アイフルの利息と金利がまる分かり!金利の下げ方も解説します

アイフルの金利・利息イメージ

アイフルの利息と金利がまる分かり!金利の下げ方も解説します。

アイフルは大手消費者金融の中でも融資スピードに定評がありますが、借入をする上では利息や金利水準についても気になるところです。

  • 「アイフルの金利って高いの?」
  • 「10万円借りたら利息はどれくらい?」
  • 「アイフルの金利を下げる方法はある?」

今回はこういった疑問をお持ちの方に向け、アイフルで借入をした場合に利息や金利がいくらになるのか、さらに金利を下げる方法についても詳しくご紹介していきます。

アイフルがはじめての方は最大30日間無利息

アイフルではじめて契約する方については、最大30日間の無利息期間を利用できます。

本来なら借入をした翌日から日割りで利息がかかりますが、無利息期間中なら利息0円でキャッシングができるので、一時的な利用を検討中の方やできるだけ利息を減らしたい方にもおすすめです。

注意点としては、借入の有無に関わらず契約日の翌日から自動的に無利息期間がスタートするので、お金が必要になるギリギリのタイミングで申込んだ方が無利息期間をフル活用できます。

アイフルは即日融資も可能ですが、申込んだ時間帯によっては翌日の審査回答になる場合もあるので、借入をしたい日の前日あたりに申込むと安心です。

通常金利は年3.0%~18.0%

アイフルのキャッシング金利は年3.0%~18.0%、限度額は最大800万円となっています。

3.0%~18.0%とかなり開きがありますが、ここは契約限度額によって変わってくる部分で、限度額が大きいほど金利は低くなります。

ですが、初回利用時は限度額が低めに設定されやすいため、金利は上限の18.0%が適用されることが多いです。

金利水準としては銀行ローンよりは高いものの、他の大手消費者金融と比べるとあくまで平均的と言って良いでしょう。

アイフルの利息をシミュレーション

キャッシング利息は以下の方法で計算できます。

「利息=借入元本×金利÷365日×借入日数」

カードローンの場合は利息計算が複雑なので、アイフルの公式サイトにある返済シミュレーションを使うのがおすすめです。

アイフルで借入をした場合、完済までにどのくらい利息がかかるのか、実際にシミュレーションしてみました。

※金利は実質年率18.0%で計算しています。

10万円借りた場合

約定返済額 4,000円
返済回数 32回
利息総額 26,220円

30万円借りた場合

約定返済額 11,000円
返済回数 36回
利息総額 88,557円

50万円借りた場合

約定返済額 13,000円
返済回数 58回
利息総額 250,737円

利息と金利の基礎知識

利息と金利の基礎知識についてまとめました。

利息と金利の違い

利息とは貸付の対価として貸し手が受け取るお金のことです。

お金を借りたら利子を付けて返すとよく言いますが、利子と利息はほぼ同じ意味で使われます。

では、一体いくら利息を払えばいいのかということになりますが、ここで出てくるのが金利です。

金利は利息がいくらになるのかを決めるもので、年〇.〇%というように借入額に対する割合を表します。

例えば、金利が年18.0%なら借入額に対し1年で18.0%の利息がかかるという意味になります。

金利が高いほど利息も高くなるので、利息を抑えたければできるだけ低い金利で借りることが重要です。

厳密に言えば、金利だけでなく返済期間も利息に影響してきますが、ここではひとまず利息と金利の違いについて覚えておきましょう。

上限金利は法律で決められている

キャッシング金利は金融機関で自由に決められるわけではなく、利息制限法という法律によって上限が決められています。

借入元本が大きくなるほど金利は下がるので、高額な借入をするほど金利の面では優遇されます。

元本 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

グレーソーン金利とは

金利に関わる法律には利息制限法の他に、もう一つ出資法があります。

当時の出資法では上限金利を29.2%と定めており、利息制限法の15.0%~20.0%と比べると遥かに高い金利が設定されていました。

グレーゾーン金利とは、この利息制限法と出資法の間の金利のことを言います。

なぜグレーゾーンなのかというと、出資法に違反した場合は刑事罰に課せられますが、利息制限法の違反に関しては罰則がなかったからです。

そのため、当時は利息制限法よりも高い金利で貸し付けをする業者がいくつも存在しました。

しかし、貸金業法の改正により2010年6月、出資法の上限が利息制限法と同水準に引き下げられ、それと同時にグレーゾーン金利も廃止されました。

近年、法律事務所のCMで過払い金請求のCMをよく目にしますが、これはグレーゾーン金利時代に利息を払いすぎた人に対し、過払い分の利息を返還する手続きのことです。

アイフルの金利を下げる方法

アイフルの金利を下げるには、以下のような方法があります。

限度額を増額する

金利は限度額が大きくなるほど下がる仕組みなので、限度額を増やせばその分低い金利で借入ができます。

ただし、増額には審査があるため必ずしも希望が通るわけではなく、借入額に見合った返済能力があることをアイフルに認めてもらわなければいけません。

評価を得やすくなるポイントとしては

  • 申込み時点に比べ収入が増えた
  • 他社からの借入が減った
  • アイフルの返済を延滞せずにきちんと行っている(繰り上げ返済の実績があると尚可)

などが挙げられます。もちろん、実際の審査基準はアイフルにしか分かりませんが、この条件に当てはまるなら一度増額の申込をしてみる価値はあるでしょう。

ただし、アイフルでの借入は総量規制の対象なので、他社(消費者金融、信販会社)を含めた借入額が既に年収の3分の1に達している場合、それ以上の増額はできないので注意してください。

おまとめローンを利用する

アイフルにはおまとめMAXという、おまとめ専用ローンがあります。おまとめローンは総量規制の対象ではないため、おまとめMAXなら年収の3分の1以上の借入も可能です。

限度額は最高800万円、金利は年3.0%~17.5%とカードローンに比べて若干低いですが、返済専用ローンのため契約後新たな借入はできません。

しかし、アイフルや他社からの借入をおまとめMAXで一本化すれば、限度額次第では金利を大幅に引き下げることが可能です。

少なくとも借入額が100万円以上なら金利は15.0%以下になるので、多重債務で返済負担が大きい場合には、おまとめを検討してみても良いかもしれません。

金利交渉をする

金利交渉を行う上でまず重要なのは、アイフルにとって優良顧客かどうかという点です。

支払いを延滞していないことは当然ですが、契約後1か月の人と1年の人では得られる信用が違いますし、利用枠に余裕があるかどうかも返済能力を計る上で一つのポイントになるでしょう。

この辺りを踏まえた上で実際に金利交渉をする場合、例えば「より低金利な他社への借り換えを検討しているが、アイフルの金利が下がれば今後も利用したいと思っている」といった趣旨の話をしてみると良いかもしれません。

アイフルとしても優良顧客はできるだけ手放したくないはずなので、状況によっては金利交渉に応じてもらえる可能性があります。

ただし、増額を伴わない金利の引き下げはアイフルが公式に案内しているものではないので、あまり過度な期待は禁物です。

利息や手数料を最小限にする賢い使い方

アイフルの利息や手数料を抑えるポイントをまとめました。

繰り上げ返済をする

繰り上げ返済はカードローン返済の基本中の基本です。毎月の約定返済のみでも問題はありませんが、それだと完済までにかなりの利息を支払うことになるので、毎月1,000円や2,000円でも良いのでぜひ繰り上げ返済をしていきましょう。

例えば10万円を金利18.0%で借りた場合、約定返済額の4,000のみと毎月5,000円ずつ返済した場合では、支払利息に6,485円の差が出ます。

月の返済 返済回数 利息総額
4,000円 32回 26,220円
5,000円 24回 19,735円

これはあくまで途中で借入をせず返済のみ行った場合なので、借入と返済を繰り返した場合は支払う利息の差もさらに広がります。

借入額が高額になるほど繰り上げ返済の効果は大きいので、余裕がある時はできるだけ繰り上げ返済をしていきましょう。

手数料0円の借入・返済方法を選ぶ

借入や返済をコンビニなどの提携ATMから行う場合は、金額によって108円~216円の手数料がかかります。

手数料についてはあまり意識しない方も多いですが、手数料の節約も支払総額を抑える上では非常に重要です。

以下に、手数料をかけずに借入・返済する方法をまとめましたので参考にしてください。

手数料0円で借入する方法

アイフルの自社ATMを利用する

振込キャッシングを利用する

振込キャッシング後にATMから出金する際は、同じ銀行の専用ATMを使うか、一定回数ATM手数料が無料になるネット銀行などを利用すると便利です。

コンビニATM手数料が無料なネット銀行は、住信SBIネット銀行が月2回、ソニー銀行は月4回までとなっています。

手数料0円で返済する方法

  1. アイフルの自社ATMを利用する
  2. 口座振替を利用する

まとめ

最後にアイフルの4つのポイントをまとめておきましょう。

  1. アイフルには初回最大30日間の無利息期間がある
  2. 通常金利は年3.0%~18.0%、限度額は最大800万円
  3. アイフルの金利を下げたい場合は、限度額の増額、おまとめローンへの借り換え、金利交渉を検討する
  4. 支払総額を減らすには、繰り上げ返済と手数料がかからない借入・返済方法を選ぶことが重要

アイフルの詳細

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間30日
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、来店(契約ルーム、アイフル店舗)
提供アイフル
  • WEB完結なら郵送物なし!来店不要でオンラインだけで契約できる
  • アイフルの利用がはじめてなら最大30日間分の利息が0円
  • 郵送物の受け取り時間も指定できる
  • 審査は最短で30分、最短1時間での即日融資も可能


関連した記事

カードローンを探す

都道府県からカードローンを探す