申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法

あなたは申し込みブラック?

カードローンやキャッシングの同時申込が原因で陥るとされる「申込ブラック」は、借入を希望している方にとって不安な部分の一つではないでしょうか。

「同時に何社のローンに申込むと申込ブラックになるの?」

「申込ブラックになってしまったらどうすればいい?」

「申込ブラックでも借りれるところはある?」

この記事ではこういった疑問に答えつつ、申込ブラックになる基準や、なってしまった場合の対処法についてご紹介しています。

これから申込をする方はもちろん、「既に申込ブラックになってしまったかも・・・」という方にも役立つ内容になっていますので、申込ブラックについて不安がある方はぜひご覧ください。

申込ブラックとは

短期間のうちに複数のローンやクレジットカードに申込んだことが原因で、金融機関の審査に通りづらくなる状態のことです。

一度申込ブラックになると信用情報から申込履歴が消えるまでの6ヵ月の間、実質的な借入が難しくなります。

申込ブラックになる基準

残念ながら申込ブラックになる明確な基準というものはなく、あくまで金融機関によって異なります。

ですが、一般的な目安としては1ヵ月で3社以上申込んだ場合にブラックになる可能性が高いと言われてるため、カードローンなどの申込みは1社、多くても2社までにしておくのが賢明です。

申込が他の金融機関にも知られる理由

「A社のカードローンに申込んだのに、そのことがB社やC社に知られてしまうのはなぜ?」と思う方もいるかもしれませんが、これには信用情報機関が関係しています。

信用情報機関とは、簡単に言うと個人のローンやクレジットカードの利用情報を管理している機関で、国内には以下の3つが存在します。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

消費者金融や銀行、クレジットカード会社はこの3つのいずれか1つ以上に加盟しており、ローン会社は審査時にここに照会をかけることで申込者の信用情報に問題がないか確認します。

さらに、信用情報はそこに加盟しているすべての金融機関で共有されるため、他社の申込情報であっても簡単に調べることができるというわけです。

申込情報の登録内容と登録期間

契約に至った場合は最長5年~10年間、返済状況や契約に関する情報が登録されますが、申込だけなら登録期間は最長6ヵ月です。

申込によって登録されるのは、主に以下のような情報です。

  • 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号、運転免許証の記号番号など
  • 申込日
  • 商品名
  • 照会会社名
  • 契約予定額
  • 支払予定回数

申込ブラックになった場合の対処法

申込ブラックになってしまった際の対処法は、主に以下の2つです。

6ヵ月待つ

一度申込ブラックになってしまったら、基本的には情報が消える6ヵ月が過ぎるのをただ待つしかありません。

大手消費者金融や銀行の場合、信用情報に問題があると審査に通ることはまずないので、下手に申込みを重ねても借入ができない期間を余計に長引かせるだけでしょう。

中小消費者金融に申込む

どうしても借入をしたい場合は、若干金利が高くなりますが中小消費者金融に申込むという選択肢もあります。

中小消費者金融と聞くと闇金をイメージする方もいるかもしれませんが、小規模な貸金業者というだけで闇金のような違法業者とは本来別物です。

とはいえ、中小消費者金融の中に闇金が存在するのもまた事実なので、申込みをする業者がきちんと認可を受けた正規の業者かどうかは最低限確認しましょう。

肝心の審査に関しては、ブラックの人でも現時点で返済能力があれば融資をしてもらえるケースもあるので、大手に申込むよりはまだ可能性があるでしょう。

安全な中小消費者金融を見分ける方法

安全な業者かどうかを見分けるには、上限金利や固定電話の有無など確認するポイントはいくつかありますが、金融庁の公式ページにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」で調べるのが確実です。

確認方法は、申込をする消費者金融のサイトや広告に記載の登録番号(例:関東財務局長(12) 第〇〇〇号)を、金融庁の検索ページに入力するだけです。

登録貸金業者情報検索入力ページの入力例

プロミスの登録を調べています。注:プロミスはサービス名なので事業を行っている会社名で検索をしています。

業者名のほか住所や電話番号も同じであることが確認できれば、それは認可を受けた安全な業者であると判断できます。

貸金業者が登録されているかどうかの具体的な調べ方は、こちらの記事で紹介しています。

消費者金融のカードローンで即日融資のうたい文句は安全なのか?

消費者金融のカードローンで即日融資のうたい文句は安全なのか?そもそもカードローンに不安や怖さを感じている人 過去のカードローンの歴史を知っている人が不安に思うのは、ある意 … 続きを読む 申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法

自分の信用情報は確認できる

自分の信用情報については信用情報機関に開示請求をすることで確認できます。

自分が申込ブラックかどうかを明確に知る術はありませんが、直近のローン申込日や過去半年の間に何件申込をしているかという部分については信用情報を見ればすぐにわかります。

また、何度申込んでも審査に落ちてしまう場合、原因は申込ブラックだけとは限らないので、延滞などの事故情報(異動情報)がないかも念のため確認しておくと安心です。

カードローン審査で個人信用情報として確認される内容

個人信用情報に登録されるものとは 全てが個人信用情報に登録されるわけではありません。対象となるのは以下のような … 続きを読む 申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法


関連した記事

カードローンの知識
申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法
カードローンの知識
在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!
カードローンの知識
引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
カードローンの知識
カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法
カードローンの知識
学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?
カードローンの知識
無利息キャッシングができるカードローン5社|無利息期間が始まるタイミングに注意!
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
カードローンの知識
担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す