審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由

フリーターは会社員ほど安定はしていないものの、毎月継続した収入があれば消費者金融や銀行カードローンでのキャッシングが可能です。

今回はフリーターにおすすめのキャッシング方法や借入限度額の相場、審査通過率を上げるコツについて詳しくご紹介します。

また、フリーターならではの在籍確認のポイントと対処法もまとめましたので、在籍確認に不安がある方はぜひ参考にしてください。

フリーターでも即日キャッシングは可能

アルバイトで生計を立てているフリーターの場合、収入や安定性などの面に不安があり、キャッシング審査に通るのは難しいようにも感じます。

ですが、たとえフリーターでも基本的に「20歳以上で安定した収入がある方」という条件を満たせば、銀行や消費者金融のカードローンでキャッシングができます。

特に、プロミス、SMBCモビット、アコム、アイフルなどの大手消費者金融は即日融資にも対応しているので、今日中にお金を借りたいという急ぎの場面でもすぐにお金を工面できます。

申込→「大手消費者金融:最短1時間」「銀行系カードローン:最短2営業日~」

安定した収入と言っても金額自体はそれほど多くある必要はなく、5万円や10万円でも良いのでとにかく継続して収入を得ていることが重要です。

ただし、単発のアルバイトなどで生計を立てている場合は、安定した収入とは言えず申込条件を満たすことができないので注意してください。

フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由

カードローンを利用する場合、選択肢は大きく分けて消費者金融と銀行カードローンの主に2つですが、フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめです。

無利息期間がある

大手消費者金融の「アコム」「プロミス」「アイフル」には、最大30日間の無利息期間があり、この間に完済すれば利息0円での借入が可能になります。

30日間分が無利息の図解

これは銀行カードローンにはなかなかないサービスなので、融資額が少額になりやすいフリーターの場合は、短期間での完済を見越してあえて消費者金融で借りるのも賢い方法です。

特に、次の給料日が来れば全額返済できるような場合は、絶対に無利息期間がある消費者金融がおすすめです。

プロミスの30日間無利息サービスを複数パターンで検証

書類での在籍確認が可能

カードローンの審査では基本的に職場への在籍確認がありますが、フリーターの場合は職場に自分宛の電話がかかってくることはあまりないので、在籍確認によって借入がバレるのではないかと気をもむ方は多いでしょう。

銀行カードローンの場合は原則電話での確認が一般的ですが、消費者金融に関しては状況に応じて給与明細などで確認をしてくれるところもあります。

特に、SMBCモビットの「web完結申込」なら元々電話連絡が必要ありませんし、その他の消費者金融に関しても書類での確認が可能なケースが多いです。

SMBCモビットの「web完結申込」の利用手順

審査が柔軟

一般的に銀行は審査が厳しく消費者金融は審査が甘いというイメージがあると思いますが、これは銀行よりも消費者金融の金利が高いことが影響しています。

金利が高いということはそれだけ金融機関側の儲けが大きいということなので、万が一貸し倒れになった場合でもある程度そのリスクをカバーすることができます。

一方、銀行の場合は元々低金利で貸付を行っているため、消費者金融以上に貸し倒れリスクを警戒する必要があり、きちんと返済能力があるかどうかをより厳しく審査する必要が出てきます。

もちろん、消費者金融も明らかに返済能力がない人に融資をすることはありませんが、毎月継続した収入があればパートやアルバイトでも融資を受けることは決して難しくありません。

在籍確認のポイントと対処法

そもそも在籍確認をネックに感じるのは「職場に借入がバレないか不安」「自分が電話に出られなくても大丈夫?」といった心配があるからではないでしょうか。

ですが、在籍確認のやり取りは「〇〇さんはいらっしゃいますか?」といった程度の非常に簡単なものですし、電話に出るのは本人でなくても構いません。

職場への在籍確認例

他の人が対応した場合は、「〇〇は、ただいま接客中です」のような返答があればそれで確認はOKです。

また、担当者は会社名でなく個人名を名乗るので、他の人が出ても消費者金融からの電話だと気付かれる心配はありませんが、それでも不安な方は「クレジットカードに申込をしたので」と言っておけば、カードローンの申込だとバレることはないでしょう。

プロミスの在籍確認の流れ

フリーターのキャッシング限度額

キャッシング限度額は収入や他社からの借入状況などによって決まりますが、一般的にフリーターの限度額は10万円~50万円ほどになることが多いです。

とはいえ、カードローンの限度額は返済実績を積み上げることで徐々に増額が可能なので、最初に10万円しか借りられない場合でも半年~1年後には30万円や50万円まで増額されるようなケースも少なくありません。

ただし、消費者金融からの借入は総量規制の対象となるため、借入可能額は最大で年収の3分の1までです。

つまり、年収120万円の人なら40万円程度、年収300万円の人なら100万円が限度ということになります。

年収120万円の場合の総量規制の図

もしも既に年収の3分の1相当の借入がある場合、新たに申込をしても審査に通ることはできないので注意して下さい。

フリーターがキャッシング審査に通るコツ

キャッシング審査に通るために最低限抑えておきたいポイントをまとめました。

延滞をしない

キャッシング審査では申込者の信用情報を照会し、過去に延滞や債務整理、強制解約といった金融事故を起こしていないかを必ず確認します。

仮に信用情報に問題があった場合は返済能力がない人と判断され、審査に通ることはまず不可能と言って良いでしょう。

ローンやクレジットカードの支払いはもちろんのこと、分割で購入したスマホ本体の料金なども信用情報に関わってくる部分です。

キャッシング審査に通るには、毎月の支払いをきちんと行っているというのが最低限の条件になるので、毎月の支払いを延滞しないようくれぐれも注意しましょう。

嘘をつかない

フリーターは正社員と比べて年収や安定性といった面ではどうしても劣ってしまうため、少しでも評価を上げようと年収や他社からの借入額をごまかしたくなる場合もあるかもしれません。

ですが、嘘をついてもほとんどの場合すぐにバレますし、それどころか嘘をついたことで信用を失い、通る審査にも通らなくなってしまいます。

申込情報は必ず正直に申告することが大切です。

複数申込をしない

カードローンに申込みをすると、その履歴は信用情報に6ヵ月間登録されます。

そのため、同時に複数の会社に申込むとそれだけお金に困っているという印象を与えると同時に、申込ブラックと呼ばれる状態に陥り、最大6ヵ月間どこからも借入ができなくなる可能性があります。

信用情報に傷をつけないためにも、申し込みはできるだけ1社に絞るのが賢明です。

キャッシングの申込に必要なもの

本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート)と収入証明書類(源泉徴収票、給料明細)*限度額や審査状況によっては不要な場合もあります。

カードローンの申込に必要なのは以下の2点です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証+補助書類(公共料金の領収書)・・・など

収入証明書

収入証明書は今回の借入額が50万円超、または他社と今回の借入額の合計が100万円超になる場合に原則必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細
  • 税額決定通知書・・・など

プロミスの必要書類

SMBCモビットの本人確認書類は健康保険証でもOK

まとめ

フリーターよりも正社員の方がもちろん信用度は高いですが、フリーターであること自体が審査結果に直接影響するわけではありません。

それよりも信用情報や収入の継続性といった返済能力の部分が重要になるので、そこに問題がなければフリーターでも審査に通ることは十分可能です。

後は利用実績を積み信用を得ることで限度額を増やすこともできるので、毎月の支払いを延滞しないよう注意し計画的な利用を心掛けましょう。

図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法


関連した記事

カードローンの知識
カードローンキャッシングで在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる2つの方法
カードローンの知識
学生がお金を借りる方法!消費者金融のメリットと限度額 – バイト先への在席確認は?
カードローンの知識
無利息キャッシングができるカードローン5社|無利息期間が始まるタイミングに注意!
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
カードローンの知識
担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い
カードローンの知識
法人向けカードローンは会社や個人事業主の資金繰りでアリ?
カードローンの知識
消費者金融のカードローンはサラ金なのか?そして闇金融とは
カードローンの知識
消費者金融のカードローンで即日融資のうたい文句は安全なのか?
カードローンの知識
カードローンの入会(申込・契約)だけで個人信用情報に傷がつく?

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す