在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!

在籍確認の電話イメージ

「カードローンでお金を借りたいけど、職場が在席確認の電話に対応してくれない」

「在席確認の電話で職場にカードローンの申込がバレないか不安」」

そんな時、ネットでアリバイ会社の情報を目にして利用を検討する方もいるかもしれませんが、結論から言うとそれは犯罪なので絶対にやめましょう。

この記事ではアリバイ会社の実態に迫りつつ、アリバイ会社を使ったカードローン契約の危険性について解説します。

電話連絡なしで申込めるおすすめのカードローンもご紹介していますので、在席確認が不安な方はぜひご覧ください。

アリバイ会社とは

アリバイ会社の雑居ビルイメージ

自社で複数の会社を用意し、サービス利用者がそこで働いているかのように偽装を行う会社です。

在席に利用する会社は法人登記のみのいわゆるペーパーカンパニーだけでなく、実際に営業している会社を使うケースもあり、IT、美容、デザイン系など業種も多岐にわたります。

アリバイ会社が行うサービス

アリバイ会社では主に以下のようなサービスを提供しています。

アリバイサービス

  • 金融機関などの審査で行われる「在席確認対応」
  • 利用者宛てにかかってきた電話を、応答後に利用者指定の電話番号に転送する「応答後転送サービス」
  • 利用者の電話から発信する際、相手の電話機に在席に利用する会社の番号を表示させる「逆転送サービス」

書類作成

アリバイ会社では、以下のような書類の作成も可能です。

  • 給与明細書
  • 就労証明書
  • 勤労証明書
  • 在席証明書
  • 採用通知書
  • 源泉徴収票
  • 名刺・・・など

保証人紹介サービス

主に賃貸契約の際に必要な保証人を紹介するサービスです。

保証人の信用度が高いほど料金が高くなりやすく、相場としては賃料の0.6~1.5ヵ月分の費用が必要になります。

利用料金

利用料金は会社によって多少差はあるものの、概ね以下のような金額になっています。

初回登録料 5,000円~12,000円
利用料金 15日契約 3,000円
30日契約 5,000円
90日契約 10,000円~12,000円
180日契約 16,000円~18,000円
1年契約 28,000円~30,000円

書類作成サービスを利用する場合は、別途オプション料金がかかる仕組みです。

書類作成に関しては1通3,000円~5,000円というところが多いですが、源泉徴収票については記載する年収によって5,000円~40,000円ほどの範囲で設定される場合もあります。

利用するのはこんな人

アリバイ会社を主に利用するのは、水商売や風俗業といった収入が不安定になりやすい職業の方、休職中や無職の方が比較的多いようです。

利用目的としてはローンや賃貸契約、保育園の入園審査などの他、恋人や友人に本当の職業を知られたくないといった事情の方まで様々です。

アリバイ会社を使ってカードローン契約をする危険性

アリバイ会社を利用しているイメージ

とはいえ、アリバイ会社を使ったカードローン契約は絶対にしてはいけません。

詐欺罪に当たる

アリバイ会社を使うこと自体が必ずしも違法ではありませんが、勤務先などを偽ってカードローン契約をする行為は詐欺罪に当たります。

これはカードローンに限らず、他のローンや賃貸契約をした場合においても言えることです。

実際、2011年にアリバイ会社が作成した偽の源泉徴収票を使って住宅ローンを組んだ詐欺グループが逮捕されたケースや、2013年に偽の源泉徴収票を使い賃貸契約をして逮捕されたケースなどもあります。

弁護士ドットコム:アリバイ会社は合法なの?

アリバイ会社を使った申込や契約は犯罪なので、絶対にやめましょう。

一括返済や損害賠償を求められる可能性が高い

ローン会社は審査で個人の返済能力を確認した上で融資を行いますが、そもそも提供された情報がすべて嘘だとしたら当然契約は無効になります。

さらに、ローン会社から借入金の一括返済や損害賠償を求められる可能性が高く、金銭的に大きな負担を強いられることになるでしょう。

SMBCモビットなら電話連絡なしで安全に借りれる

無職の方がカードローンを利用することはできませんが、職場環境などの理由で電話での在席確認が難しい場合には、給与明細や社会保険証で在席確認ができるSMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットは20歳以上で継続的な収入があればアルバイトやパートの主婦でも利用できますし、職種による制限もありません。

ただし、電話連絡をなくしたい場合は「web完結」という方法で申込をする必要があり、以下の条件を満たせる方が対象です。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある方
  • 以下の書類の写しを提出できる方

本人確認書類

運転免許証またはパスポート

収入証明書類

直近2ヵ月分の給与明細、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書のいずれか

勤務先の確認書類

社会保険証または組合保険証、直近1ヵ月分の給与明細(収入証明書として給与明細以外を提出する場合は必須)

SMBCモビットのWEB完結申込はこちらにまとめています。

SMBCモビットで電話連絡なしで借りられる在籍確認の方法を徹底解説!

SMBCモビットで電話連絡なしで借りられる在籍確認の方法を徹底解説!「カードローンに申込みをしたいけど、職場への在籍確認が気になる・・・。」そんな方には職場への電話連絡がないSMBCモビットの「web完結申込」がおすすめです。SMBCモビットのweb完結申込みの流れと注意点、在籍…

web完結の条件を満たせない時は個別に相談してみる

web完結申込みの条件を満たせない場合は、状況を説明した上で書類で在席確認ができないか個別に相談してみましょう。

プロミスでは在籍確認を書類で代用できないかの相談に乗ってもらえる場合があるので、一度確認してみるのがおすすめです(*ご要望に沿えない場合もあります)。

在籍確認が避けられない場合でも、言い訳を用意しておくとより自然になって周囲に借金がバレる可能性は低くなります。

在席確認の言い訳は「クレジットカードを作った」が最強な4つの理由

在席確認の言い訳は「クレジットカードを作った」が最強な4つの理由キャッシングの申込みにあたり、こういったお悩みをお持ちの方は多いと思いますが、在席確認の言い訳には「クレジットカードを作った」がベストです。 今回はその理由について詳しく解説しつつ、在席確認のポイ…

また、在籍確認の電話連絡を避ける方法は別記事でもまとめているので、アリバイ会社を検討するよりは、こちらを参考にしてみてください。

カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法

一般的に在籍確認といえば、職場への電話確認になりますが、在籍証明ができる書類の提出を条件に電話連絡なしの在籍確認も認めている業者もあります。2つの業者を例に、より具体的な在籍確認の電話連絡を避ける方法…


関連した記事

カードローンの知識
申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法
カードローンの知識
在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!
カードローンの知識
引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
カードローンの知識
カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法
カードローンの知識
学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?
カードローンの知識
無利息キャッシングができるカードローン5社|無利息期間が始まるタイミングに注意!
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
カードローンの知識
担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す