アコムの銀行振込ならカードなしで借りれる!対応時間と借入までの流れ

[公開日]

アコムの銀行振込は24時間対応!銀行振込での借入について!

アコムにはATMと銀行振込の2種類の借入方法がありますが、銀行振込を利用すればカードがなくてもインターネットから24時間借入ができます。

ただし、振込時間は金融機関や申込む時間帯によっても変わってくるので、振込で即日融資を受ける際は若干注意が必要です。

今回はアコムの銀行振込の申込方法や対応時間、借入までの具体的な流れなどについて詳しくご紹介していきます。

アコムはカードなしでも銀行振込で借入できる

アコムはATMのほか銀行振込による借入もできるので、手元にカードがなくても問題なく利用できます。

銀行振込に関しては振込手数料を心配する方もいるかもしれませんが、借入時の手数料は無料なので提携ATMを使うよりお得です。

銀行振込の申請方法と受付時間

銀行振込の申請はインターネットや電話から行えます。

インターネットの方が当日振込の受付時間が長めに設定されており、振込までの時間も早いのでおすすめです。

インターネット

アコム会員ページの「振込によるお借入れのお申し込み」メニューから、24時間365日申請ができます。(毎週月曜日1:00時~5:00時、毎日23:50~0:10を除く)

楽天銀行なら土日や夜間でも最短1分で振込ができるので、口座をお持ちの方はぜひ利用しましょう。

インターネット振込の受付時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施時間
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 0:10~9:00 当日正午頃
9:00~14:00 当日17:00まで
14:00~23:50 翌営業日正午頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日正午頃
その他の銀行
信用金庫
月曜~金曜 0:10~9:00 当日9:30頃
9:00~14:30 受付完了から1分程度
14:30~23:50 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日9:30頃

アコムプッシュホンサービス(自動音声)

下記のフリーダイヤルから、自動音声による振込申請や振込口座登録が可能です。

  • 0120-134-567(受付時間 0:10~23:50)
アコムの自動音声の受付時間
曜日 受付時間 振込実施時間
平日 0:10~9:00 当日正午頃
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日正午頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日正午頃

アコムコールセンター(担当者受付)

振込申請や口座登録に加え、サービスに関して不明点がある場合は、下記のフリーダイヤルに電話をするとオペレーターが対応してくれます。

  • 0120-629-215(受付時間 9:00~18:00)
アコムコールセンター受付時間
曜日 受付時間 振込実施時間
平日 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日正午頃
土・日・祝日 9:00~18:00 翌営業日正午頃

銀行振込がはじめてなら受付時間が延長される

はじめて振込キャッシングを利用する方で以下の銀行口座をお持ちの方は、即日振込の受付時間が平日18:00まで延長されます(振込実施は当日19時まで)。

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

このサービスを利用する場合は、インターネットではなく以下のフリーダイヤルから振込申請をしてください。

  • 0120-07-1000

振込名義は「ACサービスセンター」

銀行振込で借入をする際、通帳に記載される名義は「ACサービスセンター」になるので、アコムの名前が記載されることはありません。

また、カードや利用明細書を郵送で受け取る場合も同じくACサービスセンターという名前で送られてくるので、家族に借入を内緒にしたい方も安心です。

来店不要!アコムの申込みから振込までの流れ

アコムはネットで24時間申し込みができ、契約手続きや借入もネットで完結します。

申込みから振込までの流れを詳しくまとめましたので、この手順に沿って手続きを進めていきましょう。

  1. 申込み
  2. 必要書類を提出する
  3. 審査
  4. 審査結果メールが届く
  5. 契約手続き
  6. 振込

①申込み

アコム公式サイトの「インターネットからお申込み」ボタンから、必要情報を入力して申込みをします。

入力項目は以下の6つです。

  • お客様情報
  • ご自宅情報
  • お勤め先情報(派遣社員の場合は派遣元)
  • 他社お借入状況
  • 希望限度額
  • 希望連絡先

申込み情報に嘘があると審査落ちの原因になるので、必ず正しい内容を申告しましょう。

入力内容と同意事項を確認し、問題なければ申込みボタンをクリックします。

②必要書類を提出する

申込みが完了するとアコムから「書類提出のお願い」というメールが届きます。

書類はメールのURLからそのままアップロードできるので、メールの案内に沿って以下の書類を提出しましょう。

なお、希望限度額が50万円以下もしくは他社の限度額と合わせて100万円以下なら収入証明書類は原則不要です。

顔写真付きの本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証+公的書類(住民票の写しなど)※

※健康保険証など顔写真がない書類については、住民票や公共料金の領収書も必要です。

収入証明書類(限度額によっては不要)

  • 源泉徴収票
  • 直近2ヵ月分の給与明細書(賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 収支内訳書

③審査

申込み情報や信用情報などをもとに審査が行われます。

また、担当者の個人名で勤務先への在席確認も行われますが、申込みや契約内容などに話が及ぶことはないので本人が不在でも特に問題ありません。

職場都合なので電話確認が難しい場合は、代わりに勤務先名が記載された書類で対応してもらえるケースもあるので、審査前に一度アコムに相談してみると良いでしょう。

④審査結果メールが届く

スムーズに行けば申込みから1時間ほどで審査結果のメールが届きます。

契約限度額や金利についても記載があるので、契約条件をよく確認しましょう。

⑤契約手続き

契約内容に問題なければ、届いたメールからそのまま契約手続きができます。

書面やカードの受取方法、希望連絡先などを設定後、契約内容に同意すれば手続きは完了です。

⑥振込

振込で借入をしたい場合は契約手続き完了後の画面からそのまま申込みができるので、振込先口座と借入金額を入力して振込申請をします。

申込む時間帯によって振込時間が異なりますが、楽天銀行なら24時間土日も即時振込ができておすすめです。

平日の15時以降や土日の借り入れ方法

振込による借入は銀行の営業時間との兼ね合いがあるため、平日15時以降や土日に間しては基本的に翌営業日の振込となります。

そのため、夜間や土日の借入はATMからのみとなり、事前にカードを受け取っておく必要があります。

カードは無人契約機で即日発行できるので、ネットで申込みと契約を済ませたらお近くの無人契約機でカードを受け取りましょう。

無人契約機の営業時間は毎日8:00~22:00まで(年末年始を除く)ですが、店舗によって異なる場合があるので念のためアコム公式サイトで確認しておくと安心です。

なお、カードの受取には運転免許証などの本人確認書類が必要なのでこちらも忘れないようにしてください。

カードは「郵送」か「無人契約機」で受け取りが必要

アコムはカードレス契約には対応していないので、カードは郵送か無人契約機のどちらかで必ず受け取りが必要です。

受取方法は契約手続きの際に選ぶことができますが、家族に内緒で借入する場合など、自宅への郵送物をなくしたいときは無人契約機での受け取りを選択しましょう。

アコムの詳細

アコムのイメージ

実質年率年3.0%~18.0%
借入上限額最大800万円まで
無利息期間30日
申込み方法インターネット(パソコン、スマホ)、電話、郵送、無人契約機(むじんくん)
提供アコム
  • アコムの契約がはじめてなら30日の無利息期間がある *1
  • 来店不要で「申込み→審査→借入」が可能
  • パート・アルバイト・派遣社員の方も借りれる
  • 審査は最短で30分、最短1時間での即日融資も可能

*1 契約日の翌日から30日間は利息がかかりません

LOANME編集部
記事の執筆・編集株式会社クリオ LOANME編集部

体験者へのインタビューや編集者自身も経験したうえで安全で役に立つ利用方法を紹介しています。


関連した記事

カードローンを探す