カードローンは短期間計画的に借りれば日常生活にプラスです。

かくゆう筆者もプロミス、SMBCモビットなど数社のカードローンを利用しています。しかし生活に支障がでるどころか、金銭的にピンチなときには、逆に何度も助けてもらっています。

カードローンおじさん

うまく付き合っていくにはコツもありますが、すでにクレジットカードを普通に使えているなら、カードローンもうまく使いこなせるはずです。

はじめてで不安な方にも、安全にお金を借りる方法をわかりやすく紹介しています。

とにかくすぐに安全にお金を借りたい!という人はこちら

図解で簡単!カードローンで即日すぐにお金を借りる方法

図解で簡単!カードローンで即日すぐにお金を借りる方法申込から1時間で実際に借りた方法と具体的な流れを紹介しています。大手消費者金融なら安全に担保も保証人もなしでカードローンキャッシングができます。銀行カードローンではできない夜間や土日でも即日融資する方…

カードローンは今すぐお金を借りたい人に向いている金融商品

まずはカードローンのメリットとして、使用目的が自由なところが挙げられます。旅行資金や結婚資金、入院費用など借りた人が何に使おうと自由です。

今月ピンチ…さらにお金を借りるための担保や保証人は必要ありません。審査も効率化されているので、申し込みからお金を借りるまで最短1時間という早さです。

実際に筆者が借りたのはプロミスでしたが、1時間30分ほどでした。

「すぐに現金が必要になった」という予期せぬ問題にも、力強い味方になってくれます。

借り入れできる上限金額は収入などにもよりますが、数万円程の少額の借り入れから、百万円以上までと幅広くなっています。

どちらかというと10万円や20万円などの借金に向いていて、審査によって決められた限度額の範囲内で、借りたり返済したり何度でも繰り返し利用できるのが特徴です。

例えば1万円借りても、返済すればまた1万円借りられるというような使い方ができるので、全額返済したあとでも解約はしないで、あえて急な出費に備えておくというのもカードローンの有効な使い道です。

カードローンの借入・返済の図解:※返済した金額分がまた借りられるようになります

これらがカードローンのが特徴とメリットになりますが、次にカードローンのリスクに目を向けると、まずは金利が高いことが挙げられます。

カードローンのリスクは金利が高い

プロミスやアコムなどの消費者金融だと、年間金利18.0%(※1)あたりが一般的です。銀行カードローンなら15.0%前後なので消費者金融よりは低金利になりますが、一般的な融資と比べるとそれでもまだ割高な印象です。

例えば銀行のフリーローン(※2)と比較してみると、金利は半分以下の一桁台で借りられることもあります。ただし金利が低い分、相応に担保や保証人が必要だったりします。

また、手続きや審査に時間がかかるので、急いでいても融資まで1週間以上待つこともめずらしくありません。

さらに融資額においても、カードローンのように少額ではなく、数百万円以上とまとまった金額になります。融資がおりれば一度にまとめて振り込まれるだけなので、カードローンのように一定の範囲で残高の再利用ができません。

返済をしても残りの返済額が減るだけなので、再度お金を借りたい場合は、あらためて再審査となります。

カードローンと銀行融資の比較表

利便性を考えると金利だけでは語れない

カードローンと通常の融資には、このような金融商品としての違いがあるので、金利面だけの単純な比較に意味はありません。比べるなら利便性の面なども考慮すべきですが、 高金利という一面だけで「カードローン=怖い」というイメージになってしまっています。

カードローンは手軽さと即日現金が手にできるスピードが最大の強みなので、それを活かすのがかしこい大人の使い方です。

確かにキャッシングは金利が高いですが、短期間に限定して使うので急場しのぎの対価としても、納得できる利息ではないでしょうか。

この後の具体例を見てもらえば伝わるかと思いますが、10万円を1年間借りた場合、返済額はそれほどでもありません。

10万円を1年借りた場合の利息

プロミスの公式サイトで返済シミュレーションが利用できるので試してみました。

金利は一番高い17.8%で10万円を借りた場合です。
返済は1年で計算してみましょう。

プロミスの返済シミュレーション:10万円を1年で返済した場合の利息

1年間(12ヶ月)の返済金額は109,894円、利息合計は9,894円となります。

10万円を3ヶ月借りた場合の利息

今度は同じ条件で返済を早くしてみましょう。3ヶ月で全額返済したシミュレーションです。

プロミスの返済シミュレーション:10万円を3ヶ月で返済した場合の利息

10万円を借りて、3ヶ月で返済した場合の合計金額は102,980円、利息合計は2,980円となりました。

どうでしょうか、具体的な数字をみてみると利息も気にならない程度だと思いませんか?

実用的な話をすれば、毎月均等に返さなくても、好きな時に返済できる繰上返済も使いつつ、結果として数ヶ月以内に返済しようと決めて実行すれば、利息はさほど変わりません。

親や友人に借金相談しなくていい

短期間に限ったキャッシングなら、金利が高くても利息はこの程度で抑えられるので、それだけで友人や家族に借金の相談をしなくて済むなら安いと筆者は感じています。

カードローンでお金を借りるイメージ

ということで、カードローンには一定のリスクはありつつも、短期間での借り入れなら生活を下支えしてくれるという側面も実際にあるのです。

結局は利用者の使い方次第…ということになってしまいますが、どうせならかしこく使いたいですよね。当サイトでは、そんな方に向けたカードローンのおすすめの利用方法を紹介しています。

無利息期間を利用してさらに返済利息を抑える方法、審査のポイントなど、カードローンで知っておきたい内容も紹介していくので参考にしてみてください。

※1 はじめてのキャッシングでは、ほとんどの人が上限金利からになります

※2 カードローンと似た融資で使い道は原則自由です。保証人なしで無担保の商品もあります。

カードローンでお金を借りるまでの流れ

カードローンは契約までの手順が効率化されていてシンプルです。申し込みからの流れを消費者金融を例にしてみます。

1.申し込みの図解:スマホやパソコンなら24時間いつでもOK「提出書類も写真を送信」

スマホやパソコンからネット申し込みが24時間できます。提出書類も写真を撮って送信するだけです。

2.審査の図解:最短30分で審査完了。書類審査に通ると職場へ在籍確認の電話があります。 ※担当者の個人名でかかってかます。「佐々木ですが…」「条件を満たせば電話なし※」

※ 特定のカードローン会社で在籍確認を電話以外の方法(書類の提出など)にできます。

3.契約の図解:契約の手続き。契約はオンライン(スマホ・パソコン)、または無人店舗で行います。

4.借り入れの図解:申し込みから最短1時間。契約後はATMや振り込みですぐに借りられます。「すぐに借りれた!」

筆者は消費者金融だと、プロミスとSMBCモビットで借りましたが、どちらも申し込みから1時間ちょっとで契約ができました。

申し込みを午前中に済ませて、その後審査の電話があってからすぐに契約完了。その日の仕事帰りにATMに立ち寄って現金を引き出せました。

おすすめのカードローン2社

大手消費者金融でも特におすすめしたいのがプロミスとSMBCモビットの2社です。それぞれおすすめしたい理由と目的が明確に違います。

プロミスの無利息期間で利息を最小に

利息を押さえるならプロミスの無利息期間は要チェック!

プロミスのおすすめポイントは、契約がはじめてなら30日間無利息になるので返済金額を抑えられます。

プロミスの無利息期間がいい点をさらに加えると、契約してから30日間ではなく利用開始した翌日からになるので、契約後に借り入れをしない場合は無利息期間も消化されません。

実際に利用してからスタートするのが利用者目線でいいですよね。無利息期間中に全額返済すれば、文字通り利息0円で元本(借りた金額)だけの返済になります。

無利息期間が終わる時点で返済していない借り入れがあれば、残高に応じて利息が発生します。ということは、期間終了の前に繰越返済をして、返済残高を少なくしておくと利息も減らせる…ということですね。

カードローンキャッシングではこういった小技の積み重ねが、支払いを減らすちょっとしたコツになってきます。

プロミスの詳細へ

SMBCモビットは職場への電話連絡を避けられる

SMBCモビットはWEB完結申込で電話連絡をなしにできるわ!

在籍確認は審査の1つで、申告した内容が正しいかどうかの確認で行われます。基本的には勤務先に電話をかけて本人がでるか、不在でも就業していることがわかれば完了となります。

WEB完結申込は社会保険証や組合保険証などの、働いていると証明できる書類提出で、職場への電話をなしにできます。

SMBCモビットのWEB完結申込を徹底解説

その他にも、SMBCモビットは本人確認書類が免許証の代わりに保険証でも有効になるので、免許をもっていない人でも書類準備に手間がかかりません。

※一般的に保険証のみだと本人確認書類としては不足とみなされ、さらに追加で1通(住民票など)を求められるので、合計2種類の提出になります。

SMBCモビットの詳細

カードローンでよくある疑問に答えてみました

カードローンは保証人や担保が必要ですか?
カードローンは保証人なし、担保なしで申し込みできます。通常融資のように自分以外の連帯保証人、土地や不動産などの担保は必要ありません。一定収入があるなど個人の信用力が審査されます。保証人なし・担保なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
学生でもカードローンでお金を借りれますか?
学生でも20歳以上でアルバイトの給料など、毎月一定以上の収入があれば申し込みできます。収入が少なくても毎月安定収入があるかが審査のポイントになります。学生がお金を借りる方法!バイト先への在席確認は?
水商売やフリーターでもキャッシングできますか?
不安定になりがちな職業の方も申し込みできます。毎月の収入が証明できれば審査に通ること可能性も十分あります。フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
引っ越し資金の工面で、カードローンの他に何かいい方法はありますか?
カードローン以外にも不用品の買取などいくつか方法があります。記事では単身者の引っ越しを例に具体的な引越費用を見積もりをし、足りない資金を補う方法を紹介しています。引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方
今すぐ5万円借りたいのですがいい方法はありますか?
5万円ならカードローンとクレジットカードのキャッシング枠が選択肢としてあります。今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
10万円借りる場合におすすめのカードローンはどこですか?
プロミスの無利息サービスを利用するのがおすすめです。すぐに借りる為のポイントも紹介しています。今すぐ10万円~15万円借りたい時におすすめのカードローン
家族や職場の同僚などにキャッシングをばれないようにするコツはありますか?
借金が周囲にバレるのは一定の法則があるので、まずはどういったケースでバレてしまうのかを知ることからはじめましょう。[要確認] プロミスで借りても会社や家族にバレない方法
職場への在籍確認で、電話について周囲に尋ねられた際のうまい言い訳はありますか?
在籍確認の言い訳は事前に準備しておくのが理想ですね。シンプルな言い訳がおすすめで、いくつか候補がありますが「クレジットカードの在籍確認」と答えるのが一番自然です。在席確認の言い訳は「クレジットカードを作った」が最強な4つの理由
深夜にお金が必要になりました。カードローンの申し込みを今からして借りられますか?
22時以降に新規申込でお金を借りられる安全な金融機関はありません。翌朝に備えましょう!急いでも深夜にお金を借りれる金融機関はない!翌朝最短で借りる方法と流れ
カードローンは契約しておくだけで使わないとどうなりますか?住宅ローンに影響しますか?
多少は住宅ローン審査に影響があります。「返済負担率」が関係してきます。カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?
審査が甘いカードローンはありますか?
審査基準の違いは各社でありますが、審査が甘いという事はありません(債務が滞ると結局は自社にとって不利益のため)。ただし大手消費者金融は審査通過率を公開していて、平均よりも通過率が高めとのデータもあります。[甘い?厳しい?] データで比較!大手カードローン審査の通過率
消費者金融と銀行カードローンの違いって?
おおまかに銀行カードローンは金利が低く、消費者金融は融資スピードが早いという特徴があります。銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い
消費者金融のカードローンはサラ金や闇金とは違うんですか?
消費者金融は闇金ではありません。正規の金融業者かは「金融庁の貸金業者登録簿」で確認ができます。消費者金融のカードローンはサラ金なのか?そして闇金融とは
ブラックリストならぬ申し込みブラックってなんですか?
カードローン業界以外ではあまり聞きなれない言葉ですが、短期間に複数のキャッシングに申し込みをすると、審査で不利になる現象のことです。一定の基準はあるのか、何社までなら問題ないのかなどまとめています。申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法
在籍確認のアリバイ会社っていったいなんですか?
在籍確認の代行業者のことです。実際に働いていないウソの勤務先と電話応対を行い、手数料を請求するのが目的です。アリバイ会社を利用する危険性について記事にしています。在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!

コンテンツ一覧

更新情報

アイフル
アイフルの無利息期間で利息を減らす!注意点とポイントを解説
アイフル
土日・夜間でもアイフルから最短で即日融資を成功させる方法
アイフル
アイフルの審査内容と流れ!審査に通る4つのポイントと審査に落ちた場合の対処法
アイフル
アイフルから電話が来るのはどんな時?電話の用件と問い合わせ番号
アイフル
アイフルのネット申し込みと契約までの流れ!オンラインなら24時間受付
アイフル
アイフルの必要書類は画像送信で完了!提出するタイミングについて
アイフル
アイフルおまとめローン全知識!おまとめできる借入と注意点を解説
アイフル
アイフルの限度額増額の手引き|審査に通りやすい人の3つの特徴
アイフル
電話で職場バレなし!知るほど安心なアイフルの在席確認5つのポイント
アイフル
アイフル無人契約機の申込手順を解説|営業時間と必要なもの
アイフル
アイフルカードが使えるコンビニATMと手数料、利用の流れ
アイフル
アイフルの利息と金利がまる分かり!金利の下げ方も解説します
審査
申込ブラックにならないカードローンの申込み方とブラックでも借りる方法
審査
在籍確認でアリバイ会社を使うより電話連絡なしのカードローンで安全に借りよう!
カードローンの知識
引っ越し費用はいくら?オススメ度で選ぶ資金が足りない時の稼ぎ方