無利息キャッシングできるカードローン5社を比較!金利ゼロで得をする方法

[更新日]

一番トクするカードローンの借り方だよ!ぜひ検討してみて!!

無利息キャッシングとは、カードローンの無利息期間を活用して利息0円でキャッシングができるサービスです。

プロミスやアイフルなど大手消費者金融のカードローンには、初回借入時に最大30日間の無利息期間があります。この無利息期間中の借入ならいくら借りても利息を支払う必要はありません。

消費者金融と聞くと金利が高くどこか危険なイメージがあるかもしれませんが、大手なら安全性は確保されていますし、無利息キャッシングなら低金利な銀行カードローンよりも断然お得です。

無利息キャッシングができるカードローン5社を比較

短期間なら銀行カードローンよりも利息を抑えられる無利息キャッシングがおすすめです。注意点としては、無利息となる日数や開始時期がそれぞれで違うところです。

大手消費者金融で無利息期間がある5社を対象に比較してみました。

カードローン5社の比較表
業者名 無利息期間
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
アコム 初回契約日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
ノーローン 借入日の翌日から7日間
レイクALSA 初回契約日の翌日から30日間(2018/11/30までは60日間)
5万円まで初回契約日の翌日から180日間(契約額200万円まで)

無利息キャッシングができるのは基本的に初回契約時のみですが、ノーローンに関しては完済後なら何度でも7日間の無利息期間を利用できます。

また、プロミスとノーローンは「借入日」の翌日から無利息期間が始まりますが、アコムとアイフルに関しては「契約日」の翌日からなので、契約後すぐに借入をした方が無利息期間をフル活用できます。

無利息期間の開始時期の図解:ここがポイント「無利息期間のはじまるタイミングに注意」プロミス:初回借入(の翌日)から30日間。アイフル:契約から30日間

プロミスの無利息キャッシングがおすすめ

プロミスの無利息キャッシングは、無利息期間が30日間で借入してからサービス対象期間がスタートします。

利用者にとっては使い勝手もよいので一番おすすめです。

プロミスの無利息サービスを利用するには、

  1. プロミスをはじめて利用する
  2. 契約時にメールアドレスを登録する
  3. 契約時にWEB明細にする

上記3つの条件を満たして公式サイトから申し込めば、無利息期間が自動的に適用されます。

プロミスの公式サイト

キャッシング金利と利息ってどのくらい?

【金利と利息の比較】銀行カードローンVS消費者金融

「そもそもキャッシング金利と利息ってどのくらいかかるの?」という方も多いと思いますので、消費者金融と銀行カードローンでそれぞれ比較してみました。

消費者金融と銀行カードローンの金利を比較

消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
ノーローン 4.9%~18.0% 300万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円
銀行カードローン 金利 限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 800万円

上限金利(右側の大きい数字)を見ると消費者金融は約18.0%、銀行カードローンは14.0%前後が平均的な相場です。

ちなみに、下限金利(左側の小さい数字)はいずれも2.0%~4.0%前後と低めですが、これは最高限度額の500万円や800万円を借りた場合に適用される金利であり、最初からこのような高額融資はなかなか難しいのが実際のところです。

よほどの高収入でない限り、初めて契約する場合はまず上限金利を比較してみた方が良いでしょう。

利息の計算方法

キャッシング利息は日割りなので、利息を算出したい場合は以下のように計算します。

・利息=借入額×金利÷365日×借入日数

例えば10万円を金利18.0%で、30日間借りた場合の利息はこのようになります。

10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

消費者金融と銀行カードローンの利息を比較

とはいえ、必ずしも10万円を1ヵ月で返せるわけではないので、ここではプロミス(金利17.8%)と三井住友銀行カードローン(金利14.5%)それぞれで10万円借り、月々1万円ずつ返済した場合の利息を比較してみます。

借入先 借入額 返済額 返済回数 利息総額
プロミス 10万円 1万円 11回 9,043円
三井住友銀行カードローン 10万円 1万円 11回 7,227円

1万円ずつ返済した場合、返済回数は11回、完済までにかかる利息の差は1,816円でした。

ちなみに、今回は金利による利息の違いをわかりやすくするために、あえて返済額を同じ1万円にしていますが、実際の約定返済額(最底返済額)については、借入残高が10万円の場合プロミスが4,000円、三井住友銀行カードローンが2,000円となっています。

約定返済(契約時に決めた返済回数)のみならプロミスの方が金額が多いぶん早く完済できるので、実際には銀行カードローンよりも支払う利息は少なくて済みます。

実際にそれぞれで約定返済を行った場合の利息の差を計算してみましょう。

借入先 借入額 約定返済額 返済回数 利息総額
プロミス 10万円 4,000円 32回 25,864円
三井住友銀行カードローン 10万円 2,000円 78回 54,259円

この場合、プロミスの方が28,395円利息を節約することができます。

このように、利息には金利だけでなく返済期間が大きく影響してくるということも覚えておきましょう。

無利息キャッシングの注意点

無利息キャッシングにも注意点はあるよ!リスクも知っておこう!!

無利息キャッシング自体はメリットしかないサービスと言えますが、カードローンでのキャッシングに関してはいくつか注意したい点があります。

無利息期間後は高金利

無利息キャッシング中は利息が発生することはありませんが、無利息期間が終われば通常金利が適用されます。

無利息期間後の利息発生タイミングの図解

先述した通り消費者金融の金利は銀行カードローンよりも高いので、借入が長期にわたる場合は無利息期間終了後の利息についても考えておく必要があります。

無利息期間中に完済できそうにない場合は、消費者金融の公式サイト上にある返済シミュレーションを利用し、月々の返済額や利息を確認しておきましょう。

無利息期間中でも返済日はある

無利息期間の日数や借入をするタイミングによっては、無利息期間中に返済日が来ることがあります。

無利息期間中の返済の図解「無利息期間中の返済は契約時に決めた毎月の返済金額のみ支払う」

返済をうっかり忘れて延滞をしてしまうと遅延損害金が発生するだけでなく、自分の信用情報にも傷がつきます。

無利息期間中でも元金の返済はあるので、初めて借入をする場合は初回の返済日を必ず確認しておきましょう。

借入を繰り返しやすい

カードローンは限度額の範囲内であれば繰り返し借入ができるので、一度利用枠がなくなっても返済をして余裕ができれば再び借入が可能です。

この自由度の高さはカードローンのメリットである反面、借金が減りづらいというデメリットにもなり得ます。

借入が何年にも及ぶと利息が元金と同じくらいの額まで膨らむこともあるので、借入はここぞという場面に限定しできるだけ返済に徹するのが理想です。

無利息キャッシング5社の比較表へ

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンの知識
アコム・プロミス・レイクALSA・アイフルの特徴を9項目で徹底比較!
カードローンの知識
専業主婦が借りれるカードローンのメリット・デメリットを比較
カードローンの知識
今月の家賃が払えない!今すぐできる問題解決のための対処法3つ
カードローンの知識
プライベートにも利用できる個人事業主やフリーランスでも借りれるカードローン
カードローンの知識
携帯代が払えないと強制解約よりもひどいことに!今すぐできるお金の作り方
カードローンの知識
今すぐ3万円借りたい時におすすめの方法|土日や夜間でも借入OK!
カードローンの知識
100人を調査!カードローンの借金が絶対にバレない完全マニュアル
カードローンの知識
派遣社員がカードローンでキャッシングする方法と審査に通るポイント
カードローンの知識
日雇いや短期バイトでもカードローンでお金を借りるポイント
カードローンの知識
カードローンは申し込みだけ・作るだけで借り入れなくてもデメリットなし?
カードローンの知識
運転免許証がない?カードローンは健康保険証だけでお金を借りれる
カードローンの知識
引っ越したいけどお金がない!?引っ越し費用の借り方と稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円借りたい時にカードローンで安全に借りる方法
カードローンの知識
学生も即日融資!おすすめは消費者金融のカードローンでお金を借りる
カードローンの知識
無利息キャッシングできるカードローン5社を比較!金利ゼロで得をする方法

カードローンを探す