カードローンキャッシングの前に知りたいお金のこと

お金を借りるための基本的な知識から、借りる時の疑問点、さらにはこうすればうまくいく!など、お金を借りるための情報をできるだけわかりやすく解説しています。

お金を初めて借りる方

金融機関や銀行からお金をまだ借りた経験がない方は、以下のチェックポイントを確認してください。融資は借りる目的にあわないと受けられないものがありますし、目的に合った融資のほうが金利や審査の面で有利になるケースが多くあります。

借りる目的借りる方法
個人の生活費など
使い道が幅広いローン
借金を1つにまとめる
金融機関or銀行カードローン
住居の購入住宅ローン
- 1.民間融資(銀行ローン)
- 2.財形融資(勤務先など)
- 3.自治体融資(都道府県、市区町村)
会社の運転資金
開店資金
法人の支払い
個人事業主の支払い
銀行融資
法人向けカードローン
公的融資
- 1.日本政策金融公庫
- 2.商工組合中央金庫

カードローンと他のローンの大きな違いは「借りたお金の使い道」です。住宅ローンならマイホームの購入などに限られますし、カーローンは車の購入に使い道が限定されます。

一方でカードローンは基本的に使い道は自由です(会社などの事業資金での用途はNGなことが多い)。

カードローンはお金を今すぐに借りたい人向け

消費者金融と銀行カードローンの借入までのイメージ

カードローンは申込みから借入までが最短で即日です。金融機関などの融資に比べると圧倒的に早いので、急な出費に対応することが可能です。

5万円や10万円などの、少額融資にも対応しているので、他のローンよりも使い勝手がいいのも特徴です。

無担保・保証人も必要なし

ローン融資では担保や保証人を用意するのが一般的です。例えば住宅ローンなら土地が担保になったり、本人とは別に連帯保証人が必要です。また、オートローン(自動車ローン)なら返済まで購入した車が担保となります。

カードローンは無担保・保証人なしのフリーキャッシングなので、運転免許証などの身分証明があれば誰にも知られることもなく現金をすぐに借りられます。

お金を借りる為に知人との関係を気にしたり、借金の理由を話す必要もありません。

平日の夜間や土曜日・日曜日でもすぐに借りれる

通常は営業していない土曜や日曜、祝日でも、大手消費者金融カードローンなら新規契約から即日での借り入れもできます。

平日の夜間でも19時くらいまでなら、即日融資も可能です。

銀行系カードローンも人気ですが、銀行は営業時間内でのみ審査や手続きが行われるため、土日はもちろん、平日でも午後15時以降は翌営業日からの対応になります。

最短でも2~3営業日かかるので、今すぐ借りたい時に銀行カードローンは向いていません。

即日での借り入れには少しコツがいります。プロミスやSMBCモビットで実際に借入する方法を図解付きで分かりやすく解説しています。

図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法

大手消費者金融なら安心

消費者金融と聞くと「怖い」「闇金」という暗いイメージがあるかもしれませんが、CMで目にするような大手消費者金融ならまず安心です。例えばプロミスやSMBCモビットは、SMBCコンシューマーファイナンスグループが運営し、三井住友銀行カードローンの保証会社(審査を代行)になっています。

メガバンクと関わりある大企業グループなので、法外な金利や手数料、強引な取り立てなど違法行為はありません。

全国には大小の消費者金融があるので、心配な場合は「貸金業者登録簿」に名前があるかを確認してから利用しましょう。

怪しい貸金業者(ヤミ金)かどうかを調査

カードローンの借り入れ条件

カードローンの申し込みには条件があります。各社で微妙に異なりますが、こちらの2つが一般的です。

  1. 年齢制限:満20歳以上から68歳前後まで。年齢の上限部分は各社で変わります。
  2. 安定収入:毎月安定した収入があること(年金は収入に含まれない)

安定収入は年収の多さとは関係ないので、10万円でも毎月決まった収入があれば申し込み可能です。

就業形態も正社員である必要はありません。学生でもアルバイトをしたり、主婦でもパートでの安定収入があれば問題ありません。

収入が不安定になりがちな、水商売の方(キャバ嬢やホストなど)も借入条件を満たしていますが、数日だけの短期バイトは安定収入とはならないのでご注意ください。

本人確認書類を準備しよう

本人確認書類の図解

カードローンの申し込みには、申込者本人が確認できる書類が必要です。

本人確認書類

・1点でOK

  • 運転免許証かパスポート
  • 健康保険証(SMBCモビットのみ保険証1点でもOK)

・2点必要

  • 健康保険証+住民票

基本的には本人確認書類だけでいいのですが、借入希望額が50万円を超える場合は、さらに収入証明書類を提出します。

収入証明書類(50万以上希望する場合)

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)など

本人確認書類や収入証明書類の取得方法などはこちらにまとめています。

カードローンの本人確認書類と収入証明書 – 取得方法と発行機関

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違いは「金利」と「審査時間」が違います。

両者の違いをざっくり言えば、このようになります。

  • 銀行カードローンは金利が低く融資までが遅い
  • 消費者金融は金利が高く融資までが早い

銀行カードローンと消費者金融の審査時間の差

消費者金融なら審査は最短で30分、銀行系カードローンなら最短で翌営業日が一般的です。

また消費者金融は、夜間22時あたりまでの遅い時間や、土曜日・日曜日でも毎日審査が行われています。

審査時間の比較表:消費者金融、メガバンク、地方銀行、ネット銀行、信販系カードローン

銀行カードローンと消費者金融の金利差

初回融資はほとんどの場合、上限金利(右側)になりますが、銀行が平均で14.5%に比べて消費者金融は18.0%あたりになっています。

消費者金融と銀行カードローンの金利比較表

基本的に金利が低いのは銀行カードローンですが、消費者金融でも利息を銀行カードローン並に抑える方法もあります。

消費者金融と銀行カードローンの返済額と最小にする方法

こんな時はどうする?カードローンの気になる疑問

カードローンにまつわる話題やよく検索される疑問をまとめています。

Q;深夜にお金が必要になりました。カードローンの申し込みを今からして借りられますか?

A:22時以降に新規申込でお金を借りられる安全な金融機関はありません。翌朝に備えましょう!

https://loan-me.jp/knowledge-cl/1125

Q:カードローンは未使用(契約だけ)でもキャッシング審査や住宅ローンに悪影響?

A:多少は住宅ローン審査に影響があります。「返済負担率」が関係してきます。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/876

Q:消費者金融のカードローンはサラ金や闇金とは違うんですか?

A:消費者金融は闇金ではありません。正規の金融業者かは「金融庁の貸金業者登録簿」で確認ができます。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/907

Q:会社や個人事業主の資金繰りでカードローンはアリですか?

A:短期間の融資ならアリです。法人向けカードローンも審査が早いです。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/978

失敗しないためのカードローン初心者向け情報

カードローン初心者向けに知っておくと損をしない情報をまとめています。

Q:カードローンの審査が甘いところを教えてほしい。

A:審査基準の違いはありますが、ローンの審査が甘いという事はありません。ただし大手消費者金融は審査通過率を公開していて、平均よりも通過率が高めとのデータもあります。

https://loan-me.jp/sinsa-cl/1012

Q:銀行系カードローンの特徴からみる消費者金融との違い

A:おおまかに銀行カードローンは金利が低く、消費者金融は融資スピードが早いという特徴があります。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/1049

Q:カードローン審査のポイントが知りたい

A:審査の流れやポイントをまとめています。

https://loan-me.jp/sinsa-cl

Q:短期バイトや治験バイトは契約できますか?

A:フリーターは問題ありませんが、治験はバイトではないので申し込みできません。数日だけの短期バイトは、安定収入という条件を満たさないのでこちらも申し込みできません。

https://loan-me.jp/mobit/1344

Q:個人信用情報とはなんですか?

A:クレジット履歴や借入状況が記録されています。返済の延滞、債務整理、自己破産などが確認できます。

https://loan-me.jp/sinsa-cl/166

Q:総量規制とはなんですか?

A:消費者金融で貸出できる上限額が年収の3分の1までに制限されています。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/1071

Q:在籍確認とはなんですか?

A:申込者本人が実際に働いているかを確認するため、申込時に記入した会社に電話がかかってきます。

https://loan-me.jp/sinsa-cl/124

Q:無職でカードローンは利用できますか?

A:無職ではカードローンの利用できません。生活に困っている場合は国や自治体から支援が受けられる可能性があります。

https://loan-me.jp/knowledge-cl/472

Q:収入ゼロの専業主婦が借りられるカードローンはありますか?

A:消費者金融では申込できませんが、銀行系カードローンで利用できるところはあります。

コンテンツ一覧

更新情報

カードローンの知識
審査の通り易さだけじゃない!フリーターがキャッシングするなら消費者金融がおすすめな3つの理由
カードローンの知識
担保・保証人なしで安全にお金を借りれるカードローンのメリットとデメリット
カードローンの知識
今すぐ5万円借りたい時の2つの選択肢と借入れ方法を詳しく解説!
SMBCモビット
SMBCモビットとクレジットカードの違い!キャッシングはどっちがオススメ?
SMBCモビット
SMBCモビットをビジネスローンとして使うメリット・デメリット
SMBCモビット
SMBCモビットはおまとめローンや借り換えにアリ?銀行カードローンとの比較
SMBCモビット
SMBCモビットの金利は高い?10万・50万・100万円借りた時にかかる利息は?
SMBCモビット
SMBCモビットのスマホアプリでセブン銀行ATMからカードなしでキャッシングする方法
カードローンの知識
図解で簡単!カードローンを申込から即日すぐにお金を借りる方法
SMBCモビット
パート・アルバイト・派遣社員でもSMBCモビットで借りれる?職場への電話連絡を回避する方法は?
SMBCモビット
コンビニATMを使うほど損をする!SMBCモビットの返済を手数料無料で行う3つの方法
SMBCモビット
SMBCモビットローン申込機の使い方と最短で借入を成功させる方法を解説
SMBCモビット
SMBCモビットの営業時間は?即日融資のタイムリミットは何時まで?!
SMBCモビット
SMBCモビットに学生ローンはある?親バレを防ぐポイントと申込み前の疑問を解説
SMBCモビット
SMBCモビット審査の3つのポイントとカードローン審査に落ちてしまう人の特徴