己資金がなくても理想の結婚式が実現でき、結婚式をしないカップルにとっても婚約指輪の購入や新婚旅行費用など何かと利用できる場面は多いです。

ブライダルローンのメリット

ブライダルローンにはこのようなメリットがあります。

結婚に関わる費用に幅広く使える

披露宴や挙式費用はもちろんのこと、結婚に関わる以下のような費用に幅広く使えます。

  • 挙式、披露宴の費用
  • 婚礼衣装の購入、レンタル費用
  • 婚約、結婚指輪の購入費用
  • 新婚旅行費用
  • 家具家電の購入費用
  • 新居の入居費用・・・など

挙式費用を前払いできる

挙式や披露宴の費用が後払いならご祝儀から支払いをすることもできますが、費用が前払いの式場ではそうもいきません。

ブライダルローンを利用すれば事前にまとまった資金を用意できるので、支払の心配をせず自由に式場選びができます。

事前審査の有効期間が長い

ブライダルローンはまず事前審査で融資可能額を決定し、その後に本申込みをするという流れです。

事前審査結果の有効期間は3か月程度と長いので、本申込みまでの間に余裕をもった借入計画が立てられます。

金利が低い

使い道が結婚費用に限定されるため、資金使途が自由なフリーローンよりも低金利で借りられます。

楽天銀行を例にあげると、フリーローン金利が最高14.5%なのに対し、ブライダルローンは7.0%となっています。

担保・保証人不要

ブライダルローンの契約には基本的に保証会社がつくので、自分で担保や保証人を用意する必要はありません。

つまり、保証会社の審査に通らなければ借入はできませんが、誰にも迷惑をかけずに済むのはメリットと言えます。

貯金を残しておける

ローンを利用すれば一時的に大きくかかる費用を抑えられるので、貯金を残したまま新婚生活をスタートできます。

もちろん、そのぶんローンの返済は増えますが、返済期間を長めに設定できるので月々の返済負担はそれほど大きくありません。

ブライダルローンのデメリット

一方、ブライダルローンのデメリットは以下のような点です。

資金使途を確認できる書類が必要

ブライダルローンは資金の使い道が明確なものにしか使えないため、借入にあたっては資金使途と金額が記載された請求書などが必要です。

書類を用意できない場合はフリーローンでの契約となり、そのぶん金利も高くなってしまうので注意しましょう。

借入までに時間がかかる

本申込みから融資までには大体2週間ほどかかるのが一般的です。

カードローンのように今日明日中の支払いには対応できないので、資金が必要な時期に合わせて早めに申込んでおきましょう、

結婚と同時に借金ができる

新婚生活のスタートと同時に借金ができるのもデメリットと言えます。

結婚後は出産や教育費など新たにかかるお金も増えるので、ブライダルローンの返済が長期に渡る場合は将来的に家計を圧迫する可能性があります。

ブライダルローンの金利相場

ブライダルローンの金利と限度額の相場は、大体以下のようになっています。

金利と限度額の相場
金融機関 金利 限度額 返済期間
楽天銀行 年7.0% 300万円 最長8年4ヵ月
千葉銀行 年5.00~5.20% 500万円 最長10年
常陽銀行 年4.675% 300万円 最長7年
ジャックス 年6.50% 500万円 最長7年
オリックスクレジット 年6.0%~10.0% 800万円 最長8年

ブライダルローンの審査基準

ブライダルローンの申込条件は一般的にこのようになっています。

  • 20歳以上60歳~65歳未満の方
  • 安定継続した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

銀行ローンの場合は「勤続年数1年以上」「年収200万円以上」などの条件が設定されていることもあるので、まずは利用したいローンの申込条件を確認してみましょう。

肝心の審査については、このような部分がポイントとなります。

  • 住所、氏名、年齢、住居形態、健康保険の種類
  • 年収、勤務先、勤続年数、雇用形態
  • 他社借り入れに関わる信用情報

まず、審査で最も重視されるのは返済能力の有無です。

年収に対して借入額が多すぎると返済ができなくなる危険があるので、信用情報を照会し他社からの借入状況についても確認されます。

このとき、信用情報に以下のような問題があった場合、審査に通るのはかなり難しくなります。

  • 2ヵ月以上の長期延滞
  • 強制解約
  • 債務整理
  • 代位弁済(契約者の代わりに保証会社などが支払いをすること)

こういった事実は事故(異動)情報として登録され、完済後5年間、自己破産の場合は最長10年間記録が残るため、その間新たな借入は難しくなります。

自分の信用情報については信用情報機関に開示請求をすることができるので、不安がある方は申込み前に確認してみた方がいいかもしれません。

ブライダルローン選びのポイント

ローン選びで失敗しないためのポイントをまとめました。

金利と限度額

金利が低いほど支払総額を抑えることができるので、まずはできるだけ低金利なローンを探しましょう。

ブライダルローンについては地方銀行が低金利で比較的おすすめですが、場合によっては多目的ローンを利用するのもありです。

ブライダルローンにこだわる必要はないので、フリーローンも含め金利をひかくしてみましょう。

また、限度額もローンによって300万円~1000万円程度とかなり幅があるので、必要な金額に対応できるものを選びましょう。

金利タイプ

返済期間が長くなる場合は、金利タイプもチェックしておきたいポイントです。

固定金利よりも変動金利の方が低金利で借りられる傾向にありますが、市場動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

低金利時代に借りるなら固定金利の方が結果的にお得な場合もあるので、返済期間なども考慮して納得のいく方を選びましょう。

資金使途

ブライダルローンは結婚に関わる費用に幅広く使えますが、ローンによっては挙式や披露宴費用を含まない借入はできない場合があります。

新婚旅行や新居の費用など、結婚式費用以外を借りたい方は注意してください。

繰り上げ返済手数料

ローンによって繰り上げ返済手数料の有無も異なります。

もちろん、手数料無料でも金利そのものが高くては意味がありませんが、金利を考慮した上でできるだけ手数料がかからないローンを選ぶのがおすすめです。

返済額

同じ金額を借りても金融機関によって月々の返済額に差があります。

毎月多めに返済すればそのぶん早く返せるのは確かですが、返済負担があまりに大き過ぎても良くないので無理なく返せる金額がどうか確認しておきましょう。

返済シミュレーション

楽天銀行のブライダルローンで実際に借入をした場合、返済期間や利息がどのくらいになるのか計算してみます。

借入条件

  • 金利 7.0%
  • 毎月の返済額 限度額ごとの最少返済額
  • ボーナス返済 なし
ブライダルローンの返済シミュレーション
借入金額 月々の返済額 支払回数 利息総額 支払総額
100万円 20,000円 60回(5年) 187,825円 1,187,825円
200万円 35,000円 70回(5年10ヵ月) 443,810円 2,443,810円
300万円 40,000円 100回(8年4ヵ月) 964,045円 3,964,045円

ブライダルローンの申込みに必要な書類

申込みには以下の3点が必要です。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類
  3. 資金使途確認書類

金融機関によっては勤続年数を確認できる書類や住民票が必要な場合もあるので、申込みの際に確認してください。

ブライダルローンは返せる金額の範囲内で

ブライダルローンを利用する際は「いくらまで借りれるか」ではなく「いくらなら返せるか」という点を重視し、返済負担が大きくなり過ぎないよう注意しましょう。

今回ご紹介したローン選びのポイントを参考に、フリーローンなども含め自分に合った借入先をじっくり検討してみてください。

審査に通りやすい・借りやすいカードローンとは?

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンを探す