学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?

学生でもアルバイトをしていれば金融機関からお金を借りる方法はありますが、年齢によって選ぶべき借入先は変わってきます。

未成年の場合は借入先が限られてきたり親権者の同意が必要な場合が多いですが、20歳以上の学生については審査の通りやすさや利便性といった意味でも大手消費者金融がおすすめです。

今回は学生が借入する方法と注意点、借入に関しての疑問点などについて詳しく解説していきます。

学生が借入する方法

学生が借入をするには、主に以下の3つの方法があります。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードにはショッピング枠の他に、現金を借りるためのキャッシング枠があります。

キャッシング枠の付帯には審査がありますが、キャッシング枠があるカードがあればコンビニのATMなどからいつでも借入ができます。

ただし、未成年に関してはカードの申込にあたり親権者の同意が必要なので、親に内緒で借入をしたいという場合はあまり現実的ではありません。

学生ローン

学生向けの消費者金融である学生ローンは、20歳以上もしくは18歳以上(高校生不可)でアルバイト収入がある学生が申込み対象となります。

学生専用のローンなので限度額は50万円程とそれほど多くありませんが、金利相場は15.0%~17.0%と、上限18.0%が相場である大手消費者金融よりも若干低めに設定されています。

即日融資や振込キャッシングができる業者も多いので、大手ほどではないものの利便性はそれなりに高いと言えます。

カードローン

20歳以上の学生については消費者金融や一部の銀行カードローンでの借入も可能です。

一般的に、カードローンの申込条件は「20歳以上で安定した収入がある方」となっていますが、少額でも毎月継続的に給料をもらっていれば申込み基準をクリアできます。

一方で単発の日払いバイトなどは安定した収入とは言えないため、カードローンでの借入を希望なら長期のアルバイトを探す必要があります。

20歳以上の学生なら大手消費者金融のカードローンがおすすめ

20歳以上の学生なら借入をする方法はいくつかありますが、中でもおすすめなのは大手消費者金融のカードローンです。

申し込みから借り入れまでの図解:学生も申込んだその日に借りられる

審査が柔軟

銀行カードローンにも学生が利用できるものはありますが、消費者金融と比べ低金利な分、審査はそれなりに厳しいです。

そもそもカードローンは無担保ローンであり申込者の信用力のみで融資を受けることになります。

ですので、まだまだ社会的地位や収入が低い学生の場合は、比較的審査に通りやすい消費者金融に申込むのが無難です。

プロミスは学生もバイトをすれば即日に借りられる!学生審査のポイント

プロミスは学生もバイトをすれば即日に借りられる!学生審査のポイントプロミスは大学生や専門学校生などの学生でも一定条件のもと無担保・保証人なしでの融資が可能です。学生の審査でポイントとなるところを紹介します。急いで現金が必要な場合もプロミスなら最短で即日融資ができる…

無利息期間がある

大手消費者金融には最大30日間の無利息期間があり、この期間に全額返済すれば利息0円で借入ができるのも大きなメリットです。

もしも無利息期間中に完済できないとしても1ヵ月分の利息は節約できるので、金利の低い銀行カードローンで借りるよりも結果的にお得な場合もあります。

プロミスで金利ゼロの無利息で借りる方法と条件・ポイントの使い方

プロミスに申し込むと30日間無利息になる方法があります。また無利息期間に追加融資や完済をした場合、本当に利息0になるのかをシミュレーションで検証します。その他ポイントサービスを利用しても無利息、提携ATM…

即日融資

消費者金融の審査は最短30分~1時間と早いので、基本的には申込から1~2時間後には借入が可能です。

銀行カードローンでも即日融資に対応したものはありますが、ほとんどが審査回答に数日かかり来店が必要な場合もあるため、急ぎでお金が必要な場面では消費者金融の方が対応しやすいでしょう。

[夜間土日祝 対応] 急いで借りたい!プロミスで即日融資する方法

[夜間土日祝 対応] 急いで借りたい!プロミスで即日融資する方法夜中に急ぎでお金が必要になった!そんな時はスピード融資ができるプロミスがおすすめです。深夜・土曜日/日曜日・祝日でも申し込んだその日にお金を借りることも可能です。しかし注意する点もいくつかあり、契約は…

利便性が高い

大手消費者金融のカードローンはスマホ1台でインターネットから借入ができる「web完結」をはじめ、スマホがカードの代わりになる「スマホATM取引」など、何かと使い勝手が良いのも魅力です。

学生ローンも即日融資や振込キャッシングには対応しているものの、契約後の利便性という部分ではやはり大手の方が有利です。

学生がカードローンで借入する際の疑問を解説

学生が消費者金融から借入をする際の疑問について、詳しく解説していきます。

学生はいくらまで借りれる?

カードローンの限度額は大体500万円以上と高額ですが、初めからこのような大金を借りられるケースは稀で、まずは50万円程度から利用実績に応じて徐々に限度額が増額されるのが一般的です。

とはいえ、学生に関しては収入が少ないため、最初は10万円~30万円ほどと考えておいた方が良いでしょう。

また、消費者金融やクレジットカードのキャッシングに関しては「総量規制」が適用となるため、他社からの借り入れを含めて「年収の3分の1」までしか借りることができません。

つまり、月給5万円(年収60万円)なら借りられるのは20万円まで、月給10万円(年収120万円)なら40万円までということになります。

年収60万円の総量規制の例

あくまでこれは法律上の上限額なので、実際の限度額は審査によってそれ以下になる場合ももちろんあります。

月々の返済額はどのくらい?

カードローンの場合、一括返済も可能ですが、基本的には実際の借入残高に応じたリボ払いです。

プロミスの場合を例にあげ、毎月の返済額を見てみましょう。

借入後残高 約定返済額 返済回数
10万円 4,000円 32回
20万円 8,000円 32回
30万円 11,000円 36回
40万円 11,000円 53回
50万円 13,000円 58回
60万円 16,000円 56回
70万円 18,000円 59回
80万円 21,000円 57回
90万円 23,000円 59回
100万円 26,000円 58回

約定返済額は毎月最低限返済しなければならない金額なので、余裕がある場合はこれよりも多めに返済することもできます。

その方が返済期間を短縮でき支払総額を減らすことができるので、ぜひ積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。

学生でもバイト先への在席確認はある?

審査では勤務先への在席確認がありますが、これは学生の場合も同じです。

消費者金融の担当者がアルバイト先に電話をかけ、実際にそこで働いているかを確認するわけですが、カードローン会社の担当者は個人名を名乗るのが原則なので申込者以外に会社名を名乗ることはありません。

また、在席確認で聞かれるのは「〇〇さんはいらっしゃいますか?」という1点のみで、本人が電話に出た場合は「はい、私です」出られなかった場合は「〇〇は接客中です」といった返答があればそれで確認は完了です。

「在籍確認」学生はバイト先への電話連絡

ですので、基本的にはバイト先に借入を知られることはありませんが、不安な方は給与明細などの書類で在席確認ができないか担当者に相談してみてください。

銀行カードローンの場合こういった対応は難しいですが、消費者金融であれば柔軟に対応してくれることが多いです。

プロミスの在籍確認と準備 [電話は非通知?タイミングは?]

プロミスの在籍確認と準備 [電話は非通知?タイミングは?]プロミスの審査に在籍確認は必ずあります。通常は勤務先へ電話がきますが夜間や休日、土日に即日融資をした場合はどうなるのでしょう。また在籍確認で借金がばれない?アルバイトや派遣社員は直接電話に出られない…

借入が学校や家族にバレることはない?

カードローンの申込みをしても学校や家族に連絡がいくことはないので、自分で言わない限り誰にも知られる心配はありません。

ただし、実家暮らしの場合は契約書類やカードが自宅に郵送されたり、申込確認の電話が自宅にかかってきてバレる可能性はあります。

親バレなどを避けるなら郵送物が発生しない「web完結」で申し込むか、自動契約機で直接書類を受け取り、連絡先を自分の携帯電話にしておけば大丈夫です。

地方銀行のATMは利用時に発行される利用明細書が郵送されるケースもあるので、「利用明細書をWEB明細」にあらかじめ設定しておくと安心です。

借入が社会人生活に影響することはある?

借金は悪いものというイメージがあるため、借入をすることで社会人生活に支障が出ないか不安な方も多いかもしれません。

例えば、「借入があることで就職活動で不利になるのでは?」といった不安があるとすれば、それに関しては個人情報なので面接の際に調べられるといったことはありません。

また、借入があってもきちんと返済をしていれば必ずしもマイナスに働くわけではなく、返済実績を作ることでその後のローン審査に通りやすくなるケースもあります。

一つ注意点を上げるとすれば、住宅ローンのような高額のローンを組む際に、カードローンやクレジットカードキャッシングでの借入があると審査に通るのが難しくなります。

カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?

カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?カードローンは契約だけでその後使わないでもOKです。その場合キャッシング審査や住宅ローン(またはその他のローン)の審査で悪い影響になることもあります。カードローンは使っていなくても「利用できる金額=借…

ですが、ローンの契約情報に関しては完済後5年経つと信用情報から消えるので、その頃になれば借入がローン審査に影響することもなくなります。

カードローン申込の流れ

具体的な例として、消費者金融の公式サイトからネットで申し込む流れはこのようになります。

ステップ1
公式サイトから必要情報を入力して申込む

ステップ2
仮審査

ステップ3
消費者金融から申込み確認の電話が入る

ステップ4
スマホから本人確認書類や収入証明書をアップロードして提出する

ステップ5
本審査(最終的な審査と在席確認)

ステップ6
審査結果と契約限度額の回答

ステップ7
契約手続きを行う

ステップ8
振込やATMで借入

さらに詳しい申し込み方法やスマホアプリを利用した借入手順はこちらで紹介しています。

無人契約の流れ!プロミスのネット申し込み、自動契約機で最短1時間で借りる

無人契約の流れ!プロミスのネット申し込み、自動契約機で最短1時間で借りる申し込み方法は「WEB完結」「来店契約」の2つで、どちらも1時間ほどで借りられる方法を解説。筆者はプロミスで実際に借り入れできたのは1時間半ほどでした。2018年から開始したスマホATMでのお金の借り方やローンカ…

学生が借入する際の注意点

セブン銀行ATMの取引画面

セブン銀行ATMならスマホアプリで借りられます。

借入をする際は、以下の点に十分注意してください。

延滞をしない

毎月の返済をしっかりと行っていれば問題ありませんが、万が一延滞をすると信用情報に事故情報が登録され今後の借入審査に影響します。

カードローンの返済はもちろん、現時点で他のローンやクレジットカードの支払いがある場合は、延滞をするとカードローンの審査にも通ることができないので注意してください。

複数申込みをしない

カードローンの複数申込みは申込みブラックになる可能性が高いので、申込みは1社に絞るのが賢明です。

審査結果に関わらず、申込み情報は信用情報に6ヵ月間残るため、その間に複数の業者に申込むとそのことがすべての業者に知れ渡ることになります。

すると、多重債務になった場合の返済能力やカードの悪用を疑われるなど、いずれにしても金融機関側に良くない印象を与えてしまうため、ローンの複数申込みは決しておすすめできません。

借り過ぎに注意

カードローンの場合、一度契約すれば後はATMから好きな時に繰り返し借入ができるため、自分の貯金をおろすのと同じような感覚で気軽に使ってしまうのが怖いところでもあります。

借入ありきで生活するようになってしまうと完済するのが非常に難しくなるので、借入はどうしてもという場面に止めることをことをおすすめします。

また、希望額よりも多めの限度額で審査が通ることもありますが、利用枠があるとついつい使ってしまうので限度額は必要最低限にしておいた方が良いでしょう。

プロミスの詳細はこちら


関連した記事

カードローンの知識
申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法
カードローンの知識
在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!
カードローンの知識
引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
カードローンの知識
カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法
カードローンの知識
学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?
カードローンの知識
無利息キャッシングができるカードローン5社|無利息期間が始まるタイミングに注意!
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
カードローンの知識
担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す