銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い

カードローンを「一定の範囲でお金を借りて返済していく」という点でみると、銀行と消費者金融で違いはありません。

カードローン初心者にとっては銀行の方が安心感があるかもしれませんが、大手の消費者金融も安心して利用できます。何より銀行の保証会社が大手消費者金融と同じということもあります。

大まかに、銀行カードローンと消費者金融のカードローンで明確に違うのは以下の点です。

  • 金利が低い
  • 借入上限額が高い(多く借りられる)
  • 総量規制の対象外

それぞれ具体的なデータと比較しながらみていきます。

銀行カードローンは金利が低い

銀行系カードローンの方が消費者金融と比較すると全体的に金利は低いです。ポイントとなるのは上限金利で、通常の融資では上限金利を設定されることが多いからです。

一番低い最低金利は、銀行と消費者金融で差はありませんが、金利は融資額に比例して低くなるので、最低金利になるには借入できる上限で融資が通った場合になります。

つまり消費者金融で借入上限額いっぱいまで借りるのは難しく現実的ではありません。以上のことから、実質的に銀行カードローンの方が金利面では低くなることが多くなります。

大手消費者金融と銀行カードローン金利

銀行系と消費者金融の金利を比較してみます。上限金利を比較すると銀行カードローンの方が低いことがわかります。

  実質金利 銀行/消費者金融
プロミス 年4.5%~17.8% 消費者金融
アコム 年4.7%~18.0% 消費者金融
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 消費者金融
アイフル 年4.5%~18.0% 消費者金融
三井住友銀行 年4.0~14.5% 銀行
三菱UFJ銀行 年4.6~14.6% 銀行
オリックス銀行 年3.0~17.8% 銀行

住宅ローンとセットで金利が下がることも

銀行系カードローンの特徴として、住宅ローンとの併用でカードローンの金利を下げている銀行もあります。

住宅ローンを組んでいれば、その銀行でもカードローンを利用できないか検討してみてもいいかもしれません。

借入上限額が高い

借入上限額はどれくらいまで融資できるかを表し、数字が高いほど借入できる金額が多くなります。借入上限額も消費者金融と比べると、銀行の方が全体的に高いのがわかります。

大手消費者金融と銀行の借入上限額

  借入上限額 銀行/消費者金融
プロミス 500万円 消費者金融
アコム 500万円 消費者金融
SMBCモビット 800万円 消費者金融
アイフル 500万円 消費者金融
三井住友銀行 800万円 銀行
三菱UFJ銀行 500万円 銀行
オリックス銀行 800万円 銀行

総量規制の対象外

銀行カードローンは総量規制の対象外で、融資の上限を規制されません。これに対して消費者金融では、年収の3分の1までと総量規制によって貸し出しの上限が決められています。

金利の説明で「消費者金融で借入上限額まで借りるのは難しい」と言ったのは、この総量規制が大きく関係しています。500万円の上限額を借りるには、年収1500万円が最低条件になります。

年収1500万円以上の給料所得者は国内全体で1%(※)になるので、申込み条件を満たすだけで非常に狭き門です。銀行カードローンは総量規制がないので、大口の借入を希望する人に向いています。

※ 国税庁:平成26年度 民間給与の実態調査結果を参照

 

借り換えやおまとめローンにも利用可能

借入額が増えれば金利も下がるので、銀行カードローンはおまとめローンや借り換えにも向いています。おまとめや借り換え専用ローンが無い場合でも、銀行カードローンでは利用OKになっていることがほとんどです。

消費者金融でも、複数の借入をまとめる「おまとめローン」は、総量規制の対象外となります。

おまとめローン・借り換え対応

  おまとめ・借り換え 銀行/消費者金融
プロミス あり 消費者金融
アコム あり 消費者金融
SMBCモビット あり 消費者金融
アイフル あり 消費者金融
三井住友銀行 利用OK 銀行
三菱UFJ銀行 利用OK 銀行
オリックス銀行 利用OK 銀行

 

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。

銀行カードローンには審査を専門にする保証会社があり、それが消費者金融の場合があります。例えば三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスです。三井住友銀行のカードローン審査では落ちたけど、プロミスでは契約できたというケースもあり、そういった口コミや噂も多くあります。

審査内容は公開されていませんが、勤続年数が1年以上で年収が200万円以上なら審査に通る可能性は十分にあります。正社員の方が有利ですが、年収が100万円以下のパートやアルバイト勤務の人も審査に通ったというケースもあります。

年収が少ない人でも、希望借入額を10万円程度に少なく申請すれば審査に通りやすくなります。

参考:[甘い?厳しい?] データで比較!大手カードローン審査の通過率

また、消費者金融のカードローンでは専業主婦(夫)だと申込みはできませんが、銀行カードローンでは可能なところもあります。配偶者に収入があることが条件ですが、収入のない専業主婦(夫)でも申込みできるのは、銀行カードローンの特徴です。

  実質金利 借入上限額 専業主婦
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円 不可
アコム 年4.7%~18.0% 500万円 不可
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 800万円 不可
アイフル 年4.5%~18.0% 500万円 不可
三井住友銀行 年4.0~14.5% 800万円 不可
三菱UFJ銀行 年4.6~14.6% 500万円 OK
オリックス銀行 年3.0~17.8% 800万円 不可

※ おまとめローンや借り換えについては、上記の消費者金融と銀行は利用可能なため省略しています。

低金利やおまとめローン・借り換えを考えるなら、銀行カードローンの利用が第一候補になります。

消費者金融は、最短で即日融資も可能なところが多く、急いでる時に向いています。プロミスでは30日間の無利息期間があるので返済額を抑えることも可能です。


関連した記事

カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
カードローンの知識
急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンの知識
総量規制の対象に「なる」or「ならない」ローン
カードローンの知識
銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い
カードローンの知識
法人向けカードローンは会社や個人事業主の資金繰りでアリ?
カードローンの知識
消費者金融のカードローンはサラ金なのか?そして闇金融とは
カードローンの知識
消費者金融のカードローンで即日融資のうたい文句は安全なのか?
カードローンの知識
カードローンの入会(申込・契約)だけで個人信用情報に傷がつく?
カードローンの知識
カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?
カードローンの知識
生活保護費受給者はカードローンできるの?
カードローンの知識
年金生活者はカードローンできる?
カードローンの知識
無職の借り入れはカードローンより国や自治体の公的融資がおすすめ
カードローンの知識
学生はカードローンでお金を借りれるの?おすすめは?
カードローンの知識
カードローンの金利と実質年率
カードローンの知識
カードローンを初めて申込む!「必要なもの」と「流れ」

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す