専業主婦が借りれるカードローンのメリット・デメリットを比較

[公開日]

専業主婦が借りれるカードローンのメリット・デメリットを比較

収入がない専業主婦は借入ができないと思われがちですが、銀行カードローンや消費者金融の配偶者貸付を利用すれば専業主婦でも借入はできます。

ただし、それぞれにメリットとデメリットがあるので、特徴をよく理解し自分に合ったカードローンを選ぶことが重要です。

この記事では専業主婦が利用できるカードローンの特徴と、旦那さんに内緒で借りる方法などについて詳しく解説していきます。

専業主婦が利用できるカードローン

専業主婦がカードローンで借入をする方法には、主に以下の2種類があります。

銀行カードローン

銀行カードローンは「20歳以上で安定した収入がある」というのが一般的な申込条件ですが、旦那さんに安定した収入があれば専業主婦の方でも自分名義で申込みができます。

旦那さんの同意や収入証明書類も不要で、職場に在席確認の電話がいくこともないので、旦那さんに内緒で借入をしたい方でも安心です。

ただし一部の銀行では、旦那さんの勤務先に在席確認を行う場合があるので、内緒で借りたい方は念のため銀行に確認しておいた方がいいでしょう。

中小消費者金融の配偶者貸付

配偶者貸付とは「自分と配偶者の年収合計額の3分の1まで」借入ができる制度で、配偶者貸付であれば専業主婦でも消費者金融のカードローンを利用できます。

ただし、一般的な審査に比べ書類の確認に時間と手間ががかかることから大手では配偶者貸付を行っておらず、配偶者貸付ができるのは一部の中小消費者金融と信販会社のみです。

また申込みには配偶者の同意が必要なので、銀行カードローンのように内緒で借入をすることはできません。

銀行カードローンのメリット

専業主婦が銀行カードローンで借りるメリットは以下のとおりです。

旦那さんに内緒で借入ができる

銀行カードローンなら配偶者の同意がなくても申込めるので、旦那さんに内緒で生活費やお小遣いを借りることも可能です。

ただし自宅に郵送される契約書類やカード、利用明細書を見られて借入がバレることはあるので注意してください。

開封しない限りカードローン関連の書類だと分からないよう配慮はされていますが、不安な方は郵送物がないカードローンを選ぶと安心です。

利用明細についてもインターネットで確認ができるweb明細を選択すれば、自宅に明細が送られてくることはありません。

低金利

銀行カードローンは低金利なのが大きなメリットで、消費者金融と比べると大体4.0%~5.0%ほど低い金利で借りられます。

金利が低いほど支払う利息が少なく済むので、そのぶん家計の負担を減らすことができます。

特に専業主婦の場合は限度額が50万円以下になりやすく上限金利が適用されることが多いので、カードローンを選ぶ際はそれぞれの上限金利を比較し、できるだけ低金利のものを選ぶといいでしょう。

銀行カードローンのデメリット

一方、銀行カードローンにはいくつかデメリットもあります。

口座開設が必要な場合がある

銀行カードローンについては、同じ銀行の普通預金口座がないとカードローンの申込ができないことがあります。

特に地方銀行はその傾向が強く、カードローンと同時もしくは事前に口座開設手続きを行う必要があります。

もちろんすべての銀行がそうではないので、手続きに時間と手間をかけたくない方は口座開設不要のカードローンを選びましょう。

借入までに時間がかかる

2018年以降、銀行カードローンは即日融資ができなくなったため、申込みから借入までには2日~1週間程度かかります。

特に地方銀行のカードローンは書類のやり取りを郵送で行うところが多く、長いところだと2週間ほどかかることもあります。

一般的に、同じ銀行の普通預金口座があると借入までの日数が短縮されやすいので、急ぎで借りたい方は既に取引がある銀行のカードローンに申込むのもおすすめです。

利用できる地域に制限がある

大手やネット銀行なら日本全国どこからでも申し込みができますが、、地方銀行は申込みエリアがその銀行の取引地域に限られるため、それ以外に住んでいる方は申込みができません。

利用可能地域はカードローンの商品概要ページに記載があるので、申込み前に銀行の公式サイトで確認してみましょう。

銀行カードローンの融資条件を比較

専業主婦でも申し込めるカードローンをいくつか集めてみたので、金利や限度額など参考にしてください。

銀行カードローンの融資条件
銀行名 金利 限度額 来店 口座開設 利用地域
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 最高800万円(専業主婦は50万円) なし 不要 日本国内
仙台銀行エクセレント 年3.5%~14.5% 最高500万円 なし 必要 宮城県
東和銀行とんとん 年3.9%~14.6% 最高500万円 なし 不要 群馬県、埼玉県、東京都、栃木県、千葉県、神奈川県
紀陽銀行カードローンプラス 年3.8%~14.9% 最高800万円(専業主婦は30万円) なし 必要 和歌山県、大阪府、奈良県

中小消費者金融のメリット

専業主婦が中小消費者金融で借りるメリットは以下のとおりです。

即日融資が可能

消費者金融は即日融資に対応しているため、急ぎの融資に向いています。

銀行カードローンは借入までに最低でも数日かかるので、時間に余裕がない場合は消費者金融がおすすめです。

高額融資を受けやすい

専業主婦に対しては配偶者貸付のルールに沿って融資が行われるため、最大の借入額は実質旦那さんの年収の3分の1までとなります。

銀行カードローンの場合は専業主婦の借入限度額を30万円~50万円以内に設定していることが多いので、旦那さんの年収次第では消費者金融の方が高額融資を受けられる可能性が高いです。

全国どこからでも申し込める

インターネットや電話申込みが可能なので、全国どこからでも申し込みができます。

必要書類についてもFAX、郵送、業者によってはスマホからのアップデートなどで提出できるので、わざわざ来店する必要はありません。

中小消費者金融のデメリット

一方、中小消費者金融にはこのようなデメリットがあります。

配偶者の同意が必要

配偶者貸付は配偶者の同意がなければ利用することができないので、旦那さんに内緒で借りたい方には向きません。

どうしても内緒で借りたい場合は、銀行カードローンを選びましょう。

必要書類が多い

カードローンの申込に必要なのは、基本的に本人確認書類と収入証明書類の2点のみです。

しかし配偶者貸付の場合は、婚姻関係が確認できる書類と配偶者の同意書が追加で必要になるため、書類を用意するのに若干手間がかかります。

中小消費者金融の融資条件を比較

中小消費者金融の融資条件
消費者金融 金利 限度額 来店の必要
ベルーナノーティス 年4.5%~18.0% 最高300万円 なし
レディースフタバ 年14.959%~17.950% 最高50万円 なし
キャネット 年15.0%~20.0% 最高300万円 なし

専業主婦にはどちらのカードローンがおすすめ?

銀行カードローンと中小消費者金融のメリット・デメリットを踏まえたうえで、それぞれおすすめな人の特徴をまとめました。

銀行カードローンがおすすめな人

  • 旦那さんに内緒で借りたい人
  • 低金利なローンを選びたい人

中小消費者金融がおすすめな人

  • 即日融資を受けたい人
  • できるだけ高額な借入をしたい人

まとめ

専業主婦のカードローン選びに関しては、旦那さんの同意を得られるかどうかが大きなポイントになるでしょう。

どちらのカードローンを利用するかはともかく、延滞をするとカードローン会社から旦那さんに連絡がいく場合があるので、借入前に毎月の返済額を確認し、無理なく返せるかどうか見極めることが大切です。

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンの知識
専業主婦が借りれるカードローンのメリット・デメリットを比較
カードローンの知識
今月の家賃が払えない!今すぐできる問題解決のための対処法3つ
カードローンの知識
プライベートにも利用できる個人事業主やフリーランスでも借りれるカードローン
カードローンの知識
携帯代が払えないと強制解約よりもひどいことに!今すぐできるお金の作り方
カードローンの知識
今すぐ3万円借りたい時におすすめの方法|土日や夜間でも借入OK!
カードローンの知識
100人を調査!カードローンの借金が絶対にバレない完全マニュアル
カードローンの知識
派遣社員がカードローンでキャッシングする方法と審査に通るポイント
カードローンの知識
日雇いや短期バイトでもカードローンでお金を借りるポイント
カードローンの知識
カードローンは申し込みだけ・作るだけで借り入れなくてもデメリットなし?
カードローンの知識
運転免許証がない?カードローンは健康保険証だけでお金を借りれる
カードローンの知識
引っ越したいけどお金がない!?引っ越し費用の借り方と稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円借りたい時にカードローンで安全に借りる方法
カードローンの知識
学生も即日融資!おすすめは消費者金融のカードローンでお金を借りる
カードローンの知識
無利息キャッシングできるカードローン5社を比較!金利ゼロで得をする方法
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ

カードローンを探す