カードローンの最短審査、即日融資で安全にお金を借りる方法

[更新日]

”安全”に”最短”で借りる方法をわかりやすく解説しています

急な出費や予想外の支払いなど、すぐにお金を借りたい場合、担保なし保証人なしで利用できる個人向けカードローンがおすすめです。

ただしカードローンと言っても、プロミスなどの消費者金融から、三菱UFJ銀行などの銀行系カードローンなど種類はさまざまです。

とにかく急ぐなら大手消費者金融の利用がこの場合正解です。大手消費者金融なら審査時間は最短30分、融資までは最短1時間です。

※ プロミスは筆者が1時間ほどで実際に借りた方法になります。

銀行系カードローンは融資まで2~3営業日かかるのが一般的です。

一例として、メガバンクや地方銀行などの主要カードローンの審査時間をまとめたのが以下の表です。消費者金融のスピード感は他を圧倒しているのが確認できるかと思います。

主要カードローンの審査時間
カードローン会社 審査時間 口座開設
大手消費者金融 最短30分 不要
メガバンク 最短翌営業日 必要な場合も
地方銀行 最短翌営業日 ほぼ必要
ネットバンク 最短翌営業日 不要

主要カードローンの審査時間まとめ

注意点としては、スピード融資に対応している消費者金融でも、即日融資を受けるためのポイントがあるということです。

急いでいる方も目を通せるように、即日融資のポイントを2点にしぼって紹介しています。

これだけ抑えよう!安全に即日融資するポイント

急ぐなら申込は午前中、必要書類は準備しておこう

とにかく急ぐなら大手消費者金融ということですが、最短で借りるためのいくつかの条件もあります。

カードローン会社で若干の違いはありますが、ある程度共通しているのはこちらの2点。

  1. 申し込みはなるべく早い時間に済ます
  2. 最低限必要な本人確認書類を準備しておく

即日融資のポイント1:申込は早い時間に

即日融資のポイント1つめは、申し込みを午前中など早い時間に済ましておくことです。

審査は9:00~22時前後までと受付時間が決まっていますし、受付終了間近の申込は、審査回答が翌日になることもあります。

申し込みはネットで簡単にできるので、なるべく早く済ませて審査を受けましょう。

即日融資のポイント2:最低限必要な書類

申し込むにあたって必要なのは本人確認書類です。

申込後の本審査で提出するので、事前に準備しておくと契約までがスムーズに運びます。

1点でOK

2点でOK

  • 健康保険証+住民票

収入証明書類(50万円以上を借りる場合)

10万円や20万円の借入には準備しなくてもいいですが、「希望借入額が50万円以上」か「希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を越える」場合は提出が必要です。

収入証明書類が必要な場合は、一次審査後の連絡で用意するようにと伝えられますが、収入証明書類として有効なものはこちら。いずれか1点です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書

即日融資におすすめのカードローン

すぐに借りれるだけじゃない特におすすめの2社

消費者金融には即日融資だけではありません。

ネットだけで契約できるWEB完結にも対応していたり、消費者金融ならではのメリットがあります。

そんななかで特におすすめしたいのがプロミスとSMBCモビットです。

  1. プロミスは30日間金利ゼロになる無利息期間
  2. SMBCモビットは健康保険証で本人確認書類OK

といった、どちらもオンリーワンの特徴があり、状況によってそれぞれ使い分けができます。

プロミスとSMBCモビットですぐに借りるための方法を詳しく紹介してみましょう。

プロミスで即日融資で借りる方法

プロミスと言えば無利息期間!利用しないともったいない!!

プロミスをおすすめする最大の理由は、初回利用日の翌日から30日間が無利息になるからです。

はじめての利用というのが条件にはなりますが、この期間中はどんなに借り入れしても金利がかかりません。さらにこの期間内で返済してしまえば、支払う利息も当然なし(ゼロ円)になるので、短期の借入に特に向いています。

このプロミスで最短で借りる方法は、筆者が実際に1時間で借りた流れを紹介します。

プロミスで借りる方法は1つではありませんが、全国どこでも同じやり方が使えるので、どなたでも参考になると思います。

プロミスの契約までの流れ

細かい点は後から触れるとして、まずは全体の流れです。大きく分けて4つのステップとなります。

プロミスのフロー図:1申込「公式サイトから申し込み」→2審査「最短30分で審査完了」→3契約「契約はプロミスの無人店舗で」→4借入「申し込みから最短1時間」

この申込方法のいいところは土日・祝日、夜間でも即日で借りられる点です。

各ステップのポイントを紹介していきます。

1 申し込みはネットから

申し込みはパソコンやスマホからが簡単でおすすめです。プロミスの公式サイトでは24時間申込できるので、午前中など早い時間に済ませておくと、その後の流れがスムーズになります。

プロミス公式サイト

※ 審査時間を確保するために、申し込みは21時までに済ませておきましょう。

カンタン入力とフル入力

実際にプロミスの公式サイトに行ってみると、「カンタン入力」と「フル入力」の2つの申し込みボタンがあります。

申込時の入力項目の数が違うだけで、その他に変わりはありません。

カンタン入力申込とフル入力申込

カンタン入力は最低限の入力で申し込みをしてから、残りをオペレーターと電話でやりとりをします。

スマホやパソコンからの入力に慣れていれば「フル入力」がスムーズでおすすめです。

契約方法を選ぶ

ステップ3の契約をどこで行うかを、申し込みの段階で選ぶことになっています。

「Web」か「来店(無人店舗)」がありますが、「来店」を選択します。

無人契約機で契約するので「来店」を選ぶ

筆者はコンビニATMを利用できるローンカードがすぐに欲しかったので、自動契約機で契約してそのままカード発行という流れを選びました。

ちなみにスマホでATMが操作できるのはセブン銀行ATMだけなので、セブンイレブンが近くにないと24時間の利用はできません。またローンカードは郵送にすると1週間前後かかります。そういったことを検討し、来店契約を選択しました。

2 プロミスの審査

申し込み時に希望した方法(メールか電話)で審査結果と借入可能額の連絡がきます。最短で30分です。

メールの場合は、管理画面から契約可能額が確認できます。

在籍確認の電話

在籍確認は申込情報の勤務先が本当かどうかの調査で、職場への電話連絡があります。内容自体は「はい、いいえ」で答えられる質問で、担当者の名前でかかってくるので、カードローン会社からの電話とはわかりません。

会社の同僚「お電話ありがとうございます。株式会社○○です。」
プロミス「お世話になっております。鈴木と申しますが○○さんをお願いいたします。」

また本人が出なくても不在とわかれば、それで在籍確認は完了しますが、こういった職場への電話連絡が困る際は、プロミスでは別の方法での在籍確認を提案してもらえることもあります。

その場合は、ネット申し込みを行った後すぐにプロミスに電話をして、「在籍確認の電話連絡が困る」ということを相談してみてください。

※ ご要望に沿えない場合もあります。

3 プロミスの無人店舗で契約

申し込み時に「来店契約」を選んだ場合、契約を無人店舗で行いますが、その際は忘れずに必要書類も持参しましょう。

無人店舗にある個室(契約ルーム)に入り、自動契約機の読み取り機で、書類をスキャンして提出できます。

その後は、自動契約機の案内に従って契約手続きを行います。

契約が終わればすぐにローンカードの発行ができます。

プロミスの自動契約機

これがプロミスの自動契約機です。契約が終わればそのままローンカードの発行をして、無人店舗内にあるATMですぐに借り入れができます。

プロミスの無人店舗以外にも、三井住友銀行内にあるローン契約機でも同様の手続きは可能です。

プロミスと三井住友銀行のローン契約機は、営業時間が違うので注意が必要です。

プロミス自動契約機の営業時間

平日、土日・祝日 9:00~22:00 ※一部店舗で21時まで

三井住友銀行内ローン契約機の営業時間

平日、土日・祝日 9:00~21:00

4 お金の借入方法

無人店舗でローンカードを発行していれば、そのまま個室を出るとプロミスATMが設置されているので、現金の引き出しがすぐにできます。

コンビニATMでの借入は手数料が100円~200円(税別)かかりますが、プロミスの店舗内に設置されているATMは、手数料無料なのでその場で利用しておくのがおすすめです。

プロミス店舗内の様子。契約ルーム、プロミスATM

無人店舗内のようす。手前がプロミスATM、奥が自動契約機の入り口で個室になっていて外からは見えません。

借入方法のポイント セブン銀行ATMならスマホでも借りれる

2018年春よりセブン銀行ATMでスマホATM取引が利用可能になりました。プロミスのスマホ専用アプリを使えば、カードレスで借入・返済ができます。

プロミスで借りる

SMBCモビットで即日融資で借りる方法

SMBCモビットは免許証なしでOK!保険証でも契約できる!!

もう一つのおすすめはSMBCモビットです。

SMBCモビットは大手消費者金融の中で唯一、「本人確認書類が健康保険証だけでも契約できる」ので、運転免許証やパスポートを持っていない学生にもおすすめです。

SMBCモビットの申込から借入までの流れ

SMBCモビットの借入までの流れはこちらです。

SMBCモビットでも、即日融資を希望するなら申し込みは21時までに済ませておきましょう。

SMBCモビットのフロー図:1申込「公式サイトから申し込み」→2審査「審査回答まで最短30分」→3カード受取「ローン申込機でカードを作る」→4借り入れ「提携ATMやコンビニATMで借りる」→5書類返送「契約書類を返送して完了」

1 公式サイトから申し込む

スマホやパソコンからオンラインで申し込みをします。SMBCモビットの公式サイトに行ったら「カード申込」から手続きを進めていきます。

SMBCモビット公式サイト

SMBCモビットのカード申込画面

カード申込とWEB完結申込

SMBCモビットの公式サイトには「カード申込」と「WEB完結申込」があります。

WEB完結申込は申し込みの条件として「特定の銀行口座を持っていること」や「社会保険証か組合保険証」も提出しなければなりません。メリットもありますが、より多くの人が利用できる「カード申込」での流れを紹介しています。

2 SMBCモビットの審査

審査は最短で30分、審査に通るとローンカードを受け取るための予約番号が発行されます。本人確認書類(必要なら収入証明書)を持ってローン申込機に向かいましょう。

在籍確認の電話

勤務先へSMBCモビットの担当者から電話があります。職場で電話対応する人が決まっている場合は、あらかじめ電話がくるということを伝えておくとスムーズです。また電話に出られそうにない場合は、「席を外している(または不在)と対応してもらう」と在籍確認は完了します。

3 モビットカードの受け取り

審査に通ればSMBCモビットの無人店舗に行き、ローン申込機でモビットカードを発行します。三井住友銀行内ローン契約機も利用できます。

SMBCモビットの店舗入口、店舗内部

これがSMBCモビットのローン契約機です。店舗は一人分のスペースしかないのでモビットカードの発行のみ。ATMはありません。三井住友銀行ATMなら手数料無料で利用できます。

SMBCモビットローン申込機の営業時間

平日、土日・祝日 8:00~21:00

三井住友銀行内ローン契約機の営業時間

平日、土日・祝日 9:00~21:00

4 SMBCモビットの借入方法

SMBCモビットには自社ATMがないため、モビットカードは提携ATMやコンビニで利用できます。

契約は後日書類で行いますが、契約前でも借入は可能です。

提携ATMやコンビニATMを利用する

SMBCモビットでは自社ATMがありません。利用手数料が無料なのは三井住友銀行ATMだけです。イオン銀行やセブン銀行などほとんどのATMで対応していますが、手数料が「100円~200円(税別)」利用するたびにかかります。

振込キャッシング(ネット振込)

SMBCモビットは銀行口座を登録していればMyモビ(会員専用ページ)から、振込キャッシング(ネット振込)が利用できます。振込手数料無料で最短3分で振込完了しますが、平日の9:00~14:50までの対応となっています。それ以外の時間は翌営業日の振込となります。

スマホATM取引でも借りれる

SMBCモビットもスマホATM取引が利用可能です。モビットの専用アプリを使えば、カードレスでセブン銀行ATMから借入・返済ができます。

5 契約書類の返送

ローン申込機では契約手続きはできないため、後日書類が自宅へ郵送されてきます。書類は「MCセンター」という差出人で送られてくるので、SMBCモビットからだとはわからないように配慮されています。

書類が届く前に借入はできますが、書類を返送しない限り契約は完了しません。必要事項を記入してなるべく早く返送しましょう。

SMBCモビットで借りる

土日、夜間でも最短審査、即日融資で借りるポイント

残業で遅くなったけどまだ間に合うぞ!

消費者金融では(*) 審査は毎日行われていますが、審査の受付は9:00~21:00までが一般的です。土日や夜中に申し込んで借りるためのポイントはなるべく早い時間に申し込みを終えて、審査時間に余裕を持たせるのかがポイントです。

審査が混みあっていたり、ローンカードの受取を考えると、19時までに申し込んでおきたいところです。

例えば、ネット申込を午前中、昼に審査が終わっていれば、仕事帰りに自動契約機でローンカードを作ってそのままATMで借り入れることも可能です。

* 銀行系カードローンは土日・祝日、そして15時以降の申し込みは翌営業日以降の対応です。

会社が休みだと在籍確認はできない?

土日・祝日で会社が休みの場合は、会社が営業している日にあらためて在籍確認となります。そのためカードローンの即日借入は基本的に会社の休業日にはできませんが、プロミスでは急いでいるという事情を考慮してすぐに融資してもらえることもあります。※

プロミスの公式サイトから申し込みをした後すぐに、電話をして相談をしてみてください。

※ ご要望に沿えない場合もあります。

SMBCモビットは在籍確認の電話なし?

SMBCモビットの「WEB完結」なら、在籍確認の電話を書類で代用できるので、土曜日や日曜日でも即日融資も可能です。

WEB完結の利用には、指定の銀行口座を持っていること、本人確認書類、収入確認書類、勤務先の確認書類すべて提出できることが条件となっています。

SMBCモビットで借りる

安全に即日融資で借り入れできるのは大手消費者金融

「大手なら安心!」融資スピード = 大手消費者金融:最短1時間 > 銀行カードローン:最短翌営業日

大手消費者金融なら安全に即日融資ができます。一方で銀行カードローンは金利が低い反面、審査回答は最短でも翌営業日となっています。

また銀行によっては「契約完了までに銀行口座を持っていること」と、契約の条件を定めているところもあります。

仮に口座を持っていない場合は口座開設の手続きが加わるので、実際にお金を借りられるのは数日後、最終的に1週間以上待つことも普通にあります。

図解:大手消費者金融→審査→契約までがとにかく早い。銀行系カードローン→審査→15時以降→土日・祝→口座開設→契約。口座開設が不要な銀行カードローンもあります。

その点でも、大手消費者金融なら口座開設は不要、さらに土日・祝日、夜間でも審査が行われているので、いますぐに現金が必要になったという予想外のケースにも対応できます。

審査時間は21時か22時までとなっているので、遅くても20時あたりまでの申し込みなら即日融資も可能です。

カードローン各社の審査時間を比較

ネット銀行や地方銀行をはじめ、大手カードローン各社の審査時間をまとめました。

契約に銀行口座が必要なカードローンには「口座開設」を確認してください。

大手消費者金融カードローンの審査時間

消費者金融 審査時間 口座開設
SMBCモビット 10秒簡易審査 不要
プロミス 最短30分 不要
アコム 最短30分 不要
アイフル 最短30分 不要

大手銀行系カードローンの審査時間

メガバンク 審査時間 口座開設
三菱UFJ銀行カードローン 最短翌営業日 不要
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日 不要
みずほ銀行カードローン 2~3営業日 必要

地方銀行系カードローンの審査時間

地方銀行 審査時間 口座開設
横浜銀行カードローン 最短翌営業日 必要
りそな銀行カードローン 最短翌営業日 必要
ちばぎんカードローン 2~3営業日 必要
七十七銀行カードローン 2~3営業日 必要
愛媛銀行カードローン 2~3営業日 不要

ネット銀行・信販系カードローンの審査時間

ネットバンク 審査時間 口座開設
楽天銀行カードローン 最短翌営業日 不要
オリックス銀行カードローン 速やかな審査に努めるとの記載 不要
じぶん銀行カードローン 2~3営業日 不要

プロミスで借りる

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンの知識
100人を調査して出来上がったカードローンで絶対にバレたくない人の完全マニュアル
カードローンの知識
カードローンの在籍確認の実例!職場にバレない言い訳&電話なしの方法とは
カードローンの知識
派遣社員のカードローンキャッシングで必要なものと審査のポイント
カードローンの知識
日雇いや短期バイトでもカードローンでお金を借りるポイント
カードローンの知識
カードローンは申し込みだけ・作るだけで借り入れなくてもデメリットなし?
カードローンの知識
運転免許証がない?カードローンは健康保険証だけでお金を借りれる
カードローンの知識
引っ越したいけどお金がない!?おすすめの引っ越し資金の借り方と稼ぎ方
カードローンの知識
今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
カードローンの知識
学生がお金を借りるおすすめの方法は消費者金融のカードローンキャッシング
カードローンの知識
無利息キャッシングできるカードローン5社を比較!金利ゼロで得をする方法
カードローンの知識
スマホ1台でお金を借りる|手軽すぎる「スマホ完結」のメリットと申込みの流れ
カードローンの知識
審査が通りやすい?フリーターのキャッシングで消費者金融がおすすめな理由
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
カードローンの知識
カードローンの最短審査、即日融資で安全にお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ

カードローンを探す