アイフルおまとめローン全知識!おまとめできる借入と注意点を解説

[公開日]

アイフルおまとめローンのメリット・デメリットを紹介するよ!

アイフルには「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という、2つのおまとめローンがあります。

この記事ではそれぞれの違いや、アイフルのおまとめローンはどんな人に向いているのか、メリットとデメリットなどについて詳しく解説します。

申込方法や必要書類についてもまとめましたので、おまとめローンを検討している方はぜひご覧ください。

アイフルの「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の違い

アイフルには「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という2種類のおまとめローンがあります。

2つとも金利や限度額などに違いはなく、唯一違うのは貸付対象の部分です。

かりかえMAXはアイフルの利用が初めての方、おまとめMAXはアイフルを利用したことがある方が対象となっています。

「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の違い
おまとめローン 貸付対象
おまとめMAX アイフルを初めて利用する方
満20歳以上で定期的な収入がある方
かりかえMAX アイフルを利用したことがある
満20歳以上で定期的な収入がある方
「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の金利や限度額
金利 限度額 返済期間
年3.0%~17.5% 1万円~800万円 最長10年

一般的に「かりかえ」と「おまとめ」では若干目的が違いますが、アイフルの「かりかえMAX」は複数の借入をまとめることができるので、実質おまとめローンとして利用可能です。

アイフルの利用が初めてなら「かりかえMAX」、そうでない方は「おまとめMAX」と単純に選んでしまって構いません。

おまとめ対象になる借入の種類

2つのローンそれぞれでおまとめ対象となるのは、以下のような借入です。

  • 貸金業者(消費者金融、信販会社)からの借入
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピングリボ
  • クレジットカードのキャッシング

銀行カードローンなどはアイフルよりも低金利なものが多いので、その場合は銀行カードローン以外をアイフルでまとめることも可能です。

どの借入をまとめるかについては、申込前に担当者とよく相談の上決めましょう。

また、審査結果次第では一部のみおまとめ可能となるケースもあり、必ずしもすべての借入をまとめられるわけではないので注意してください。

おまとめローンは総量規制の例外

一般的な消費者金融や銀行のカードローンは、総量規制の関係で年収の3分の1超の借入はできません。

資金使途に「他社からの借り換えも可能」と書いてある場合も多いですが、これはあくまで総量規制の範囲内でということであり、高額の借り換えやおまとめは金額的に難しい場合が多いです。

一方、おまとめローンは貸金業法の「顧客に一方的有利となる借換え」に当てはまるため、総量規制の例外です。

つまり、借入額が年収の3分の1を超えていても、アイフルのようなおまとめ専用ローンなら問題ありません。

アイフルおまとめローンのメリット

メリットは以下のような点です。

毎月の返済額が減る

アイフルのおまとめローンは返済負担を軽くすることを目的としているため、おまとめをすれば毎月の返済額を減らすことができます。

返済額が減ることは必ずしもメリットばかりではないものの、現状支払いが難しい場合は、一本化で毎月の返済負担を軽くした方が良いでしょう。

金利が下がる

おまとめローンはもともと金利が低めに設定されていますが、さらに複数の借入をまとめて限度額が大きくなれば、金利の引き下げ効果も期待できます。

特に、おまとめ後の限度額が100万円以上なら法律上15.0%以下になるのは確実なので、例えば複数の消費者金融から上限金利で融資を受けている場合などは、金利の下げ幅も大きくなる可能性が高いです。

返済管理がラクになる

借入が複数あるとそれぞれで返済日が違うため、うっかり払い忘れてしまう心配があります。

延滞をすると信用情報に傷がつき今後のローン審査に影響してくるため、返済先をまとめて管理をラクにするという意味でもおまとめローンはおすすめです。

即日融資も可能

平日の早い時間帯に申込と契約手続きをすれば、即日融資も可能です。

時間的に余裕がある場合は、郵送での手続きを選ぶと来店不要で契約が可能です。

アイフルおまとめローンのデメリット

一方で、いくつかデメリットもあります。

追加借入や他社借入ができない

アイフルのおまとめローンは返済専用のため、一般的なカードローンのように追加の借入はできません。

おまとめ後の限度額が総量規制の範囲内なら、あわせてアイフルのフリーローンを契約できる場合もありますが、これもある程度返済実績を作ってからと考えた方が良いでしょう。

また、おまとめ後は他社からの借入を控えてほしいというのがアイフルのスタンスなので、オートローンやショッピングローンなどを除く消費性ローンの借入は難しくなります。

もしも既に自転車操業状態で生活している場合、おまとめ後にきちんと返済していけるのか慎重に検討しましょう。

金利が高い

アイフルのおまとめローン金利は最高で17.5%と、おまとめローンにしては高めです。

例えば、銀行のおまとめローンでは東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」が有名ですが、金利は一律年12.5%とアイフルに比べかなり低金利です。

銀行カードローンの場合、上限金利は14.0%~15.0%ほどが相場なので、金利の面で言えばやはり銀行にはかないません。

支払総額が増える場合がある

おまとめローンで毎月の返済額が減るということは、その分返済スピードが遅くなり、利息を含めた支払総額が増えることを意味します。

返済額が少なすぎると、金利が下がっても利息が減らないケースが多いので、おまとめ前のシミュレーションは必ず行うようにしましょう。

返済条件はある程度自分で決めることができるので、無理のない範囲でできるだけ返済期間を短くするのが利息を減らすポイントです。

アイフルおまとめローンの審査難易度

限度額が高額になりやすいおまとめローンは一般的に審査が厳しいとされていますが、アイフルのような返済専用ローンであれば、融資する側としてもある程度リスクをコントロールできます。

もちろん、返済能力については他のローン同様しっかりと審査されますが、おまとめローン自体が多重債務者向けのローンとも言えるので、審査もそれを前提にして行われます。

アイフルの申込み基準自体決して厳しいものではないので、信用情報に問題がなく定期的な収入がある方なら、そこまで審査を不安に感じる必要はないでしょう。

アイフルのおまとめローンが向いている人

アイフルのおまとめローンは、以下のような人に向いています。

貸金業者の借金をまとめたい人

消費者金融やクレジットカード会社など、もともと金利が高いところから借入をしている場合は、アイフルへのおまとめで金利が下がる可能性が高いです。

いずれも上限金利についてはおそらくアイフルのおまとめローンとそれほど変わりありませんが、一本化で限度額が大きくなればその分金利も下がりやすくなります。

銀行ローンの審査に不安がある人

借入をまとめるならできるだけ低金利なローンを選ぶのが鉄則ですが、金利が低い銀行ローンはやはり審査も厳しいです。

銀行によっては申込者の雇用形態や年収に条件を設けている場合もあり、必ずしも収入があれば誰でも申込めるというわけではありません。

特に、借入が3社~4社以上の場合はおまとめ金額も高額になりやすいので、収入と返済能力の部分をかなり厳しく審査されるでしょう。

もちろんアイフルでも返済能力がない人に融資をすることはありませんが、申込条件がそれほど厳しくないため、より幅広い方が利用できるようになっています。

また、高金利なローンの方が審査難易度は低い傾向にあるので、銀行の審査に不安がある方はアイフルのおまとめローンを検討してみると良いでしょう。

おまとめローンの返済方法

アイフルのおまとめローンの返済方法は、あらかじめ指定した口座からの自動引き落としです。

返済日は、3日、6日、23日、27日のいずれかとなりますが、引き落とし先の銀行によって違うため、詳しくはアイフルに確認してみてください。

返済シミュレーション

アイフルのおまとめローンで借りた場合の返済額と支払総額をシミュレーションしてみました。

50万円を年17.5%で借りた場合

返済回数 毎月の返済額 支払総額
12回(1年) 46,000円 548,306円
36回(3年) 18,000円 645,640円
57回(5年) 13,000円 733,385円

100万円を年15.0%で借りた場合

返済回数 毎月の返済額 支払総額
36回(3年) 35,000円 1,240,405円
59回(5年) 24,000円 1,412,017円
79回(7年) 20,000円 1,564,016円
106回(10年) 17,000円 1,792,103円

200万円を年12.0%で借りた場合

返済回数 毎月の返済額 支払総額
36回(3年) 67,000円 2,380,684円
59回(5年) 45,000円 2,645,006円
81回(7年) 36,000円 2,912,146円
117回(10年) 29,000円 3,368,566円

おまとめローンの申し込みから契約までの流れ

アイフルのおまとめローンの申込から契約までの流れはこのようになります。

1 ネットで申し込む

2 審査

3 審査結果の回答

4 郵送か店舗で契約手続き

5 借入(現在の借入先にアイフルが返済)

インターネットからの申込みは24時間受け付けていますが、審査は平日10:00~18:00の間のみとなっています。

現在の借入先にはアイフルが契約者名義で直接返済金を振り込む仕組みですが、元金返済後に残った利息については、自分で返済する必要があるので注意してください。

申込時の必要書類

おまとめローンの申込に必要な書類は、以下の3つです。

顔写真付きの本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)

収入証明書

  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書(直近のもので税務署印か税理士印があるもの)
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

他社の借入状況を確認できる書類

  • 利用明細書
  • 残高証明書

まとめ

アイフルおまとめローンのポイントを、もう一度整理しておきましょう。

  1. アイフルの契約が初めての方は「かりかえMAX」、利用したことがある方は「おまとめMAX」
  2. おまとめローンは総量規制の例外
  3. アイフルのおまとめローンは返済専用
  4. 向いているのは、「貸金業者の借金をまとめたい人」「銀行ローンの審査に不安がある人」
  5. 契約は来店か郵送での手続きが必要(来店なら即日融資も可能)

アイフルの詳細

アイフルのイメージ

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間30日
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、来店(契約ルーム、アイフル店舗)
提供アイフル
  • WEB完結なら郵送物なし!来店不要でオンラインだけで契約できる
  • アイフルの利用がはじめてなら最大30日間分の利息が0円
  • 審査は最短で30分、最短1時間での即日融資も可能

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンを探す