アイフルの審査内容と流れ!審査に通る4つのポイントと審査に落ちた場合の対処法

アイフルの審査基準と落ちないためのポイントを解説するよ!

アイフルの審査回答は最短で30分、借入まで最短で1時間です。審査は平日だけでなく土曜日や日曜日でも行われているので、即日融資も可能です。

一番の不安は審査に通るかどうかという点ですが、アイフルで重視される審査内容をまとめました。

また、審査に通過するためのポイントや流れも解説しているので、審査が不安な方はぜひご覧ください。

アイフル審査の要点をチェック

アイフルの審査のポイントを確認しておきましょう。

アイフルの審査回答は最短30分

審査受付時間は土日含め9:00~21:00までで、審査回答時間は最短30分となっています。

即日融資を希望の場合は、遅くとも20時頃までに申込みを済ませましょう。

アイフルで審査される内容

審査項目には主に以下の3つがあります。

①申込情報

申込時の情報をもとに審査が行われますが、大きく分けて本人情報と属性情報の2つが重要になります。

アイフルの申込情報の審査内容
審査項目 内容
本人情報 氏名、生年月日、住所など
属性情報 勤務先、年収、雇用形態、他社借入状況、住居形態、家賃など

②信用情報

申込者の信用情報を照会し、金融事故の有無(過去の延滞、自己破産など)や他社からの借入状況を確認します。アイフルは信用情報機関である「JICC」と「CIC」の2つに加盟しています。

③在席確認

アイフルの担当者が申込者の職場に電話をかけ、在席状況を確認します。派遣社員の場合は、派遣元である派遣会社に連絡をするケースもあります。

アイフルの審査通過率は高い

アイフルの公式サイトによると、無担保ローンの新規成約率は45.6%となっており、申込者の半数近くが審査に通過していることがわかります。

アイフルの審査通過率

IR情報~2018年3月期月次データより

他の大手消費者金融の審査通過率と比較してみると、若干ですがアイフルの審査通過率が最も高い結果となっています。

大手消費者金融の審査通過率
カードローン会社 新規成約率
アイフル 45.60%
SMBCモビット 45.40%
アコム 44.80%
プロミス 45.40%

アイフルの詳細

審査を通過するための4つのポイント

アイフルの審査基準そのものは非公表ですが、一般的に以下のケースでは審査落ちになる可能性が極めて高いとされています。

審査を通過するために、どういったケースで審査に落ちるのかをチェックしておきましょう。

信用情報に問題がある

ローンやクレジットカードの支払遅延などで信用情報に問題がある場合は、いわゆるブラックリストの状態なので審査に通るのはまず無理です。

また、債務整理をしている場合も同じく信用情報に登録されるため、完済後5年間は大手からの借入はできないと考えた方が良いでしょう。

借入が年収の3分の1を超えている

アイフルのような貸金業者は貸金業法という法律を基準にしているため、総量規制の対象となります。

総量規制とは、個人に貸し付けを行う際「他社を含め年収の3分の1を超えて貸し付けてはならない」という決まりです。

つまり、アイフルに申込みをする時点で他の消費者金融や信販会社からの借入が年収の3分の1に達している場合、アイフルからそれ以上の借入はできません。

ちなみに、銀行からの借入は総量規制の対象外のためこの範囲には含まれませんが、他社からの借入は審査に大きく影響してくる部分なので、過剰な借入と判断されれば総量規制の範囲内でも審査落ちの可能性があります。

申込み情報に嘘がある

年収、他社借入情報、勤務先情報などの申込み情報については、必ず正しく申告する必要があります。

そのため、万が一内容に嘘が発覚した場合は審査落ちの大きな要因となります。

たとえ嘘をついても信用情報や収入証明書類からすぐにバレるので、正直に申告した方が結果的に自分のためです。

在席確認が取れない

在席確認は返済能力の有無を判断する上でとても重要なので、ここで確認が取れないと審査に通ることはできません。

もしも、自分が不在の時に電話がきても「〇〇はただいま席を外しております」「本日はお休みをいただいております」など、在席を確認できる返答があればそれでOKです。

この時アイフルの担当者は個人名を名乗るので、周りにカードローンの申込を知られる心配もありません。

アイフル審査の流れ

申込後の審査から借入までの流れをまとめました。

1 公式サイトで申し込み

2 一次審査
申込情報と信用情報の確認

3 必要書類の提出

4 本審査
書類審査と在席確認

5 審査結果の回答

6 契約手続き

6 ATMや振込で借り入れ

まずは申込み情報と信用情報を確認し、審査の最終段階で勤務先への在席確認が行われます。

書類を提出するタイミングはローン会社によって違いますが、アイフルの場合は比較的早いタイミングとなっています。

審査に必要な書類

アイフルの審査に必要な書類は以下の2つですが、限度額によっては本人確認書類のみで契約ができます。

本人確認書類

以下の中からいずれか1点

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
  • 個人番号カード(表面のみ)

免許証やパスポートなどを持っていない人で、健康保険証など顔写真がない書類の場合は、以下の「A]~「C」の中から2つの書類が必要です。

  1. 「A」から2点
  2. または「A」から1点、「B」か「C」から1点の計2点
顔写真なしの本人確認書類
A 健康保険証
年金手帳
母子健康手帳
B 住民票
戸籍謄本(抄本)
住民票記載事項証明書など
C 公共料金の領収書
(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど。領収印がある直近2回分までのもの)

収入証明書類(借入金額によっては必要)

10万円などの少額の融資には必要ありません。

収入証明書類の提出が必要なのは、アイフルで希望借入額が50万円以上、または他社を含めて借入額の合計が100万円を超える場合です。

いずれか1点準備しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 個人番号カード(表面のみ)

増額と新規申込時の審査の違い

アイフルで契約後に限度額を増額したい場合には、改めて審査が必要です。新規申込みと増額では審査にどんな違いがあるのかをまとめました。

審査回答時間

増額審査の回答時間は最短20分と、新規申込みに比べると若干早いです。

ただし、増額審査の対応時間は平日10:00~18:00のみなので、土日や祝日に申込んだ場合は翌営業日の審査となります。

審査内容

審査内容は基本的に新規申込みの場合とそれほど変わりませんが、増額審査の場合はそこにアイフルの利用実績が加わります。

そのため、アイフルの支払いを延滞してしまうと、審査に通るのはまず不可能と思った方が良いでしょう。

反対に日頃から繰り上げ返済を行っている場合などは、計画的に利用していることを印象付けられるので評価を得やすくなるでしょう。

在席確認の有無

新規申込みの際は必ず在席確認を行いますが、増額審査については勤務先に変更がなければ行わない場合もあります。

いずれにしても申込者に断りなく勝手に電話をかけることはないので、在席確認に関して何か要望がある方は事前に担当者に相談してみてください。

アイフルの審査に落ちた場合の対処法

アイフルの審査に落ちてしまった場合は、以下の方法を検討してみてください。

他社に申込む

アイフルでは自社審査を行っていますが、審査をする保証会社が変われば審査基準も変わるため、試しに他社に申込んでみるのも一つの手です。

ただし、審査落ちの原因がブラックだとするとおそらく大手消費者金融や銀行からの借入は難しいので、中小消費者金融への申込みを検討する必要があるかもしれません。

その際は、安全な業者かどうかきちんと見極めるため、申込みをする前に必ず金融庁のHPで正規の登録業者かどうか確認しましょう。

金融庁:登録貸金業者情報検索入力ページ

6か月待って再度申込む

もしもアイフル以外のローンに同時申込みをしていた場合、申込ブラックが原因で審査に落ちた可能性があります。

申込ブラックとは短期間に複数のローンに申込んだことが原因で審査に通りづらくなる状態のことで、一度申込ブラックになると信用情報から申込み履歴が消えるまでの6か月間は実質借入が難しくなります。

この場合の対応策としては、残念ながら情報が消える6か月をただ待つしかありません。

ですが、申込ブラックが原因で審査に落ちたのであれば、時間をおいて再申込みをすることで審査に通る可能性は十分あるでしょう。

アイフルの詳細

アイフルのイメージ

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間30日
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、来店(契約ルーム、アイフル店舗)
提供アイフル
  • WEB完結なら郵送物なし!来店不要でオンラインだけで契約できる
  • アイフルの利用がはじめてなら最大30日間分の利息が0円
  • 審査は最短で30分、最短1時間での即日融資も可能


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す