今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン

明日までに10万円が必要という時にも安全に借りれる方法だよ

10万円や15万円ほどお金が必要な時、時間的余裕があればお金を工面する方法はおそらくたくさんありますが、急を要する場合はカードローンで借入をするというのも一つの方法です。

とはいえ、カードローンの選び方や申込方法、融資までのスピードなど、色々と疑問に思うことも多いと思います。

今すぐ10万円~15万円を借りたい時におすすめのカードローンと、即日融資を受けるためのポイントについて詳しく解説します。

今すぐ10万円~15万円借りたい時はプロミスがおすすめ!

すぐに安全に10万円、15万円を借りられるのは大手消費者金融。プロミス:最短1時間、銀行:最短翌営業日以降

急ぎでお金を借りたい時のカードローン選びのポイントは、何より融資スピードが早いことです。

その点でいうと、最適なのは銀行カードローンよりも審査が早い消費者金融です。銀行カードローンの審査回答が最短で翌営業日以降なのに対して、消費者金融は即日回答が基本です。

特にプロミスは「審査が最短30分、借入まで最短1時間」「上限金利が他の大手に比べ若干低い」「初回借入時に無利息期間がある」など、何かとメリットが多いのでおすすめです。

消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

※ 金利の下限(左側の数字が小さい方)は低いのですが、消費者金融のキャッシングで10万円や15万円と少額の借り入れは、ほとんどの人が上限金利(右側の数字)になります。

プロミスの詳細

プロミスで10万円~15万円を借りるメリット

無利息期間や土日も24時間キャッシングできておすすめ

プロミスは三井住友銀行グループの会社なので安全性が高いことがまずあげられますが、他にもこんなメリットがあります。

無利息期間がある

プロミスには初回借入時に30日間の無利息期間がありますが、ポイントは無利息期間がはじまるタイミングです。プロミスでは借りた翌日から30日間が金利ゼロになります。

他の消費者金融では、契約から無利息期間が開始されるサービスもあるので、契約後すぐに利用しないと消費されていきますが、プロミスではそういった無駄がありません。

プロミスの無利息サービスは初回限定という条件だけで、ノーリスクで返済額を抑えられるチャンスなので、最大限活かしましょう。

30日間分が無利息:初回利用日の翌日から30日間。「お金を借りてから無利息期間スタート」

無利息期間に完済すればいくら借りても利息は1円もかからないので、給料日までの繋ぎとしてなど、近々返済の目途が立つ場合に特におすすめです。

無利息期間後は通常金利に戻りますが、それでも1か月分の利息は節約できるので、ぜひ無利息期間を活用して利息を最大限減らしましょう。

土日も24時間キャッシング可能

これまでカードローンで即日融資を受けるには、銀行営業時間内の15時までに契約をして振込キャッシングをするか、自動契約機でカードを受け取る必要がありました。

ですが、プロミスにはカードがなくてもコンビニATMが使える「スマホATM取引」のほか、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座があれば24時間振込ができる「瞬フリ」サービスなど、土日や深夜でもすぐに借入ができるサービスが充実しています。

【こんなときでも大丈夫】「今日中に用意できるかな…」「やばっ土日で銀行休みか」

申込んだ曜日や時間帯に関係なくすぐに現金を手にできるのは、急を要する場面でも非常に心強いです。

web完結なら郵送物なし

ネットで申込から借入まで行えるweb完結なら、契約時に書類が発生しないので自宅に郵便物が届くこともありません。

本人確認書類などの必要書類もスマホで撮影してアップロードするだけで簡単に提出でき、契約手続きもネット上ですべて行うことができます。

「オンラインでなんでもできちゃう」利用明細もWEB

カードローンでの借入を家族に内緒にしたい方も多いと思うので、バレにくさという点でも使い勝手が良い商品と言えます。

在籍確認の電話連絡はなしにできる

審査の1つとして行われる在籍確認で、職場への電話連絡があります。この勤務先への電話をなしにしてほしい場合は、申し込んだ後すぐにプロミスへ連絡しましょう。

オペレーターに電話連絡が困ると事情を説明すれば、他の方法での在籍確認を紹介してもらえる場合もあります。

申込者「さきほどWEB申込をした鈴木次郎と申します。勤務先への在籍確認を電話連絡以外にできないでしょうか?」
オペレーター「鈴木次郎さまですね。申込情報を確認いたします。……確認できました。お電話以外の方法を紹介いたします。」

正社員、派遣社員、フリーター、学生アルバイトなどなど、それぞれの職場環境は違うので、「電話に本人が出られない」「電話を取る人が自分を把握していない」という状況もあるなかで、個別の事情にも柔軟に対応をしてもらえます。

10万円、15万円を借りるまでの流れ

10万円~15万円を借りたい場合は、プロミスがおすすめなのはこういった理由からです。
融資も最短で1時間、申込から契約までの流れは4つのステップです。

申し込みから契約までの簡易フローチャート

プロミスの詳細

10万円~15万円を当日中に借りるためのポイント

こんなことがないように「しまった…今日中に借りれないかも!」

申込はネットから24時間できますが、当日中に借りるには審査時間などいくつか考慮しなければならないポイントがあります。

できるだけ早い時間帯に申込む

プロミスの審査は平日・土日ともに9時~21時までです。審査回答は最短30分なのでスムーズに行けば申込みから1時間ほどで借入ができますが、曜日や時間帯によっては審査が込み合う可能性があるため、遅くとも19時までには申込んだ方が良いでしょう。

21時までに契約手続きをすれば、夜間でもセブン銀行ATMから借入ができるので、ひとまず当日中に審査を終わらせるという点を意識しましょう。

必要書類を用意しておく

申込に必要な書類は以下の2点です。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、個人番号カードなど)
  • 収入証明書類(給与明細、源泉徴収票、確定申告書など)

※収入証明書については借入額が50万円以内、または他社からの借入と今回の借入額の合計が100万円以内の場合は原則不要です。

書類はプロミスから案内があった時点で提出すれば問題ありませんが、申込と同時に提出しておいた方が審査がスムーズに進みます。

可能であれば収入証明書もあわせて提出した方が、返済能力の裏付けになるので尚良しです。

土日に申込んだ場合の在席確認

審査では原則として勤務先への電話による在席確認がありますが、会社の休業日に申込んだ場合は確認を取ることができません。

この場合は、給与明細や社会保険証などの書類で在席確認ができないか、一度プロミスに相談してみてください。※ご要望に沿えない場合もあります。

それでOKになるかどうかはあくまで申込む方の状況によりますが、プロミスに確認したところ書類による確認以外にも、後日在席確認を行うことを前提に先に融資を行うケースもあるとのことです。

ちなみに、在席確認の電話には必ずしも本人が出る必要はないので、自分が休みの日でも会社が営業していれば特に問題ありません。

その場合は、「〇〇は本日お休みをいただいております」といった回答があれば良いですし、プロミスの担当者は会社名ではなく個人名を名乗るので、会社にカードローンの申し込みを知られる心配もありません。

10万円~15万円借りた場合の月々の返済額と利息をシミュレーション

返済は早いほど利息は少ない!

カードローンでお金を借りる場合には、利息や月々の返済額がいくらになるのかも事前に確認しておきたいポイントです。

実際にプロミスで10万円~15万円借りた場合の利息と返済額をシミュレーションしてみました。

借入後残高 約定返済額 返済回数 利息総額
10万円 4,000円 32回 25,964円
15万円 6,000円 32回 38,810円

上記は10万円、15万円借りた際の最低返済金額なので、余裕があれば多めに返済することももちろん可能です。

初回に設定される返済回数は、毎月の返済が少額なので負担も少ないですが、その分32回(2年半)と長期で支払うので利息も多くなります。

32回払いを、1年(12回)に短縮するだけで4割以下にも利息を減らせます。

10万円、15万円を借りて1年で返済した利息合計

実際に返済シミュレーションをしてみると、以下のとおり利息が半額以下に減ります。

10万円を1年で返済した利息、15万円を1年で返済した利息

  • 10万円を1年で返済すれば利息は25,964円 → 9,894円
  • 15万円を1年で返済すれば利息は38,810円 → 14,847円

返済計画では毎月の返済額が均等になっていますが、1つの目安としてください。実際には繰り上げ返済を利用して期間を1年にすれば利息は変わりません。

さらに無利息期間を活用すれば更に利息を節約できるので、ぜひ積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。

最終確認:ネット申し込みの手順と借入方法

午前中ネットで申し込んで 仕事帰りに借りる

プロミスの公式サイトには、申し込み方法が「カンタン入力」と「フル入力」の2つあります。どちらからでも申し込みはできますが、急ぐなら「カンタン入力」がおすすめです。

プロミスのネット申込ボタン

「カンタン入力」は、入力項目が少ないので急いでいる方に向いています。残りの項目については電話で確認しながら進められます。

「フル入力」はすべて入力しますが、カンタン入力と比べると項目数が倍以上になるので慣れていない方は「カンタン入力」がおすすめです。

ネット申し込みから借り入れまで

ネット申し込みから借り入れまでの流れはこのようになります。「WEB契約」か「来店契約」のどちらにするかは申込時に選べるので、それぞれどのような流になるかを確認してみましょう。

図解:プロミスのネット申込の流れ

カードレスでATMから借入ができる「スマホATM取引」の操作方法

プロミスのスマホアプリなら、カードがなくてもセブン銀行ATMから24時間365日(システムメンテナンスを除く)入出金が可能です。

セブン銀行ATMは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、その他にも駅や空港、商業施設など全国に2万台以上設置されています。

スマホATM取引の操作は、スマホアプリとATM画面を交互に操作していきます。

図解:スマホATM取引の利用方法

もしセブンイレブンが通える地域にない場合は、他のコンビニATMですぐに借りられるように、プロミスの無人契約機でローンカードを作っておきましょう。

プロミスの詳細


関連した記事

カードローンの知識
引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
カードローンの知識
学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?
カードローンの知識
無利息キャッシングができるカードローン5社|無利息期間が始まるタイミングに注意!
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンで即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い
カードローンの知識
法人向けカードローンは会社や個人事業主の資金繰りでアリ?
カードローンの知識
消費者金融のカードローンはサラ金なのか?そして闇金融とは
カードローンの知識
消費者金融のカードローンで即日融資のうたい文句は安全なのか?
カードローンの知識
カードローンの入会(申込・契約)だけで個人信用情報に傷がつく?
カードローンの知識
カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?
カードローンの知識
生活保護費受給者はカードローンできるの?

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す