アイフルの無利息期間で利息を減らす!注意点とポイントを解説

アイフルで金利ゼロになる期間を最大限利用しよう!!

アイフルには最大30日間の無利息期間があるため、30日以内に完済すればいくら借りても利息は0円です。

無利息期間中の完済が難しい場合でも、借入額によっては銀行カードローンより利息が少なく済むケースもあるので、借入をしたい方はアイフルの無利息キャッシングをぜひ検討してみてください。

この記事では、無利息期間のポイントや注意点、無利息期間を最大限活用する方法についてまとめました。

アイフル無利息期間の条件とポイント

無利息になる条件とポイントをまとめました。

無利息になる条件

無利息期間を利用できるのは、以下の2つの条件を満たす方です。

  1. アイフルを初めて利用する方
  2. 無担保キャッシングローンを利用の方

既にアイフルを利用したことがある方、おまとめローンや事業用ローンなどは対象外となります。

無利息期間は契約日の翌日から30日間

無利息キャッシングができる期間は契約日の翌日から最大30日間となっており、契約をした翌日から自動的に無利息期間がスタートします。

初回借入日ではなく、あくまで契約日の翌日からなので注意してください。

無利息期間中なら、何度借りても利息0円

無利息期間中の借入については、金額や回数に関わらず利用時の利息は0円です。

例えば、一度借入を行い完済後にもう一度借りる場合でも、無利息期間中なら利息が発生することはありません。

契約と同時に借入なら無利息期間を最大限活用できる

アイフルの無利息期間が「最大30日間」なのは、借入をするタイミングによって利用できる無利息期間が変わるためです。

契約と同時に借入をすればまるまる30日間無利息ですが、借入をしたのが契約日の10日後だった場合、使える無利息期間は20日間になります。

つまり、アイフルの無利息期間を最大限活用するには、実際に借入をするタイミングで契約をするのがポイントです。

アイフルの無利息期間の図解:契約日から無利息開始なので最大30日となる「契約日に借りるのが無駄がない」

アイフルは最短即日融資に対応しているので、早めの時間帯に申込めば当日中の借入も可能です。

アイフルと他社の無利息期間を比較

アイフルと他社の無利息期間の特徴を比較しました。

カードローンの無利息期間を比較
無利息期間 適用条件
アイフル 契約日の翌日から30日間 アイフルを初めて利用する方
無担保キャッシングローンを利用
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 プロミスを初めて利用する方
メールアドレスの登録
web明細を利用
アコム 契約日の翌日から30日間 アコムを初めて利用する方
返済期日「35日ごと」で契約
無担保カードローンを利用
レイクALSA 契約日の翌日から30日間 レイクALSAを初めて利用する方
5万円まで180日間(限度額200万円まで)
ノーローン 借入日の翌日から7日間 完済日の翌月以降何度でも

無利息サービスが使えるのは基本的に初回契約時のみですが、ノーローンだけは7日間の無利息期間を何度でも利用できます。

また、プロミスについては、契約日ではなく初回借入日の翌日からスタートなので、自分の好きなタイミングで借入ができます。

プロミスで金利ゼロの無利息で借りる方法と条件・ポイントの使い方

プロミスに申し込むと30日間無利息になる方法があります。また無利息期間に追加融資や完済をした場合、本当に利息0になるのかをシミュレーションで検証します。その他ポイントサービスを利用しても無利息、提携ATM…

無利息期間を使うとどのくらい利息を減らせる?

30日間無利息期間を使った場合、どのくらい利息を減らせるのかシミュレーションしてみました。

金利は限度額に応じた上限金利で計算しています。

30日の無利息期間でこれだけ利息が減る
借入額 金利 30日間の利息
10万円 18.00% 1,479円
30万円 18.00% 4,438円
50万円 18.00% 7,397円
70万円 18.00% 10,356円
100万円 15.00% 12,328円

借入額が多いほど無利息キャッシングの効果が大きくなるため、借入が70万円以上なら1ヵ月で1万円以上利息を減らせる計算です。

アイフルの無利息キャッシングと銀行カードローンはどっちがお得?

30日以内に完済できるなら、低金利な銀行よりアイフルがお得なのは言うまでもありませんが、無利息期間中に完済ができない場合についてはどうでしょうか。

アイフル(年18.0%)と三井住友銀行カードローン(年14.5%)で、それぞれ10万円借りた場合の利息を比較してみます。

アイフルと銀行カードローンの返済金額を比較
借入期間 アイフル
(無利息期間あり)
三井住友銀行
カードローン
1ヵ月 0円 1,191円
2ヵ月 1,528円 1,815円
3ヵ月 2,211円 2,425円
4ヵ月 2,942円 3,037円
5ヵ月 3,717円 3,652円
6ヵ月 4,474円 4,269円

4ヵ月以内に完済できる場合は、銀行カードローンよりアイフルの方が利息を減らせる結果となりました。

アイフル無利息期間の注意点

アイフルの無利息キャッシングのメリットは大きいですが、注意点にも目を通しておきましょう。

無利息期間中でも返済はある

無利息期間中でも通常通り元金の返済はあるので注意が必要です。

万が一返済が遅れると無利息期間が終わってしまうばかりか、遅延損害金として通常より高い利息を請求されます。

返済日は契約者ごとに違うので、支払い忘れがないよう契約の際に返済日をしっかり確認しておきましょう。

通常金利は高め

無利息キャッシングは確かにお得ですし、場合によっては銀行カードローンよりも利息が少なく済むケースもあります。

ですが、アイフルの通常金利は3.0%~18.0%と高めなので、無利息期間後の利息についてもあらかじめ考慮しておく必要があります。

無利息期間中に完済できれば何も問題ありませんが、そうでない場合は無利息サービスだけに注目するのではなく、完済までの利息を計算した上で本当にお得なカードローンを選ぶことが大切です。


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す